2022年

1月

06日

【謹賀新年】たまき塾のスタート!

たまき塾の新年2022年スタート

【年末年始の休講期間】頑張れた塾生たち

たまき塾の2022年の授業始めは1月4日でした。

 

中学3年生のみ授業だったのですが、
全員が『元気にキリっとした表情』で
授業に臨んでくれてホッとしました。

 

「5日間の年末年始休講

それぞれ自分の課題

自宅学習する期間です!」

 

このように言い続けた年末の授業でした。

 

初授業での問題への取り組み方・解き方で、
全員がちゃんと休講期間も
勉強を続けていたことがわかりました。

 

『自分の進路への真剣な思いが
それぞれに芽生え、
かつ私たち講師の思いを
ちゃんと理解してくれていたのだ』
と安堵しました。

 

特に受験を控えた中学3年生は、
『1日でも勉強をしない』と

  • 感覚が抜けてしまう
  • 勘が鈍る

そのマイナスは本人が思う以上です。

新年初日の授業風景(たまき塾)

【受験は団体戦】第一志望高校合格を皆で目指して

初日のこの緊張感、
真剣な背中がとても嬉しくて
思わず撮影しました。

 

私立高校を第一志望校にして、
受験する塾生も数名いますので、
全員で勉強する日数は
残りわずかになっていきました。

 

今、全力で全員
第一志望高校 合格を目指しています。

 

『受験は団体戦』

 

私たちがこう言い続けているのは
人でならしんどくてギブアップ
してしまいそうなことも
横で仲間が頑張っているの見ると
パワーが湧いてくるから
です。

 

中学2年生と小学生は1月5日、
中学1年生は1月6日に初授業でしたが、
それぞれが真剣に考え取り組んでいる姿に
塾生皆さんの成長を感じています。

 

2022年が穏やかで、
素晴らしい一年になることを
心から祈念します。

 

良い一年にするためには
一瞬一瞬、毎日毎日をよりよく
積み重ねていくことだと思います

 

今年も、自分史上最高の年にしていきたいですね。

 

たまき塾はそんな皆さんを
熱い思いでサポートしたいと思っています。

 

本年もどうぞよろしくお願い致します。

続きを読む

2021年

12月

22日

【卒業生たちの躍進】未来を切り拓く力!

先日「先生、お久しぶりです!」と

卒業生の男の子が2人そろって
笑顔でたまき塾を訪れてくれました。

 

ふと見ると手にはたくさんのお菓子!

一人は立派に警察官として、もう一人は大学生で忙しい中、
アルバイトをして自分たちが働いたお金
たくさんのお菓子をたまき塾の皆にと差し入れしてくれました。

 

「自分たちが塾生の頃、
いつもこんなお菓子を用意してもらっていたから。」

と恥ずかしそうに笑っていました。

 

今週から冬期講習が始まっていますが、
授業が長い時間で疲れてくるとカンカンに
個包装のお菓子を入れて
「エネルギー補給にどうぞ!」
と配るのは今も変わっていません。

 

子ども達が好きそうで個包装で食べやすいお菓子を
たくさん選んできたくれたその持ちがとっても嬉しいです。

 

警察官になった彼に、

「訓練はとても厳しかったでしょ。」
とたずねると
「自分は体を動かすことが苦ではないので、大丈夫です!」

 

中学生の時にはおっとり見えていましたが、
凛々しい警察官となった彼。

 

少年野球から培ってきた体力根性
そしてたまき塾で培った知力は本物だったようです。

 

公立高校から現役合格し、
京都の大学で学んでいるもう一人の男の子も、
すっかり大学生の大人びた表情。

 

二人とも受けこたえもしっかりしていて、

「立派になって~!」と感激しました。

 

中学生の時の様子を思い出すと、
二人ともものすごい成長です。

 

大人になった彼らとたくさん話し、
たくさん笑ったとても幸せな時間
でした。

 

学習塾を舞台にしたドラマ『二月の勝者』で
主人公の塾講師のセリフ

 

「受験で合格することが最終目的ではない。

 受験を通して学ぶことの喜び

 そして己に克つことの尊さを知った者が、

 未来を切り拓(ひら)いていく本当の勝者だと思う。」

 

本当にその通りだと思います。

 

受験を通して成長し、
未来を切り拓いている卒業生の姿を見ると、
本当に幸せな仕事をさせて頂いていると感じます。

 

冬期講習で今、頑張っている塾生の皆さんも

『学ぶことの喜び』

『自分に勝つことの尊さ』

を知って、
それぞれの素晴らしい未来を
切り拓く力をつけているのだと信じ、
全力で授業しています

 

この冬、たまき塾の先輩たちのように真剣に全力で勉強してみませんか。

2021年

12月

17日

【卒塾生の快挙】関西大学を合格できた『たまき塾式の勉強法』

卒塾生からの嬉しい報告!

昨日は三者懇談でしたが、

少し早い時間にチャイムが鳴り、

「あれ?」と思うと卒塾生の声!

 

彼女は小学6年生から中学3年生まで

たまき塾に通ってくれていました。

 

お姉さんもたまき塾生で、

お二人とも素直で性格のとても可愛いご姉妹でした。

 

高校でたった1名の指定校推薦

関西大学 社会学部

合格が決まったと報告をしてくれました。

 

彼女が通っているのは公立高校ですので

指定校推薦の枠は非常に少なく

高校3年間の成績が本当に優秀でないと

合格はできません。

 

「すごい!よくがんばったね~!」

 私も大喜びでした。

 

関西大学を合格した卒塾生が『たまき塾で培った勉強法』

関西大学合格までの彼女の話を聞きますと…

 

高校に入学してからも

たまき塾で培った勉強法

ちゃんと実践し続けていたとのこと。

 

彼女は中学の時に数学苦手だったのですが

 

① テキストを解き、
  わからない問題は解説を読んで考える

② 理解出来たら自分で解いてみる

③ 苦手な問題最低3回は解きなおす!

 

これを高校でも続け、

苦手としていた数学
80点以上キープしていたそうです。

 

たまき塾当時から得意だった国語英語

高校でも変わらずに

ずっと得意教科だったと言ってくれていました。

 

「玉森先生の授業の合間のお話が

印象に残っていて高校でも古文・漢文も得意でした。」

 

そんな風にニコニコの笑顔で話してくれ、

高校2年生の時に自分で勉強して

英検2級合格したそうで驚きました。

 

彼女がそんなに頑張りだしたきっかけを訪ねてみますと

バスケット部での引退試合で足を骨折したこと

大きなきっかけだったそうです。

 

その骨折で

  • 「一人では何も出来ない」
     というもどかしさを感じた
  • 「勉強したい!」と心から思った
  • 「今までの自分が甘かった」と気づいた

ということを話してくれました。

 

それから本気になって勉強してみたら

どんどんできることが増えて

自分でテキストの解答を片手に

家でも解説を読みながら考える

という習慣をつけられたそうです。

 

それでもわからないときに塾で質問していましたが、

 「先生、この問題のヒントを頂けますか?」

 と言って、講師がヒントを出すと、

『もう一度自分で考えてくる』

という受け身ではない前向きな勉強の仕方をしていました。

 

嬉しい報告と彼女が頑張り続けてくれていたことに、

本当に胸が熱くなりました。

 

  • 塾でしか勉強しないのでなく
    家でも自分でテキストを広げて
    勉強
    できるようになってほしい。
  • 高校生になっても大学生になっても
    学べるような学習の姿勢と習慣をつけて欲しい!

 

たまき塾のそのような想いと指導が

ちゃんと伝わっていたのだと自信にもなりました。

 

「ありがとうございました。」

と言ってキラキラした笑顔で挨拶しくれてた彼女に

「こちらこそ、ありがとう。とっても元気になったよ!」

と話して見送りました。

 

今、お預かりしているたまき塾の

お一人お一人がこのように、勉強の仕方を身につけ、

 

  • 学ぶ楽しさ
  • 出来る喜び
  • 自分で工夫して勉強していく姿勢

 

これらを身につけてくれることを願っています。

 

卒業した先輩からのメッセージとして今、

がんばっている塾生の皆さんに紹介したいと思います。

 

「努力が出来る子は、本当に強い!」

 

これが私たちたまき塾の思いです。

冬期講習・体験授業

 

冬期講習のお申込み締め切りは

12/18(金)としておりますが、

小学6年生中学1年生中学2年生

体験授業を随時受け付けております。

 

冬期講習についてはこちらから

 

たまき塾に興味をお持ちいただけましたら、

どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

続きを読む

2021年

12月

10日

【小学生の冬期講習】中学で困らないための『英語』の準備!

Let's Enjoy English たまき塾で英語を学びましょう

【英語の教科書改定】中学1年生の平均点が30点以下!?

今年の4月から教科書が改訂され、中学校での学習内容が大きく変わりました。

一番大きな変化は英語です。

 

特に中学1年生は入学して間もない1学期に

  • be動詞
  • 一般動詞
  • 助動詞 can

を一気に習います。

 

単語の数も大幅に増え、小学校で習ったものとして 

  • practice (練習する)
  • weather (天気)
  • library (図書館)
  • brave (勇敢な)
  • beautiful (美しい)

このような比較的難しい英単語も、すでに『書ける』として授業が進みます。

 

2学期の期末テストでは、中学1年生学年の半数以上英語の得点が30点以下という中学校もあったそうです。

 

たまき塾では各学年、大幅に学習内容がボリュームアップした英語の取り組みとして

 

① 英語の演習時間を増やす

 オリジナルの『文法問題』『単語プリント』を作成

③ 講師が全員のマル付けをし、出来ていないところを『ピックアップ練習』

④ ①②③を根気よく『繰り返す』

⑤ 教科書本文プリントを『暗唱&ライティング!』

 

このような練習を1学期から何度も何度も繰りかえし、なんとか理解を深めようとしてきました。

特に中学1年生には重点的にこのトレーニングをし続けました。

 

その結果、『全員が英語で平均点をクリア』しています

 

【小学生からの準備】中学でつまづかないための冬期講習

 

他塾の先生ともお話していましたら各中学校で1年生は例年に比べて、得点が伸びていないとのことでした。

 

「中学校に入ってから中学生の勉強をしたら良い」

 

という考えでは、

  • 授業にスタートから勉強につまづく
  • 苦手意識をもつ
  • わからないままどんどん学習内容が増えていく

いうことになりかねません。

 

中学3年生の12月の実力テストでは、真美ヶ丘中学校の52.8点以外は上牧中学校広陵中学校上牧第二中学校英語平均点38点台になっていました。

 

たまき塾の冬期講習『英語力を鍛える』ことに最も力を入れたいと思います。

 

このように学習内容に大きな変化のあった中学校英語に対応するため小学6年生英語の授業に力を入れています。

 

小学校で行われている発音中心の授業でなく、発音を大切にしつつ、体系立てた説明をした上でライティング(書くこと)に力を入れています。

 

たまき塾では小学生の皆さんに中学校英語の準備をしっかりと進め、英語に自信を持って楽しく取り組んで頂きたいと思います。

 

小学生の皆さん!

たまき塾冬期講習で一緒にがんばってみませんか?

 

お問い合わせや体験授業のご希望もお待ちしております!

たまき塾の冬期講習はこちら

冬期講習 真美ヶ丘 広陵 上牧 中学生 小学生
続きを読む

2021年

12月

09日

【塾もクリスマス仕様で明るく!】一人ひとりが主役のたまき塾!

たまき塾の入り口をクリスマス仕様にしました!

たまき塾もクリスマス仕様に🎄✨

たまき塾の1階エントランスをクリスマス仕様に飾ってみました。

 

クリスマスというのは大人になっても心が躍るものです。

塾の授業に来てくれるときに、明るくテンションが上がったら嬉しいなと思います。

 

教室内は勉強に集中できるようにクリスマスの飾りは全くないのですが、懇談ルームクリスマス仕様にしています。

 

この時期、中学3年生進路決定の時期で迷ったり不安になったり…色々な相談を受けることがあります。

そんな時にちょっとクリスマスツリーが飾ってあるとホッとするかなと思うのです。

今、たまき塾はクリスマス仕様!

たまき塾では『一人ひとりとのコミュニケーション』を大切にしています

たまき塾では一人ひとりと話をする時間を出来るだけたくさんとるようにしています。

 

小学生中学1年生中学2年生の皆さんにも教室に来てくれた時に挨拶してお顔を見て、必ず何かしら声をかけています。

 

  • 一人ひとりの『思っていることや感じていることを聞く』
  • こちらの『想いを伝える』

 

といった『双方向のコミュニケーション』をとることが、授業にも勉強への『モチベーションアップ』にもなると思っています。

 

以前に勤めていた塾で先輩講師がおっしゃった、

 

教室で一言も話さず、ひっそりと息をひそめているタイプの子をなくしたい。」

 

という言葉が今でも心に残っています。

 

たまき塾は『一人ひとり主役であり続けたい』と思っています。

 

昨日、うちの講師が

 

「私が通っていた塾では先生と話すことなんてほとんどなかった。

たまき塾皆の気持ちや想いを聞いたり、相談できるのがすごいと思った。」

 

と話してくれました。

 

今や彼女は私以上に塾生の気持ちを聞きとり、親身になってアドバイスしてくれています。

 

たまき塾出身の講師たちも皆、自分たちの時と同じように塾生の気持ちを聞いたり、様子を見て報告してくれます。

 

私一人では気づけない変化をよく見てくれていてありがたいです。

 

今年のクリスマス冬期講習の真っ最中!

たまき塾は皆で元気に頑張りたいと思っています。

続きを読む

2021年

12月

04日

【冬期講習】体験授業 受付中!

【期末テスト後が大事】冬期講習で改善!

ようやく広陵中学校真美ヶ丘中学校上牧中学校上牧第二中学校たまき塾生全員の期末テストが終わりました。

 

たまき塾でのテスト後の恒例、

  • 嬉しい結果や頑張ったこと
  • もったいない悔しいミスをした

など、昨日はテスト報告レポートそれぞれの思いを書いてもらいました。

 

テスト後に塾長の私、玉森が話したのがテストの後が本当に大切だということです。

自分が出来ていないことや、してしまったミスをしっかりと反省し、それを改善していかないと!

 

せっかくテストに向けて勉強した内容を忘れてしまわないように、テストの後のこの時期、そして『冬期講習』にするリカバリー(やり直し)学習がとても効果的です

【冬期講習の前に】まずは体験授業を!

たまき塾冬期講習は、12/20(月)~1/10(土)です。

「冬休みになったらがんばる…。」

「冬期講習からがんばろう!」

 

というお考えも多いのですが、それまでの期間に思いきり勉強しておくことで、今回のテスト範囲を固めておくことがおすすめです。実力アップ・レベルアップにとても効果的だからです。

 

冬期講習たまき塾で受けてみようかな?と思われましたら、ぜひ体験授業をご希望ください。

 

今回のテスト範囲や2学期の重要単元をしっかりとマスターできるように、さらにテストが終わったことで余力を持って理解を育む、きめ細やかな授業を行います。

 

たまき塾の特長で強みである、

  • グループ授業での皆と相互作用
    『仲間と一緒だからがんばれる!』
  • 一人一人にアプローチした説明
    『わからないところを遠慮せずに聞ける、だからがんばれる!』

どの学年・どの教科でもこの態勢で授業を行っております。

【勉強がつらい・結果が出ない】無料体験授業・たまき塾を試してみませんか?

 

体験授業に来て下さった後に親御さんから

  • 皆さんがイキイキとした表情でのびやかに勉強している様子に驚きました。 
  • とてもごきげんで楽しそうに帰ってきました。
  • 今まで通っていた塾と様子が全然ちがって本当にびっくりしました。

といったご感想を頂くことが多いです。

 

ちなみに体験授業に来て頂いた方の『入塾率は96%』

とても嬉しくありがたいお言葉や数字です。

 

「がんばっても結果がでない…」

「勉強するのがつらい…」

 

と自信をなくしてしまっているようでしたら、ぜひたまき塾にお越しください。

 

「勉強って悪くないかも。」

「まだまだいけるんじゃない?」

 

と思って頂けると思います。

続きを読む

2021年

11月

28日

【講師陣の影の努力】期末テストに向けて本気を伝える!

期末テスト対策 広陵・真美ヶ丘・上牧の中学校別に演習

【広陵・真美ヶ丘・上牧】中学校の期末テストがスタート

今日からたまき塾生が通う、広陵中学校真美ヶ丘中学上牧中学校上牧第二中学校期末テストが始まります。

 

このようにテスト範囲を掲示し、それぞれの学年・中学校の範囲をしっかりと対策出来るようにしているはたまきの塾の恒例です。

 

日曜日は自分の勉強をしっかり仕上げる日、そして

月曜日・火曜日、テストの前日はテスト直前演習という形で最終チェックを行います。

 

今回の期末テストスローガンは

 

「どの教科も1点でも高い点数をとってくる!」

「そのために自分が今、何をしたらよいのかを考えてテスト勉強するように!」

 

と言い続けてきました。

 

 『勉強していること』だけに満足せずに、ちゃんとその『結果を出して自信に』して欲しいのです。

 

中学3年生は内申点を決定する『最後の定期テスト』です。

 

今までの集大成として自分が満足できる結果を残して欲しいと思っています。

 

授業の合間に講師たちがどんな思いで授業の準備をしているか、影の努力について話しました。

【講師陣の影の努力】手書きの解説プリントで期末テスト対策

手書きプリントで中学校の期末テスト対策

出来るだけ『簡単に短時間で』理解し、マスター出来るようにとかなりポイントを絞って授業し、家でも困らないようにわかりやすい手書きの解説プリントを作成しているのです。

 

準備段階で問題を解いている量が半端なものではなく、ものすごい時間と労力を使っていることを生徒たちに初めて伝えました。

 

「だから皆さんも同じようにしてください。」

ということではなく、私たちの言うことをもっと本気で受け取って欲しいと思ったのです。

 

中学1年生はどんどん意識と勉強の仕方が変わってきています。
とても良くなってきました!

 

中学2年生は、それぞれ前より受験を意識しだしたようで今までで一番頑張っていると思います。

この成長が嬉しいです。

 

一緒に頑張る仲間がいて、

皆さんのことを本気で思っている講師がいて、

だから自分もやってみようと思える、

 

たまき塾はそんな場所であり続けたいと思います。

 

一緒にがんばりましょう!

2021年

11月

23日

【小学生から実施】将来に繋がる『アレンジ力』

自宅学習強化にもつながる『勉強のアレンジ』

こちらは小学生6年生『パワーアップノート』

たまき塾オリジナル教材 パワーアップノート(数学)

たまき塾ではパワーアップノートを通じて

  • 授業で習った重要ポイントを書きだす
  • 自分が間違えた問題をやり直す

といった取り組みを全ての学年で行っています。

 

教育系YouTuber 葉一先生『自宅学習の強化書』でも、

  • 勉強のやり方
  • 計画の立て方

にしても『自分でアレンジする力』が将来に繋がると述べられていました。

 

勉強法には正解がないので「この勉強法が良い」と言われても、全くその通りにする必要はなく、『自分がやりやすいようにアレンジすることがおススメです。

たまき塾での『勉強のアレンジ方法』

たまき塾オリジナル教材 パワーアップノート(英語)
続きを読む

2021年

11月

18日

日々成長!『子ども達とたまき塾』

たまき塾 教室紹介

少人数授業用教室 リニューアル

こちらはたまき塾C教室です

個別授業少人数授業を行っています。

 

定期テスト対策では上牧中学上牧第二中学広陵中学真美ヶ丘中学と中学校別にこちらのスペースで演習を行うので勉強しやすいようにリニューアルしてみました。

 

どうしたら皆さんがより落ち着いて勉強できるかを考え、試行錯誤して様替えを行っています。

 

今のたまき塾の場所であるココ広陵町馬見北1丁目の教室はちょうど2年前に

「こんなところに移転出来たら良いだろうな…」

と何度も見上げていた建物です。

 

とても無理だろう…
と諦めかけてたのですが、ありがたいご縁で移転することが出来ました。

たまき塾の英語授業風景

こんな風に塾生の皆さんが来てくれて初めて塾の教室になります。

リニューアルした少人数の教室も皆さんが集中して頑張っている様子が嬉しいです。

英語授業に励むたまき塾生
続きを読む

2021年

11月

14日

【睡眠・休息】学習効果を上げる秘訣は『ちゃんと寝る』

【夜更かしの勉強がダメ】睡眠不足が招くマイナスなこと3つ

この時期、中学生の『あるある』は・・・授業中の居眠りです。

頭がフラフラし、ガクッと首をうなだれて寝てしまう・・・

 

「最近、うちの子はがんばって勉強をしている!」

 

お家の人は好意的にとられることが多いのですが、夜遅くまで勉強し睡眠不足になることは『百害あって一利なし』です。

 

その理由は3つあります。

① 疲れが残り、次の日の学習にマイナス

② 遅くまで出来るからとついダラダラ時間を使ってしまう

③ 出来るだけ夜10:00~深夜2:00の間の時間帯に眠ることで疲労回復効果が高まる!

 

本人はやった感がある!お家の人も満足!

という以外は遅くまで勉強することで良いことは1つもないのです。

 

授業中、集中していないと大切なポイントを聞き逃してしまいます。

 

学校での6時間、塾での授業時間3~4時間をカバーできるほどの勉強が出来るのか考えると・・・

はなはだ疑問です。

【大人も子供も睡眠不足は禁物】幸福度を下げる一番の要因

私たちたまき塾では夜遅くまでの学習は絶対におススメしません。

 

睡眠休息をしっかりとることで活性化され、身体も元気になって質の高い勉強が出来ます。

 

さらに、早く寝るためにはサッサとするべきことをしないといけませんから、ムダなダラダラ時間をなくすようになります。

 

私たち、大人でも睡眠不足は仕事の効率を下げます。

十分に睡眠休息がとれていないとイライラしたりミスが多くなり、かえって時間がかかります。

 

また睡眠不足は考え方にも悪影響…ネガティブになってしまうそうです。

幸福度を下げる一番の要因だともいわれます。

 

間違った学習法や生活習慣のままでは結果が出ません。

さらに悪いことに勉強しても出来ないのだ…という誤解をしてしまいます。

【もうすぐ期末テスト】睡眠・休息+オリジナル勉強法を習得!

今、たまき塾では小学6年生と中学1年生が『勉強の仕方のコツ』をつかんできた感じがしています。

 

  • 宿題の取り組みが良くなった
  • やり直しをしっかりとするようになっている
  • すぐにあきらめずに自分で何とか考えて解こうと粘り強くなった

 

中学2年生・3年生の皆さんは特に夜遅く型の勉強になっていませんか?!

もう一度しっかりと落ち着いて正しく成果のある生活習慣で勉強をしていきましょう。

 

期末テストまであと2週間です。

中間テストと違って『テスト範囲が狭い』期末テストは勉強の成果を出しやすい!

頑張りがいがあると思いますよ。

 

睡眠休息をしっかりと確保した上で学習計画をたてるのがおすすすめです。

 

「どの時間帯が一番集中できるか」

「どの順にしていくとはかどるのか」

 

を考えた『自分に合ったオリジナル勉強方法』を今のうちに身につけておきたいですね。

続きを読む

2021年

11月

03日

【兄弟姉妹の入塾率が高い塾】塾生の50%がリピーター入塾!

たまき塾は『兄弟姉妹』でのリピート入塾多数!

先日、嬉しいお電話を頂きました。

 

「お久しぶりです。○○の母です。
 ご無沙汰しています!」

 

今年の春に、大学1年生になったたまき塾卒業生のお母さまで、橿原高校から関西大学に現役(しかも一般入試!)で合格されたそうです。

 

明るくよく笑っていた活発な彼の嬉しそうな顔が浮かびました。

「本当に頑張りましたね~!すごいっ!」

 

今回のお電話は、一番下の妹さんが中学1年生になってたまき塾への入塾を考えて下さってのお電話で、「嬉しいです~、喜んで!」とおこたえしました。

 

兄弟姉妹たまき塾リピート入塾していただけるのは何よりの喜びです。

 

たまき塾での頑張り・卒業後の高校生活の様子を含めて、大切な時期のお子さまをたまき塾に預けていただき、満足していただけたのだという何よりの証だと思うからです。

 

妹さんにお会いしたら、お兄ちゃんによく似ていること!

くりくりした可愛らしいお目元や、明るい表情がそっくりです。

 

兄弟姉妹って本当によく似ていらっしゃいます。

顔・形だけではありません。

しぐさや物言いはもちろん、一番驚くのがなんと字もよく似ていることです。

 

兄弟姉妹全員をお預かりすると、初めてお会いしてから10年近くのお付き合いになることもあります。

本当にありがたいことです。

 

中学1年生のあと半分の塾生さんは一番上のお子さんでいらっしゃいます。

 

同じように

「弟さん・妹さんもたまき塾に」

と思っていただけるように心を込めてお預かりしたいと思います。

もうすぐ冬期講習!

春期講習夏期講習冬期講習など、季節の講習でのご兄弟・ご姉妹デビューも多くてとても嬉しいです。

 

そろそろ冬期講習のスケジュールや授業内容を決定していく時期です。

 

ただ皆と同じ授業を聞いて終わってしまうのはなく、

  • 現状をしっかりと把握
  • 人一人に必要な学習を効果的に行う学習戦略をたてられる

そんな冬期講習にしたいと思っています。

 

どうぞご期待くださいませ。

2021年

10月

29日

【書籍紹介】多分そいつ、今頃パフェとか食っているよ。

『人間関係に悩んだら』読んでほしい本

今日はこちらの書籍

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』のご紹介です。

 

以前に『世界一受けたい授業』で取り上げられていたので、気になって読んでみました。

 

小学校 高学年や中学生になると、様々な悩みが出てきます。

 

特に多いのは人間関係の悩みではないでしょうか。

 

私も中学生の時、人の言うことをとてもきにしてしまうタイプでした。

誰かが言った一言にグサッと傷つき、1日、いや何日も暗くなってしまうこともありました。

 

だからかもしれません。塾生のだれかがそんな風な時、すぐに気づいてとても気になります。

 

大人だってそうだと思いますが、そんな時、1日がとても重たく感じ、周りの風景もグレーに見えてしまう気がします。

 

でも自分のことを傷つけた相手は、パフェなんかを食べて楽しくご機嫌に過ごしているかもしれない…

 

そんな風に考えると自分はずっと悩んでいるなんて、本当に馬鹿らしいですよね。

 

この本は表紙のような可愛い漫画でわかりやすく


「そんなの気にしてたらもったいない!」
「楽しくいこうよ。」

 

というメッセージが伝わってきます。

 

嫌いな人のことをずっと考えるのは、
心の中に嫌な人を一緒に住ませているようなもの、
追い出しちゃえ!

 

とか、

 

SNSで人のことを気にしてしまうけど

「見てるの自分じゃん!」

 

とか。

 

うん、たしかに…!と思えます。

 

『せっかくの大切な1日をイヤな奴のために台無しにしないでおこう!』


少しでも早くこの考えを持てたら、毎日をごきげんでHAPPYに過ごせると思います。

 

そして私たちたまき塾

 

皆さんがどんな時も元気になれる場所であるように、

できるだけ楽しい言葉声掛け

 

を心がけています。

 

もちろん、自分がそんなイヤなやつにならないようにしましょう!

 

心がふ~っとつかれたときに、読んでみて欲しい1冊

 大人にもおすすめです。

 

自分の大切な1日を他の誰かのために台無しにすることがないようにしたいものです。

 

たまき塾文庫に入れておきますので、どうぞ手に取ってみてくださいね。

2021年

10月

28日

【書籍紹介】自宅学習の強化書

自宅学習の教科書

中間テスト対策終了!【広陵・真美ヶ丘・上牧】

上牧中学校上牧第二中学校からスタートしたたまき塾の中間テスト対策は、先週の広陵中学校真美ヶ丘中学校でようやく終了しました。

 

テストが返ってくるとその結果をそれぞれ中間テストレポートというたまき塾オリジナルの報告シートに書いてもらいます。

 

たまき塾では点数だけではなく、

 

  • 今回のテストでの反省
  • 今回のテストに向けてがんばったこと
  • 次の目標!

 

を書いてもらっています。

 

テストが終わった直後に、それぞれを自分で考えて書くことがとても大切と考えています。
自分で感じ、考えたことが一番の原動力になるからです。

 

今回は中学1年生で、学年1番を取った女の子がいて、教室で皆で「すご~い!!」と拍手をしました。

 

こんなふうにがんばったことも皆で共有します。
仲間の頑張りは、自分にもできるという弾みになるからです。

 

頑張った本人も嬉しい、皆も一緒に嬉しい!
たまき塾の良いところはそんな雰囲気だと思っています。

 

【自宅学習ができない人におすすめの本】自宅学習の強化書

さて、今回は自宅学習についてお薦めの一冊をご紹介します。

 

  • 自宅学習の強化書』 葉一 著 

 

葉一先生は元塾講師の教育系YouTuberで、彼の動画『とある男が授業してみた』は小学校・中学校の全ての教科書内容をとてもわかりやすく説明している動画です。

 

以前からたまき塾でも紹介していましたし、私も葉一先生のわかりやすく親しみやすい語り口を見て、自分の授業の参考にしなければと勉強しています。

 

今回、ある高校の先生にこの本を薦めて頂き、すぐに読みました。

「うーん、素晴らしい!」が率直な感想です。

 

今回の中間テストでも感じるのですが、

 

『塾の授業での勉強はとても真剣に出来ている、
でもテストに反映されないタイプ』は

 

やはりお家での勉強甘さ・不十分さです。

 

自宅学習ができていない』=演習量が足りていないので

 

  • 定着しない
  • 時間がたつと抜けてしまう
  • なんとなく…で時間内に解けない

 

この本は『お家でどうやって勉強するのが良いの?』
というお悩みに答えてくれる1冊です。

 

ただ…嬉しいことにたまき塾でもしていることがたくさん書かれていました。

 

  • 5教科の1冊のやり直しだけのノートを作る
    →間違った理由も書く
  • 計画表をつくる
    →ちょっと頑張れば出来そうな内容にする

    ※たまき塾では『やり直し専用』の
    学習計画表『パワーアップリスト』を使っています。
  • 長時間ダラダラでなく短い時間ダッシュ勉強する

 

 

『塾に行かなくても成績が超アップ!』のこの本。

塾に行ってこの自宅学習が出来たら最強ではありませんか! 

 

お家での勉強がなかなかで悩んでいるお子さん、

うちの子は家で勉強しない…となやまれている親御さんにもおススメの1冊です。

 

YouTube動画『とある男が授業してみた』はわかりやすく、復習や予習にとても良い内容です。

 

何より、葉一先生の

勉強って楽しいよ、やってみようよ」

という気持ちが伝わる内容です。

 

もちろんたまき塾に来て頂けたら嬉しいですが、まず勉強への第一歩としておすすめです。

 

勉強は楽しい、そして私は勉強を通して、小さくても
『成功体験を積み上げて欲しい』
と思うからです。

 

葉一先生もこの本の中で述べられています。

 

「中学校での勉強での成功体験は、
それからの人生に大きく影響する、
だからこそがんばって欲しい」

 

私も塾講師として心から賛同し、拍手を送りたいです。

 

勉強してみませんか?

2021年

10月

14日

【上牧中学・上牧第二中学】中間テスト対策

上牧中学・上牧第二中学の中間テスト対策の様子

中間テスト対策・直前演習|上牧中・上牧第二中

今日と明日の2日間で、上牧中学校上牧第二中学校の中間テストが行われます。

 

昨日の中間テスト直前演習では、どの学年も本当に真剣に勉強に取り組んでいました。

 

前回の定期テスト対策の時と一番取り組みが変わったのは中学1年生です。

 

フワフワ・ウキウキ楽しそうだったのが一転して、

 

自分の苦手範囲を、ものすごい勢いで反復練習している

「〇〇の範囲の練習問題が欲しい」と具体的に自らリクエスト

集中して全力で勉強している!

 

4月から半年たっての成長を感じます。

この成長、進歩を感じることがとても嬉しくて、すぐに言葉にして褒めます。

 

「前より速く解けているよね。宿題、とても頑張っていたからね。」

 

「難しいって言ってたけど、出来てるやん。すごい!」

 

「計算、速~っ、『毎日の計算トレーニング』仕上げたからよね。」

 

定期テスト対策で学ぶ『努力の継続』『自分にあった勉強法』

努力はすぐには実らない。
努力を継続してこそ、結果が出せるのです!

 

『頑張ったらちゃんと認める』
そして言葉にして、塾生に意識を高めてもらい、
努力継続できるようにサポートすることが大切だと思います。

 

指導者に一番必要なことは、

自分が前に進んでいるという感覚を伝えること』

だとある論文で読みました。

 

前に進んでいるということがわかると人は頑張れるのだそうです。

 

逆に前に進んでいる感が感じられないと、やる気をなく減速してしまうのだそうで、大いに納得です。

 

私も以前に習っていた英会話や、今でも習い続けているパソコンの授業で、

「前より、出来るようになっている!」
というお褒めの言葉を先生から頂けたとき、一番スイッチが入り
「復習しよう!もっとがんばろう」と思います。

 

自分が習う立場になって、ハッと改めて塾生の皆さんの気持ちに気づくことがあります。

「出来ない」「苦手だ…」と思い込んでいる
だから説明を聞いても聞き流してしまう…。

 

私も皆さんと同じです。
苦手なことや出来ないことから逃げたくなってしまします。

でも・・・出来たら、本当に『嬉しい~っ』のです。

 

定期テストの勉強を通して、

  • 努力継続することの大切さ
  • 自分に一番合った勉強法

これらを身につけて頂きたいと思います。

 

自分で実際に『本気でテスト勉強をしてみないと、どの方法が自分に一番合っているのか』はわかりません。

 

そして皆さんの頑張りを私たち講師が、言葉にしてフィードバックしていきますね。

 

まだ明日の教科も頑張りましょう。

 

広陵中学真美ヶ丘中学の皆さんは来週の中間テストに備えて、常に自分に今、必要な勉強を考えながらテスト対策を加速していきましょう!

2021年

10月

10日

元真美ヶ丘中学の先輩から塾生へアドバイス【卒業生が帰ってくる塾】

元真美ヶ丘中学のたまき塾卒業生から塾生(中学生)へアドバイスをしている風景

真美ヶ丘中学・たまき塾卒業生が久しぶりに来てくれました!

金曜日に高校2年生真美ヶ丘中学校卒業)の2人が久しぶりに顔を見せに来てくれました。

 

たまき塾の教室の前にあるミーティングルームで話していたのですが、せっかくなので
「中間テスト前の中学1年生アドバイスしてくれない?」 

とお願いしました。

 

たまき塾では代々、塾に遊びに来てくれた卒業生塾生へ『自分の体験や現状を話してくれる』のです。
彼女たちも塾生の時、先輩から話してもらっていました。

 

一番に話してくれたのは、

 

たまき塾で教えてもらったことや
身につけた勉強方法が
今、とても役に立っています。」

 

一人は数学学年1位をとっているとのこと、

もう一人は高校に入ってから特進コースに上がったとのこと。

 

2人とも名門の進学校で勉強も大変だと思います。
その中で二人ともそれぞれに頑張っていることを報告してくれました。とても嬉しかったです。

 

高校生になった卒業生から中学生へのアドバイス

 

頑張っている2人が中学1年生にこんなアドバイスをしてくれました。

 

  • 日頃からたくさん問題を解いて、
    テスト直前苦手な問題だけを見直し・やり直しておく!
  • テスト勉強を頑張ったらプチごほうびを用意して、
    それを楽しみにがんばる!
  • どの教科も1年生基礎だから、
    本当に頑張っておいた方が良い!
  • 仲間と一緒に頑張るのは楽しいから、
    塾で皆で競い合って頑張るのもとても良い! 

 

最後にテスト前で演習に来ていた中学3年生には、

 

「私もE判定だったよ、
それでも本番でさらにコースを上げて合格できた。
まだまだこれからだから、がんばってね。」

 

と声をかけてくれました。

 

帰りに
「彼女、自分の中学生の時みたいな気がする。頑張って欲しいな。」
と話してくれました。

 

たまき塾で、こんな風に先輩から話を聞いてもらうとその時は神妙に聞いているのですが後から、

「先輩の話を聞いて、頑張ろうと思った。」

と話してくれる子が多いのです。

 

卒業生が帰ってきてくれる塾

突然お願いして、話してくれた卒業生二人に感謝、そして その言葉を真剣に聞いてくれている塾生の様子が嬉しくて、とても幸せなひと時でした。

 

もちろん、高校生活は楽しいことばかりではないと思います。
卒業生の中にはしんどい思いをしている子もいると思います。


このブログは、塾生・保護者の皆さまとともに、そんな卒業生へのメッセージでもあります。

 

「一度、何かに真剣に頑張った経験のある子は、絶対に他のことでも頑張れる。」

 

うちの講師が塾生に話してくれた言葉です。

 

たまき塾で一緒に頑張った日々が自信になってくれますように…。
離れていても応援しています。

 

ある先生が卒業生帰ってくる塾良い塾だ」と言って下さいました。

 

これからも塾生皆さんが頑張れる場で、卒業生が帰ってきてくれる『たまき塾』で一緒に前を向いて胸をはって励みたいと思います。

続きを読む

2021年

10月

05日

【ネイティブレベルの英語】小学生・中学生からの『発音』『リスニング』が大学入試へ繋がる

外部オンラインセミナーに参加(安河内先生・大学入試対策)

先日、受講したオンラインセミナーの『後編』に参加しました。

オンラインセミナー前編の記事はこちら

 

【ライブ授業にこだわる塾】教室でしか出来ない授業|オンラインセミナーに参加

https://www.tamakijuku.jp/external-online-seminar/

【大学入試対策】英語のリスニング強化は小学生・中学生から!

今回は『大学入試共通テスト』についての話を中心にしたセミナーでしたが、小学生中学生英語の学び方にも大いに参考になることがありました。

 

塾講師として『大学入試英語』を知らずして『中学生小学生英語』を教えてはいけないとの思いから、大学入試・共通テストについてのセミナーには以前から参加してきました。

 

センター試験から共通テストに変わった時、一番驚いたのはリスニングの速さ・難しさでした。

 

実際に試験で採用されたリスニングを自分の耳で聞き、問題を解いてみて、このスピードを高校3年生になった時に聞けるようにするためには、小学生中学生の時から発音リスニング強化しておかないといけないと強く思いました。

 

続きを読む

2021年

9月

28日

【成績が上がらない理由はアウトプット】アクティブラーニング

広陵町・香芝・真美ケ丘・上牧の学習塾 たまき塾でのアクティブラーニング

【重要】塾に通っていても成績が上がらない子の特徴

ある学習カウンセラーの方が

塾に通っていても成績が上がらない子

について話されていました。

 

「なるほど」と思ったので早速、中学3年生の授業で皆に聞いてみました。 

 

「塾に行っても成績が上がらない子特徴って何だと思う?」

 

一人一人が違うことを答えたのですが全員正解!

さすが、たまき塾生! (自画自賛です)

 

「ちゃんと復習できていない」

「わからない問題を放っておく」

「自分で解けるようにしていない」

「苦手なところを練習していない」

 

そう、その通り! 

「塾に行っても成績が上がらない子特長は?」

 

答えはアウトプットが出来ない子』なのです。

【アウトプットのトレーニング】インプットするだけでは身につかない

塾の授業はインプット、つまり『講師が説明をして、それを受け取る』ことがメインになります。

授業を受けていると、わかった!出来る!と感じてしまいがちです。 

でも、その時点ではけっしてまだ自分で出来るようにはなっていません。

インプットした学習をアウトプットするトレーニング

  • 問題を自分でもう一度、解きなおす
  • 類題の演習(よく似た問題を解きまくる)
  • その反復してスピードアップをはかる
続きを読む

2021年

9月

27日

【声掛けひとつで変わる】やる気にさせる"言葉かけ"

【オリンピックの女子バスケ】コーチの熱心な言葉かけで『銀メダル』

9月25日放送の『世界一受けたい授業』で、日本の女子バスケットボールを銀メダルに導いたヘッドコーチ、トム・ホーバスさんの『言葉かけ声掛け』を中心とした指導法が紹介されました。

 

●就任時に
「東京オリンピックでは決勝でアメリカを倒して金メダルをとりたい!」

「絶対に金メダルをとる!」
どんな状況でも『金メダル』と言い続けられたそうです。

 

●オリンピックで銀メダルを獲得した試合後の会見で選手たちを
「スーパースター選手ではない、スーパーチームです。」
と評されました。

選手たちはスーパースターと言われるより、嬉しかったそうです。

 

『コーチが心から言わないと選手たちはわかる』との思いから、通訳をつけずに自分の熱い言葉で指導することを徹底されました。
MBAで選手だった時、コーチが良い・悪いを言ってくれなかったことがつらかった経験からだそうです。

 

●フランスとの試合で「みんなの顔も良くない」と選手を注意されました。

選手たちは日ごろからミスは仕方がないけれど、その後にヘッドダウンする(落ち込む)と叱られたそうです。
『エネルギーで負けているのが一番いけない』との熱い思いからです。

 

4年間、日本代表のヘッドコーチを務められて

「厳しい言葉をかけたけれど、最高の笑顔を見られて嬉しかった。」

「選手が私を尊敬し、信頼してくれた。そして私も選手を尊敬、信頼していた。」
とおっしゃっていました。

 

これらの言葉かけ声掛けを中心とした指導法と固い信頼関係が銀メダルを取る原動力だったのですね。

【たまき塾でも徹底】一人ひとりにむけた言葉かけ・声掛け

たまき塾でも、出来るだけ塾生の皆さんが『やる気になる言葉かけ』を意識しています。

 

授業中、一度も名前を呼ばないことはありません。
一人一人にしっかり伝わるように、名前を呼んでの言葉かけをしているからです。
親しみと熱い思いを込めてファーストネームを呼ぶようにしています。

 

さらに

厳しい言葉をかけるときには全体に、

ほめるときは一人ひとりと意識しています。

 

私は『褒められると嬉しいタイプ』なので、基本的には出来るだけ『良いところを言葉にして褒める』ようにしています。

 

授業中の声掛けや、宿題に書くコメントを通して

『一人ひとりをちゃんと見ている』

という点は、どこの塾にも負けない自信があります。

 

講師も
「今日、〇〇さんは、いつもより問題に取り組む姿勢が良いです。」

「〇〇君、とてもよくがんばれています。玉森先生からも褒めてください!」
と報告してくれます。

 

私たちもトムコーチのように皆さんがやる気になる『魔法の言葉』かけられるように、熱い思いで皆さんの力をもっともっと引き上げられるようにしていきたいと思います。

 

そのために『世界一の練習量』にしていけるように、授業や宿題を工夫していきますね。一緒に頑張りましょう!

 

「厳しい言葉をかけたけれど、最高の笑顔を見られて嬉しかった!」と言うのを楽しみにしてますね。

2021年

9月

20日

【ライブ授業にこだわる塾】教室でしか出来ない授業|オンラインセミナーに参加

安河内先生のオンラインセミナー 『中学生に必要な英語力』

【講師としてスキルアップ】有名予備校講師のオンラインセミナーに参加

一流の予備校講師としてメディアでも活躍されている安河内先生セミナー 『中学生に必要な英語力』

 

Don’t study English at your desk!

『英語は机で勉強するな!』

 

この言葉をモットーに音読や発音することを大切に授業されている安河内先生のファンでしたし、今年から教科書が改定され、習得する単語の数も文法事項も大幅に増えた中で授業を進化させるヒントにしたい!と楽しみに参加しました。

【ライブ授業であることの大切さ】映像授業には無い価値

セミナーで印象的だったのはこれからは教室でしかできない授業をしないと価値がないということです。

 

一方的に説明する『知識伝達型の授業はどんどん映像に移行し、集も出来る映像授業にライブの授業は絶対にかなわない・・・

 

だからこそ

教室のライブ授業で出来て、映像授業では出来ないこと、

  • 対人での発表トーク学びあい
  • 集団活動で得られる学習効果

このような活動中心型』の授業が出来ないと、塾の教室で学ぶ意味がない!

たまき塾は『全員参加型授業』|講師が一方的に喋るだけの授業はしない

『たまき塾は全員参加型授業!』
これからも自信を持ってこのスタイルを貫こうと思いました!

 

今後のAI社会で使える英語にするために中学生の英語から

  • ICTを活用した授業の構築
  • リスニングを多用する授業の取り組み方

具体的な授業例を見せて頂き、シャドウイング(英文を見ず音声を聞いて発音する)も生徒のつもりで取り組みました。

たまき塾英語授業に活かしていきたいと思います。

 

20代、駆け出しの頃は大手学習塾の一講師としてたくさんの教科研修に参加しました。
模擬授業やたくさんの先生方とのディスカッションを講師として成長する糧にさせて頂きました。

 

これからも現状に満足せず講師として学び続け、塾生の皆さん、保護者皆さまに喜んで頂けるように日々、アップデートしていきたいと思っています。

続きを読む

2021年

9月

12日

【五ツ木模試】模擬テストを受ける意味・模試前に気をつけること

五ツ木模試(五ツ木の模擬テスト) 実施

五ツ木模試(五ツ木の模擬テスト) 実施!

9/12(日)第4回 五ツ木模試(五ツ木の模擬テスト)が行われました。

 

コロナ禍で気をつけなければならないことがたくさんありますし、五ツ木の模擬テストは難易度が高く、得点や偏差値を出すのにかなりのエネルギーが必要です。

五ツ木の模擬テストを受ける意味

① 自分の現状の学力を把握する

② アウトプットすることで記憶を定着させる

③ 違う環境でテストを受け経験値を高める

④ 自分の弱点を把握し、改善する

⑤ 受験生という意識を高め勉強を加速する

 

これらを説明し、お家で相談するようにと話しました。

 

例年「自信がないから受けない…」と9月は受験しない塾生が数名いるのですが、今年は全員が受験すると決め、写真のように本番に向けて努力を続けています。

 

直前に左手を骨折した男の子がいて心配したのですが、それでも熱心に勉強を続けている様子に胸を打たれました。

全員が「夏休み、頑張った成果を発揮してくるのだ!」と思っているようです。

 

コロナ禍でも、苦しい状況でも前に向かって進める力強さを感じています。

 

『中3生の初の対外試合』だと思うと当日、朝5時に前が覚め皆へのエールを込めてこのブログを書いています。

【模擬テスト・入試】で気をつけること

  • 準備は前日に全部しておき、たとえ忘れ物に気がついても会場に向かうこと
  • テストの3時間前には起きて脳も起こしておくこと!
  • 時間配分を考えて問題を解くこと 
  • 問題にサッと目を通して、出来る問題から手を付けること
  • 難しい問題を目にしても平常心を保つこと

 

前日の模試対策演習で話した注意事項は、入試本番でも全く同じです。

今からどんどん実践して、身につけておきたいものです。

 

皆さんが前に向かって努力し、自分を高めていく様子を頼もしく感じると同時に、私たち講師は、皆さんがもっともっと実力を上げていけるような授業やサポートをしていこうと思います。

 

中学3年生の模擬テストや入試対策を中学1年生・2年生・小学生の授業にフィードバックしてたまき塾全員に強く・賢く・たくましく成長して頂きたいと思っています。

続きを読む

2021年

9月

09日

【書籍紹介】脳に良い習慣を!【本が読み放題のたまき塾】

【書籍紹介】脳に悪い姿勢が7つの習慣

【書籍紹介】脳に悪い姿勢が7つの習慣

こちらの本『脳に悪い姿勢が7つの習慣

とても分かりやすいのでたまき塾では授業の中で塾生皆さんに話しています。

 

  • 姿勢が悪い
  • 表情が暗い
  • 不平やグチを言う
  • 出来ないと思う
  • 睡眠不足

 

「え~っ、そんなことが!!」と思いませんか?

これらのことは全て、脳のパフォーマンスを落としているのだそうです。

【塾生に日頃から声掛け】姿勢を正して脳のパフォーマンスをアップ

たまき塾でも、授業中に「姿勢!」とよく声をかけます。

 

『姿勢が悪いとミスをしやすい』のですが、なるほど、脳のパフォーマンスが下がってしまうからなのですね。

【学生必見】よく寝る子の方が成績が良い

さらに私が中学生の頃は

 

『四当五落』
4時間の睡眠で頑張ると合格、5時間では落ちる

 

などと言われフラフラになって勉強していました…。

 

今ではよく寝る子の方が成績が良いのが受験業界スタンダード

こちらの本でも科学的に証明されていると紹介されています。

たまき塾ではずっと以前から受験学年でもしっかりと睡眠をとることをおススメしています。

続きを読む

2021年

8月

29日

【学習塾の感染予防対策】アクリル板を設置

【学習塾の感染予防対策】アクリル板を設置 @たまき塾(奈良県北葛城郡広陵町)

たまき塾での感染予防対策

新型コロナウイルス第5波の感染拡大に伴い、感染予防対策として現状までの座席の広めの間隔プラスアクリル板設置しました。
かなり大きめで頑丈なパーテーションを選びました。

 

授業を受けるときに皆さんに圧迫感がないように、

「どのくらいの高さが良いと思う?」と中学3年の皆にも相談しました。

 

夏期講習でも、9月以降も一番長い時間、たまき塾の教室でがんばる学年だからです。

 

たまき塾での感染予防対策

① 教室に入る前の手指のアルコール消毒

② 学年が変わるごとに全座席・机の消毒

③ 生徒間の距離の1メートル以上の距離

④ 定期的な教室の換気、空気の入れ替え

⑤ 塾生の皆さん、講師共に不織布マスクを着用

 

たまき塾スタンダードで、お手洗いに行った後も全員がアルコール消毒をして席に戻りますし、休み時間に塾生が騒ぐということもありません。皆、静かに水分補給しながら、それぞれ次の授業の準備をしています。

 

皆さんがたまき塾で落ち着いて安心して勉強できるように、出来ることを全て行っています

【夏期講習も無事終了】感染予防対策も徹底し、出来ることを粛々と

保護者の皆さんからお預かりしている大切な皆さんと講師の皆が元気に過ごせるように心を込めて日々、何がベストかを考え、粛々と出来ることをし続けた夏期講習でした。

 

いざという際には『オンライン授業に切り替える』準備をしていたのですが、対面授業で夏期講習の全日程が無事に終了出来てほっとしています。

 

出来ることを全て行って、授業は元気に楽しく!

マスクをしていても、塾生皆さんの表情がどんどん読めるようになってきました。

 

皆さんの嬉しそうな笑顔は格別で、講師も皆さんと一緒によく笑っています。
そう、『笑うこと』も免疫力を高めてくれますからね。

 

そしてどんな状況でも勉強できることの感謝と喜びを忘れずにと思っています。

塾生の皆さんにも折に触れ、そのことを伝えています。

 

コロナ禍で何も思い出がない夏ではありません。

『頑張って自分を磨き、成長した夏』です!

皆さん、よくがんばりましたね。

 

保護者の皆さま、ご理解・ご協力頂きまして、本当にありがとうございました。
講師一同、心より感謝申し上げます。

【夏期講習無事終了】たまき塾(奈良県北葛城郡広陵町の学習塾)

2021年

8月

21日

【中学2年生】夏期講習のワンシーン|つなぎ目である大切な学年

夏期講習の授業風景(中学2年生) | たまき塾(奈良県北葛城郡広陵町)

『中学2年生』は勉強方法を確立する大切な学年

夏期講習の様子、最後の学年は中学2年生です。

 

中学2年生は、広陵中学校上牧中学校上牧第二中学校の3つの中学校から集まってきてくれています。

 

夏期講習の『前期日程』では勉強への取り組みの甘さを指摘し、これから3年生に向けて目の前の学習がどれだけ大切かを話しました。

 

2年生は中学生活にも慣れて、1年生ほど目新しくなくなり、張り切れず…

受験学年でもないので勉強の取り組みがいい加減になってしまいがちなのですが本当ならば、

 

1年生の学習の基礎から3年生の応用までのつなぎ目であるとっても大切な学年』です。

 

いつも話すのですが、受験生になったら急に勉強が出来るようになるわけではありません。

 

中学2年生でしっかりと勉強の方法確立』し、学習スタイルが身についていないといけません。

 

中学2年生の時点で計算力・暗記力・集中力、この柱となる力を身につけたうえで、

『どれだけたくさんの問題に、真剣に取り組んでいるか』

が本当に大きな分かれ目になります。

『中学2年生』の時が大切だとわかった塾生たちの変化

そんな話をしたからでしょうか、

2年生の授業の雰囲気がガラリと変わりました。

 

良い意味での緊張感が出て、受け身な姿勢から自分たちから『しよう!』という能動的なものに変わっています。

 

授業前の自主トレでは黙々と問題を解き、サッとノートを取り出しやり直しを徹底するようになっています。
とても大きな進歩です!素晴らしい!!

 

「たまき塾の授業の真剣さで、お家でもトレーニングしていけば今、皆さんが、すごいなと思っているお友達を抜かしていくこともできるんだよ。」
と話しました。

 

新しいお友達が体験授業に来てくださると、塾生の出来映えを再認識することが多々あります。
スピード正確さ圧倒的に違います。
何事もトレーニングなのだと実感します。

 

「でも、塾生の皆さんも最初はできなかったよね、練習して成長したんだよね。」と話します。

 

  • 遅すぎて、間に合わなかった子が数学を黙々とどんどん解いています。
  • 問題をあまり読まずに解いてしまっていた子は、
    今、問題をしっかり読み線を引いて注意しながら解いています。
  • 宿題がいい加減だった子が、
    「今日の宿題はこれでいいですか?」と確認して帰っていきます。
  • 数学が一番苦手だった子が、得意科目が数学に変わっています。 

 

こんな嬉しい変化を見るたびに、成長してくれている!と内心大喜びしています。

 

これからも目の前のことに集中して真剣に自分たちの実力と可能性をぐんぐん伸ばしていって頂きたいなと思っています。
一緒にもっともっと成長していきましょうね。

2021年

8月

11日

【小学生】夏期講習のワンシーン|読解力を育む大切さ

小学生のうちに『読解力』を育む|たまき塾(奈良県北葛飾郡広陵町)

小学生のうちに育む『読解力と思考力』

夏期講習のシーン、今日は『小学生クラス』です。

 

たまき塾の小学生授業特長は『読解力思考力の両輪を育む』ことです。

特に国語では学年の問わずに皆で同じ文章を読み内容について、私が質問でしていき、文章を目で追い探しながらどんどん答えて頂きます。

 

「これってどういうこと?」

「この言葉の意味は?」

「なんか同じ言葉、たくさん出てきてない?」

「一番、言いたいことは何だと思う?」

「それはどこからわかる?」

 

毎回、小学生のみならず『大人でも知りたい』ワクワクする内容が書かれた『なぜなに読解はかせ』という教材から、いくつかの文章をピックアップして読んでいきます。

 

『正座すると足がしびれるのはなぜ?』

『新聞の端はなぜギザギザなの?』

『1週間はなぜ、月・火・水・木・金・土?』

『お風呂に入ると手がしわしわになるのはなぜ?』

『将棋の駒はなぜ五角形なの?』

 

いかかでしょうか。

たしかになぜと聞かれると…答えられないことばかり。

 

これら興味がわく内容を題材に、

 

①文章の仕組みのとらえかた

②言いかえの内容の探し方

③記述問題を書いていくコツ

 

をそれぞれの学年で講師と一緒に考え、

 

『自分のチカラで答えを見つけ、書く!』

 

この作業を行っています。

【中学以降の学習に影響大】小学生時代の『読解』学習の積み重ね

文章内容は違えど高校入試の問題でも『読解』は必要で、中学3年生の授業でも説明している『読解ポイントを出来るだけ簡単に伝え、『読解スキル』をインプットしています。

 

中学生になると数学や英語に時間を取られ、どうしても国語をきちんと学習する時間を確保するのは難しくなりがちですが、ちゃんと読み取り理解することが出来なくてどの教科も伸び悩んでしまいます

 

中学入試の国語を長年指導していた経験からも

 

小学生国語力読解力をつけておくと、
その後の中学・高校・そして大学でも勉強に困らない!

 

と思っています。

実際に数多くの教え子たちがそれを証明してれました。

 

中学生になったら勉強が自動的に出来るようになるわけではありません。

 

小学生学習の積み重ねの延長線上に中学生以降の内容があります。

 

せっかくの夏休みです。

  • じっくり時間をかけて文章を丁寧に読む
  • 知らない言葉を調べてみる
  • そして興味がある本を自分で手にしてみる!

こんな習慣をつけて頂ければと思っています。

小学生で身につける『読解力』は中学・高校・大学、ずっと必要|たまき塾(奈良県北葛飾郡広陵町)

2021年

8月

09日

【中学1年生】夏期講習のワンシーン|数学・英語

【中1の課題】計算の遅さ・弱さを克服!

たまき塾の『数学』授業風景(中学1年生・夏期講習)

こちらはたまき塾夏期講習中学1年生数学』の授業のワンシーンです。

 

学習単元は『文字式の文章問題』

 

文章を読んで自分で式を作っていくのですが、文章題になると苦手意識を持ってしまう子が多く見受けられます。

 

全体説明の後問題を解くときには講師が2人体制で、教室をくるくる回りました。

わからずにフリーズしてしまわないように、そして質問をしやすいようにするためです。

 

集団授業では授業中にどうしても質問しづらいようです。
そこを解消するために問題を解く時間、講師がそれぞれの生徒を見て回ります。

 

「わからないままにしておかない」

「先生に質問したらちゃんと応えてくれる」

「だからもっとがんばろう!」

 

と思って欲しいからです。

 

中学1年生の課題である

  • 計算の遅さ
  • 計算の弱さ

これらを克服するために計算練習も行いました。

 

せっかく解き方がわかっても計算で間違えると決して得点に結びつきません。
計算力の大切さを説明して計算問題を解き、出来たら講師がチェックを繰り返しました。

 

これからも決して計算トレーニングを怠らないように話すと皆、大きくうなづいてくれていました!

【夏休みに挽回!】英語力をオリジナル教材で強化

たまき塾の『英語』授業風景(中学1年生・夏期講習)

こちらは2時間目の『英語』の授業です。

 

皆が真剣に問題を解いています。
数学の担当講師たちも一緒に英語の問題を解いています。

 

2人ともたまき塾の卒業ですので、前に現在の塾生、後ろに卒業生の講師…

教え子が一斉に真剣に問題を解いている様子がとても嬉しかったです。

 

たまき塾では、『英語』を一番の得意教科にしている子が多いです。
中学1年生の現段階で苦手と思っていてもこの夏休みで必ず挽回できます。

 

さらに2学期に「英語が楽しい!」と思えるように夏期講習テキストだけでなく、

  • 『オリジナルプリント』
  • 『たま単シート』

といった『たまき塾オリジナル教材を使ったりして英単語をどんどん覚えていきます。

 

①問題を解く

②出来ていないところをチェックする。

③間違いをきちんと正す。

④解説を読んで理解する

⑤もう一度自分でスラスラ解けるか確認する

  • この『サイクルを回す』こと
  • 効率よく暗記をする練習』

この二つを徹底していくことで、どの教科も学習効率が上がります。

 

受験学年の中学3年生になっていきなり勉強が出来るようになる人はいません。

 

1年生からどれだけ真剣に目の前のことに集中し、全力で考え、工夫して勉強していくかが大きな分かれ道になります。

 

夏期講習から来てくれた新しい仲間も一緒に、全員がそれぞれ大きく飛躍して欲しいと思っています。

2021年

8月

02日

【中学3年生】夏期講習のワンシーン|一人ひとりに合わせた指導方法

【広陵・真美ヶ丘・上牧】夏期講習(中学3年生の授業風景)@たまき塾

【中3】夏期講習『昼の部』スタート!

中学3年生夏期講習は、先週の土曜日から『昼の部』がスタートしています。

暑い中、毎日 広陵真美ケ丘上牧、各所から通って来てくれ、懸命に頑張っています。

 

今日は毎日の学習の進み具合をチェックしました。

 

中学3年生は夏期テキストを使わず、5教科とも、単元別総整理が出来る優れもの『サミングアップ』というテキストをどんどん進めていきます。

 

各教科の講師がチェックをしていくことで
『一人一人の学習の進め方や苦手なところなどを確認』し、
『それぞれの弱点を克服できるように授業内や個別に説明』していきます。

 

各教科その積み重ねで個々の力を最大限に伸ばせるように、指導していくのがたまき塾特長です。

塾生一人ひとりに合わせた『講師の指導』

今日は英語・国語・社会をチェックしました。

 

頑張っている子たちのテキストには、講師のコメントも力が入ります。

テキストに書ききれずに付箋を貼って説明をつけて返却することもあります。

 

あまり進めていない子のテキストは、「これからの追い上げを期待してる」こと、「次の提出を待っている」ことを思いを込めて力強く書きます。

 

どうしたら、勉強を進めやすいか、どうしたらやる気になって取り組めるか…

 

各教科の担当講師と『塾生一人一人の様子の情報交換』をしながら、授業だけではなく『声掛け』や『塾生それぞれに合ったプリントをプラスアルファで渡していく』など、工夫をしながら進めています。

 

この暑い中、まだ部活を続けながら熱心に頑張っている子もいます。

中3の夏期講習連日、そして長時間で中身も濃い授業ですので集中力も必要です。

 

塾生・講師共に大変ハードですが、一人ではできないことも仲間がいると頑張れます!

その意味で『勉強は究極の団体戦』です。

 

今年も『皆で頑張る熱い夏』にしたいと思います。

2021年

7月

15日

【動画公開】たまき塾の授業風景|気持ちを込めて制作!

【動画で伝えるたまき塾】講師陣と撮影・制作

ホームページのトップページに初めて授業動画をアップしました。

トップページで掲載中の動画

たまき塾授業の雰囲気』をお伝えできればと相談して、うちの講師がiPhoneで動画を撮影し、編集してくれたものです。

 

いくつか授業風景動画で撮ったのですが、こちらは初めて撮影で、アシスタントティーチングの講師が手でiPhoneを持ち、授業にも参加しながら撮ってくれました。

 

実はこの動画を撮った講師もたまき塾卒業生

 

「塾生皆さんがとても楽しそうに勉強していることをが伝わるように」

 

と、気持ちを込めて編集してくれました。

 

いつも通りに、私が皆さんのお名前を思いきり呼んでいる…
ということで、残念ながらカットになったのですが

『一人一人が発言している』素敵なシーンがたくさんありました。

 

本格的に撮ったものでもなく画質も荒かったので、撮影し直そうかとも考えたのですが、いつも通りの雰囲気でイキイキしている様子が伝わる動画ですので、やはりそのままアップすることにしました。

 

保護者の皆さんには、

「名前を読んでいても、うちは大丈夫です」

「雰囲気が伝わるように、そのまま使って下さいね。」

とのありがたいお言葉も頂きました。

ここでもジーンとしました。

 

ITサポートをお願いしてるIT Agencyさんとも、12年以上のお付き合いです。

 

私の思い、塾の成長をそばでずっと見てくれていてたまき塾の良さが伝わるようにといつも力を尽くして下さっています。
パソコンが苦手でわからないことだらけだった私を、本当によくサポートして頂いています。

 

日本各地で活躍している『たまき塾の元講師たち』にもLINEで動画を送りました。

 

すると、

「いつもブログ読んでいます。」

「お盆休みには帰れます。顔を出します!」

 

すぐに返事をくれました。

 

たまき塾はこのようにたくさんの方々の応援やサポートを頂いているとても幸せな塾です。

 

『仲間と一緒に頑張れば、
出来なかったことも克服できるし、
新しいことにも挑戦できる』

 

 

この思いも一緒にお伝えできれば…と思います。

 

皆さんにもこんな素敵な仲間がたくさん出来て、豊かにたくましく成長されることを願っています

 

今後、色々な授業の様子も動画で紹介していきたいと思っています。

 

そしてより良い塾を目指してさらに成長し続け、皆さんのご期待とご信頼に応えられる塾であり続けたいと思います。

 

Instagramにもいくつかの授業動画をアップしました。

たくさんの方にご覧いただけましたら、とても嬉しいです。

たまき塾のインスタグラム公式アカウント

続きを読む

2021年

7月

11日

【たまき塾卒業生の今】この笑顔をみるために

卒業生と塾長(たまき塾|広陵・真美ヶ丘・上牧の学習塾)

【姉妹で来塾】橿原高校へ行ったお姉さんと今たまき塾生の妹さん

先日、今年の3月にたまき塾を卒業した女の子が、妹さんの授業に付き添って塾に来てくれました。

 

この写真は彼女が4月に入学した際に塾に制服姿を見せに来てくれた時のものです。

 

この時よりさらに引き締まった彼女は、目標だった橿原高校の陸上部で日々楽しく汗を流し、勉強でも学年のかなり上位に入れていると嬉しい報告!

 

そして輝く笑顔で

がんばって本当に良かった

と話してくれました。

 

実は、中学3年生秋ごろに
もう今の自分の力で行ける高校で良いかな~
と今、通っている橿原高校をあきらめかけたことがあったそうです。

 

でも「やっぱり…!」と一念発起して、

 

たまき塾仲間や講師と
一緒に頑張ったあの時間
があったからこそ今がある

 

と話してくれました。

本当に嬉しいことです。

 

彼女以外も
塾生が合格した時、
そして高校生、大学生になって
さらに社会人になって
こんな素敵な笑顔で近況を伝えてくれる時、
私たち講師は
この笑顔を見るために、日々頑張っているのだ」
と思います。

本当に幸せな仕事をさせて頂いていると心から感じます。

 

お母さまからは

 

「高校生になってからもたまき塾で教えて頂いた勉強法で、
勉強を続けているので、成績も良くて助かります。」

 

と嬉しいお言葉を頂きました。

 

そして妹さんをお預かりさせていただくことになりました!

また新しいドラマがスタートします。

 

ドラマ『ドラゴン桜』のセリフに共感

ドラマと言えば『ドラゴン桜』。

 

勉強が出来ない落ちこぼれの生徒たちが、型破りの独特の指導法の桜木先生と東大に挑戦するという漫画をドラマ化したものです。

 

その最終回、

桜木先生が最後に『東大に合格した生徒』
『不合格の生徒』全員を前に卒業式で言った言葉、

 

「人生で一番大事なのは
東大に行くことでも、

勝つことでも、結果を出すことでもない。

目標に向かった1分1秒、

自分の人生を変えようと

がむしゃらに努力したその道のり、

熱意、そして仲間への思い、それこそに価値がある。」

 

とても感動しました。
本当にその通りだと思います。

 

私たちはその1分1秒を、皆さんと過ごせることを光栄に思っています

 

私たち講師がオリンピックより感動する

『皆さんのドラマ』をこれからも楽しみにしています。

 

そして先輩たちの頑張り、数々のたまき塾のレジェンドがこれからのたまき塾生皆さんの勇気になってくれることを心から願っています。

2021年

7月

08日

【リピーター率89%の学習塾】兄弟・姉妹のご入塾

たまき塾で飾られている絵画

『お姉さんに続いて妹さんも!』姉妹でたまき塾へようこそ!

昨日、嬉しいお電話がありました。

 

たまき塾を3月に卒業した広陵中学校の女の子のお母さまからで、

 

「1年生のスタートは自分で勉強してみて
様子を見ていたのですが…
やっぱりたまき塾に!」

 

とのことで「喜んで!」とお応えしました。

 

同じく、今年の春に卒業した上牧中学校の女の子の妹さんも楽しんで通ってくれていてご姉妹ともにたまき塾の同級生という嬉しい状況です。

 

現在、一緒に在籍してくれている広陵中学校の中学3年生のお姉さんと中学1年生の弟くんテスト対策授業などで一緒に来られることがあり、仲の良いお二人がとても微笑ましいです。

【兄弟姉妹でたまき塾】リピーター率 “89%”

兄弟姉妹でたまき塾に来ていただくことが多いのは本当にありがたいです。

 

改めてどれくらいの割合だろう…と確認していみましたら

 

兄弟姉妹での入塾率、リピーター入塾率は『89%』でした。

 

とても嬉しい数字で、たまき塾へのご信頼の証だとありがたく思っています。

【兄姉たちの活躍】広陵・真美ヶ丘・上牧の卒業生に支えられています

兄弟姉妹全員をお預かりしますと、10年以上のお付き合いになることもあります。

色々なことをお話しさせて頂きますので全員が卒業されてもお付き合いさせて頂くことも…。

 

「実家から送ってきたので…」と新鮮な野菜をたくさん届けて頂いたり「先生がお好きだったから。」と美味しいお饅頭を教室に届けて頂いたりすることもあります。

 

お子さん達が卒業されてもたまき塾のサポーターでい続けて下さることに心から感謝しています。

 

「上の子は結婚しました!」とご報告などを頂くとジーンと感動し、親戚のような気持ちになります。

 

そんなお声やたくさんのサポートがこの学習塾 激戦区』として有名な真美ヶ丘、そして広陵上牧で頑張ってこられた大きな力になっています。

 

今年15年目たまき塾の歴史を感じるのが、卒業生の活躍を目にしたり耳にしたりする時です。

 

エコールマミで買い物していると「先生!」と声をかけられることも多く、特に女の子はとっても素敵なお姉さんになっていて「綺麗になって~」と話に花が咲きます。

 

「仕事、どう?」

「大変だけど、楽しいです。」

「中学生の時からなりたいって言ってたものね。」

「はい、がんばって良かったです!!」

「夢がかなって本当によかったね~!」

 

こんな会話が出来ると背筋が伸びます。そして教室に帰って、塾生皆に伝えます。

 

たまき塾の先輩が、今こんな風に頑張れているのだと伝えることで自分の将来をイメージし

 

『今、目の前のことに手を抜かず、真剣に取り組んで欲しい』

 

と思うからです。

 

兄弟姉妹でたまき塾に来て頂けるのは私たちの誇りです。

 

今の塾生皆さん、保護者の皆様にもそんな風に思って頂けるように、今までの貴重な経験と変わらぬ思いで、ますますパワーアップしていきたたいと思います。

 

夏期講習までに体験授業にどんどんお入り頂いています。

ご希望がありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ!

続きを読む

2021年

7月

06日

【感染予防対策】プロのエアコンクリーニング|真美ヶ丘のエディオン エコールマミ店さん

真美ケ丘の電気屋さんへエアコンクリーニング依頼

期末テストが終わり、1学期の三者懇談や夏期講習まで少し時間に余裕がある今日、エディオン エコールマミ店さんのエアコンクリーニングをお願いし、塾の教室の全てのエアコンをプロの技術でお掃除して頂きました。

 

仕事も手際良く、対応もとても気持ちの良いさわやかな若いスタッフの方が丁寧にしっかりとお掃除をして下さり、教室でエアコンを使用する際のコツも教えて頂きました。

 

さすが家電量販店エディオンさん『もちはもち屋』です。

 

うちの教室のエアコンには全てお掃除機能がついていますが、やはり1年に一度、プロにクリーニングをお願いする方が安全で安心です。

 

たまき塾では夏期講習前のこの時期にいつもクリーニングをお願いしています。 

たまき塾での感染予防対策

昨年、今年は新型コロナウイルスの蔓延で、感染予防のために教室でも

  • 入室時の手指の消毒の徹底、
  • 教室の換気、
  • 生徒間の距離を1メートル以上は離して座席配置、
  • 講師・塾生とも不織布マスクの着用、
  • 机やいすのアルコール消毒

など対策出来ることはすべて行っています。

 

夏期講習も、どの学年も食事をとることがないよう、長時間の授業にならないように時間割を組んでいます。

 

感染予防に関して、し過ぎることはないと思っているからです。

 

おかげさまで今年度も塾を休講にすることなく授業が出来ていますが、感染力が今まで以上に強いといわれるインド型デルタ株の流行に備え、さらに万全を期しておきたいと考えています。

 

なお子さまをお預かりしている責任と、安全に安心して通塾して頂きたいという思いからです。

 

勉強はもちろん大切ですが、健全な身体と心があっての上に成り立ちます。

 

たまき塾ではこれからも出来ることを精一杯行ってまいります。

 

夏期講習の準備も進めておりますが、万一に備えてオンライン授業の準備もしてまいります。

 

『今、塾に何が必要で、どうあるべきか』

 

これをいつも問いながらたまき塾のあるべき姿を考え続け、塾生みなさんのより良い学習環境と保護者の皆さまの安心、そしてご期待に添えるようにしていきたいと思っております。

 

どうぞ安心してこれからの授業や夏期講習にもお越し下さい!
今後ともたまき塾をどうぞよろしくお願い致します。

2021年

6月

26日

【期末テスト対策】副教科も大切に!

【内申点に加算】中学2年生からは副教科も頑張らないと!

いよいよ期末テストが迫ってきています。

たまき塾でも皆がいつもより早くから教室に来て皆が全力で勉強しています。

 

昨日は小学生の授業があったのですが、中学生がいつもより早く来たので

「何年生?」「何時までするの?」

と聞かれました。

「中学1年生、今から10時くらいまで頑張るのよ。」

と話すと、

「え~っ」と目を丸くしていました。

小学生には果てしなく遅い時間に感じるようです。

 

中学1年生の皆さんは、ついこの間までその小学生だったのですから環境や生活時間の変化に対応しながら皆さん本当によく頑張っていると思います。

たまき塾では『早寝・早起き、集中して効率よく!』をおすすめしているのですが、それでも小学生の時とは寝る時間が大違いですよね。

 

期末テストは中間テストの5教科に、さらに副教科が加わり9教科になります。

 

内申点が奈良県の公立高校入試に加算される中学2年生からは、この副教科での頑張りもとても大切です。

さらに3年生は1学期の評価がダイレクトに内申点になりますので、頑張って欲しいものです。

9教科に『職業の基本』が詰まっている

もちろん1年生から9教科をしっかり勉強するスタイルをとっておくことが大切ですし、内申点という観点からだけでなく

 

『皆さんが大人になってつく職業の基本が主要5教科だけでなく副教科にもギュッと詰まっている

 

と考えてみるといかがでしょうか。

 

家庭科が楽しくお料理に興味を持った人はプロの料理人に、
美術が楽しくて時間を忘れてしまうという人はデザイナークリエイターに、
技術で勉強するパソコンなどのITはこれからなくてはならないツールですので全員が将来使っていくことでしょう。

 

 そう思うと
「なんか副教科なんて勉強するのダルイし~」
なんて手を抜くのはもったいないことです。

 

『自分が何をしているときが楽しいのか』

『何に向いているのか』

真剣に取り組まないと発見できません。

 

私がIT個人レッスンをお願いしている先生は、小さなころからパソコンを触っているのか好きだった、と仰っていました。
小学生の頃から車やメカが大好きだった教え子は今、TOYOTAでエンジニアの職についています。
お菓子作りが大好きで、塾に手作りのクッキーを作ってきてくれた子は今、パティシエとして活躍しています。

 

そう、中学生の時に取り組んだことがきっかけで、大人になっての職業が決まっていくこともあるのです。

だからこそ、副教科!

大人になって社会に出たときに必要な知識と財産だと思って、5教科に負けないくらい真剣に取り組んでみてください。

 

たまき塾で対策するのは5教科なのですが、副教科も本当はしたい…。

 

けれどまず塾で5教科の勉強を固めて、その暗記法や集中力を活かして副教科も真剣に勉強して欲しいなと思います。

 

中学生時代50メートル10秒8の超がつくほど運動が苦手な私体育で『4』をつけてもらっていました。

  • 出来なくても必死で取り組んでいた
  • ペーパーテストが100点だった

からです。

 

その経験から苦手なことも本気と努力でカバーできると思っています。

 

私よりずっと運動神経の良い皆さんが『3』の評価だなんて…ともったいなさすぎます。
ちゃんと筆記テスト対策しないからではないでしょうか。

 

『5教科+副教科!』

 

期末テストに向けて勉強を充実・徹底させていきましょう

 

今日も一緒に頑張りましょうね。

2021年

6月

24日

【期末テスト対策授業】ミスをミスで終わらせない!

来週から『期末テスト』スタート!

いよいよ来週から各学校の期末テストが始まります。

 

たまき塾では

  • 6/28(月)~6/30(水)
    上牧第二中学校
  • 6/30(水)~7/2(金)
    上牧中学校広陵中学校真美ヶ丘中学校

各中学校のテストに備えて今週はずっと期末テスト対策授業を行っています。 

 

期末テストは中間テストに比べて、各教科範囲は狭くなり

  • 勉強しやすい
  • 得点しやすい

というメリットります。

 

ただ9教科になりますので、計画的に学習を進めていかないと、

  • 勉強不足
  • 偏った学習になってしまう

という心配もあります。

 

特に定期テストの勉強に慣れていない中学1年生は、ご本人以上に私たち講師が心配…。

 

というわけで急遽、テスト対策演習の日や時間を追加しました!

学校の提出物・ワークなどでの質問も大歓迎だと伝えています。

【塾へ持ち込みOK】評価に大きく影響する『学校の提出物』

定期テストはいくら塾で対策をしても、学校によって、また先生によって問題が異なるために、学校の小テストや、ワークなどをしっかりとやり直しておくことが高得点につながります。

 

ですから決しておろそかにできません。

 

そして定期テストの点数だけでなく、小テストワークなどの提出物も学期ごとの評価に大きく影響します。
たまき塾では、学校の提出物最優先!のスタンスをとっています。

【中学3年生の定期テスト対策】ミスを減らす・本気で点を取りに行く気持ち

中学3年生は『受験学年』ということや、『今までの10回の定期テストの経験から自分なりの勉強スタイルが出来ている』ので、あとは勉強の質・量ともに上げていくのみです。

 

教室でも演習時間や自主トレ(自習学習)の時間はそれぞれ独自の勉強をしています。

 

ただ、昨日の数学の時間に『実際のテスト』を使用し、テスト形式で問題を解くと、いつもながらケアレスミスの連発で、数学担当の講師が
「ここから『どこまで意識をしてミスを減らせるか』が高得点をとるかそうでないかの分かれ目!」
と注意していました。

 

できるはずのことをミスして「本当はわかっているから」と高をくくって問題意識を待たないことが受験生として一番ダメだと繰り返し伝えています。

  • ミスをしてもヘラヘラと平気で終わらせないこと
    『ミスを本気で悔しがり、次に絶対しない!』

と思うこと伸びる子の特長です。

 

2年生には、昨日、私の授業の際に

  • トレーニングの足りなさ
  • 取り組みの甘さ

を全員に指摘しました。

 

出来ているつもり…ではテストの時にはほとんどが解けないのです。

  • 問題見てパッと
    『解き方が浮かぶまでパターン練習』をすること
  • ゆっくりなら解けるでなく
    『全力で速く解く練習』をしておくこと

がとても大切です。

 

普段は出来ていたのにテストではその力を発揮できないなんて残念すぎますよね。

 

何より「テストで点数を取りたい!」と本気で思うが一番大切です。

 

自分の目標点を明確にし、そのために
『何をすべきか』
『どうしたら出来るようになるか』
を常に考えながら真剣に組んで下さい。

 

「テストで点数をとりたい!」

という本気の思いは日々の行動を変える原動力だからです。

 

この「点数を取りたい」という思いが強いほど、なんとなく勉強してみるではなく自分のするべきことをしっかりと考えで行動し、自分に必要なことを考えながら勉強が出来ています。

 

何事もそうだと思いますが「出来たらよいな…」程度では出来るようにはならないのです。

絶対にやってやるのだ!という強い思いがあってこそ、最大限に力を伸ばしていけるのだと思います。

 

この思いを胸に真剣に取り組んでみませんか。

皆さんなら出来る!と心から信じて、私たち講師も全力を尽くします。

2021年

6月

17日

【中学校英語】学習内容に大きな変化!

中学3年生 英語の授業風景 @広陵町の学習塾『たまき塾』

【教科書改定】『英語』スピード&ボリューム大幅アップ

こちらは中学3年生の『英語』の授業の様子です。

 

今まで2学期の学習単元であった【不定詞(2)】が1学期に早々と登場!

さらに高校内容であった【原形不定詞】を学習します。

 

2年生も従来なら2学期に学習していた【接続詞】がUnit2で登場、
1年生ではUnit1で 【be動詞】【一般動詞】【助動詞can】を一気に学習しました。

 

他塾の先生方も、
英語教科書改訂による学習内容の大幅な変更とそのペースに困惑されているそうです。授業の組み立てやテスト対策に必死だ…と仰っていますが、私たちたまき塾でも必死で対策をしています。

 

そう、今年中学校英語は大変なのです。

単語の数と学習内容の大幅アップ、それに伴う学校の授業のスピードで困っている生徒さんは本当に多いと思います。

 

たまき塾でも塾用教材のワークだけでなく、たまき塾独自のプリントを作ってわかりやすく!を心がけていますが、特に1年生の皆さんがまだまだ混乱している様子です。


1学期の中間テストでアルファベットから助動詞canまで…
たしかにこんがらがってしまっても当然だろうと思います。

英語上達の秘訣はズバリ『パクる!真似る!』

英語が上達するには『TTP学習』!

 

『TTP学習』とはたまき塾の造語

徹底的にパクる(まねる)学習。

  • 発音を真似る!
  • 単語の覚え方を真似る!
  • 勉強の仕方を真似る!

イコール・・・パクる‼

 

そして本当に『繰り返し』『慣れ』です。

 

3歳の時に『日本語を話すために塾に通った!』という人はいないと思います。

周りからたくさん浴びせられる日本語のシャワーを真似て、慣れてだんだんと話せるようになったはず。

 

わからなくても『真似する!』
そして『繰り返す!』

すると『出来る』ようになってくる

 

これが語学の基本です。 

 

出来るだけ授業で分かりやすく説明する工夫はしていますが、トレーニングなしで出来るようにならないのは皆さんもお分かりだと思います。

 

練習しましょう!
外国人になったつもりで物まね英語で発音する!
テキストもプリントもノリノリでトレーニングしましょう!

 

『習うより慣れろ』

ということわざは真実です。

 

  • 考え込むより数をこなす。
  • 頭の中で考えながら組み立てるより
    英語の音声が頭に流れるように自分で毎日発音!

 

何より、『英語が話せるようになってカッコ良くコミュニケーションがとれる自分』を想像してみてください。

 

わくわくしませんか?

 

たまき塾では小学生英語も力を入れています。

ですが中学生から英語をスタートしたたくさんの先輩も英語が得意になって卒業してくれています。

 

英語で有名な超難関、秋田県の『国際教養大学』に進学した女の子も、たまき塾中学1年生から英語をスタートさせたのですよ。

 

だから、大丈夫。
まだまだこれからです。

英語を楽しみ、真剣にたくさんの量をトレーニングして出来ることを増やしていきましょうね。

2021年

6月

07日

【たまき塾生が伸びる理由は国語力】中間テストの振り返り

【自己ベスト更新】塾生からの嬉しい報告

先週、広陵中学校真美ヶ丘中学校中間テストが終わって、前週の上牧中学校上牧第二中学校と合わせてたまき塾生全員の結果が出揃いました。

 

今回の中間テストでは嬉しいことがたくさんありました。

 

「テストの結果が悪くて点数を学校で男の子にからかわれた…。だから数をいうのが恥ずかしい。

 

と言っていた中学2年生の女の子がなんと

1年生の3学期と比べて得点

  • 理科は3倍
  • 数学は2倍

に伸びていました。

嬉しくて嬉しくて、授業前の自主トレの時間に二人で乾杯して喜びました。

 

2年生の2学期からたまき塾に来てくれてい3年生の女の子は国語と英語で自己ベスト、大満足の点数が取れました。

頑張っていたのになかなか得点に結びつかず、自信をなくしたり悔しい思いをしているのを見ていたので本当に嬉しかったです。
ハイタッチして嬉しさを共有しました。

 

中学3年の広陵中学校のメンバーは理科で全員90点以上、また合計点で全員400点以上をマーク

 

全員が1年生の時からたまき塾に来てくれていて、自分の勉強の方法も確立できているのでどの教科も得点が安定しています。

 

また、苦手だと思っている教科でしっかり点数をとれたことで、極端な教科の差がなくなっています。お迎えの車を待つ際に全員でイエーイっと喜びました。

次に繋げるための『定期テスト結果報告書』

たまき塾では定期テストが終わると『テスト結果報告書』を全員に自分で書いて頂きます。

  • 今回のテストの得点(平均点)
  • テストでの反省
  • テストに向けてこと頑張ったこと
  • 今回のテストで嬉しかったこと!
  • 次回の目標 

この順番で書くのですが、

  • ちゃんと反省すべき点を見直し
  • がんばったことを意識
  • 気づきから『目標』へ、
    自分でしっかりと考えることで
    頑張る気持ちが高まるように

と思って作ったたまき塾オリジナルです。

 

中学1年生は初めてテスト報告書でしたが、頑張ったテストの点数と共に

 

「初めてのテストでとってもドキドキしました。」

「できたはずのことろで間違えて悔しい~っ」

「小学生の時と違った。正直なめてた…。」

 

など気持ちをたくさん書いてくれていて、講師全員で「可愛い~」と読ませて頂きました。

 

たまき塾ではテストの点数で叱ることはありません。
むしろ厳しい言葉が飛ぶのはテストの前です。

  • わかっているつもりで実は出来ていない
  • トレーニング不足で時間がかかり過ぎている
  • 何度も同じミスばかりしている…
  • 甘いところいい加減なところがたくさんある

言葉は選びますが容赦なく指摘していきます。

 

そのままにしておくと、実際のテストで本人の思っているようには出来ないのが目に見えているからです。

 

テストが終わってその課題をクリアして得点に結びついたら、嬉しくなって自信が出てまた自分で頑張ろうとはりきれるからです。

 

私が一番嬉しかったのは、国語の伸びで記述問題をほとんど全員がしっかりと合わせていることです。

 

一般的に『記述問題は苦手』だと思い込み、空欄で何も書かない子も多いのですが、テクニックに走るのではなく、どんどん間違えても良いから講師の出すヒントを手掛かりに自分で何度もトライ&エラーを繰り返さないと、決して出来るようにならないのです。

【国語力が真の学力のベースに】読解力がなければ他教科にも影響が…

たまき塾の国語 | 奈良県広陵町の学習塾(中学生・小学生)

たまき塾では写真のように『記述問題の答えを探し、適切に書く』ということを含め国語の時間をとても大切にしていま

 

保護者の皆さんの関心の高いこともあり、一般に多くの学習塾では英語・数学に力を入れがちですが、国語の力をつけることは今後の学習に非常に大きく影響します。

 

授業の説明も問題も日本語ですから、その日本語の理解・読解がしっかり出来ていないと内容が難しくなるにつれて伸び悩んでしまうのは当然だと思います

 

テストで得点が取れてやる気や自信につなげられることと同じくらい勉強の根幹になる『真の学力』をつけていく取り組みをしていきたいと思っています。
小学生の時の勉強も本当に大切です。

 

たまき塾で『真の学力』とやる気と自信を育んで頂けるように、私たち講師も日々アップデートし続け、皆さんと共に励みたいと思います。

続きを読む

2021年

6月

03日

【小学生・保護者の皆さんへ】たまき塾で学んで欲しいこと

【今の塾がしんどい】他塾に通うお子さんとお母様がたまき塾へ

昨日、たまき塾に不意にお客様が来てくださいました。

可愛い女の子とそのお母さまです。

 

お話を伺いますと、『今通っている塾がしんどくてお迎えの車に泣きながら帰ってきた』とのことでした。

お家では落ち着いてできるのだけれど、どうしても塾のテストではできなくなってしまうと仰っていました。

【大手有名塾を1週間でやめた】塾長 玉森の塾デビュー

実は私も小学6年生の時に有名な塾の入塾テストに合格し、初めて電車に乗ってはりきって塾に行ったのですが・・・

通いだしてすぐに母親に「塾をやめたい。」と泣いて訴え1週間でやめてしまった過去があります。

 

たくさんの教材を購入し、入塾金など全て出してもらったのに本当に申し訳なかったのですが、教材に押しつぶされる夢を見てうなされる毎日だったのです。

塾の授業を受けたのはたったの3日でした。

 

周りのお友達が賢く見え、授業が全くわからなくてどんどん自信がなくなってしまったのだと思います。

 

あの時、もし母に促されてその塾に通い続けていたら…
私は勉強が嫌いになっていたかもしれません。
自分に自信がもてなくなっていたかもしれません。
泣きじゃくる私の背中をなでて、何も言わずに退塾の手続きをしてくれた母に心から感謝してます。

 

私の塾デビューはこんな感じでした。
その後中学1年生は塾にも通わず自分で勉強して、2年生になるときにある塾にお世話になりました。

 

その塾で塾長先生はじめ、先生方が大好きになり塾に行くのが楽しみになりました。

 

そのうちに勉強が楽しくなって、言われたことを素直に真面目にしていたら、気づけば成績も上がり「勉強はしたらできるのだ」と自信も持てるようになっていました。

 

どんなに有名な塾でも、どんなにすばらしい実績が出ていても、そのお子さんに合っていないのなら本人にとっては苦痛でしかありません。

 

長年、塾講師をしていますが自信をなくし勉強がつらくなるくらいなら塾になど行かない方が良いと思っています。

 

たまき塾の『数学の神』、数学の偏差値80の講師も

 

「自分で考えることよりテクニックに走ったり、
テストで追い立てて脳のキャパを狭めるような教え方をされるなら、塾など行かない方が良いと思います!
勉強が楽しくなくなりますからね。」

 

と同意見でした。

中学生でつまづく原因『小学生の時の勉強不足』

小学生で塾に通うことをを否定しているわけでは決してなく、
学ぶ楽しさや考える道筋を示し、
そのうえでどんどん意欲的に学習に取り組めるように
もっていくことが一番大切だと思っています。

 

中学生で困っている子をよく見ていると、

  • 小学生の分数が出来ていない
  • 割合が出来ていない…
  • 小学生の漢字の読み書きがおぼつかない
  • 本をほとんど読まずに中学生になっている

など小学生の勉強不足が原因だと気づくことが多々あります。

 

逆に

 

小学生での学習内容がしっかり理解できている

その後の学習がスムーズ

ご本人にそれほど負担がかからない

 

ということなのです。

 

わたしたちたまき塾では、小学生中学生もカリキュラム通りに授業することはありません。

 

授業してみて前の学習単元が出来ていない場合は、

 

もう一度そこに戻って説明

練習してクリア!

 

この流れを徹底します。

そこを理解しないと次のことが理解できずに前に進めないからです。

 

多少時間はかかりますが、その後の伸びは格段に違います。

 

少人数徹底指導ならではだと思いますが、そこが高評価を頂いています。 

 

今春、たまき塾を卒業した14期生は小学6年生からたまき塾に通ってくれた子が多かったのです。

 

国語が得意な子が多かったのは、小学生のころ国語の授業で色々な本を紹介していたので、「本が好きになったから」だと嬉しいお言葉を頂きました。

 

中学3年生の模擬テストでは国語の偏差値は70を超えることがありました。

 

小学生6年生のころ、分数が苦手で4年生の学習内容に分数の足し算が出来なかった女の子は、算数から数学までしっかり学んで畝傍高校に進学してくれました。
ご本人も親御さんもとても喜んでくださいました。 

 

今、勉強で悩みがある小学生の皆さん、保護者の皆さんに【たまき塾からのメッセージ】が届きますようにと思いを込めてこの文章をつづっています。

 

たまき塾の卒業生で皆さんと同じように『勉強につまって自信がなかった』からたまき塾に来て、勉強が楽しくなり、わかって出来るようになった先輩塾生が講師で戻ってきています

 

私も講師たちも、皆さん気持ちがわかります。そして出来るようにしたいと思いを込めて、楽しくわかりやすく授業をして皆さんの勉強でのサポーターになりたいと思っています。

 

小学生の皆さん、保護者の皆さま、

たまき塾の体験授業を受けて頂きたいを思っております。

どうぞお気軽にご連絡下さいませ。

続きを読む

2021年

5月

26日

【中間テスト対策】広陵中学校・真美ケ丘中学校バージョン

今日で上牧中学校上牧第二中学校中間テスト終了しました。

 

皆さん、おつかれさまでした。

2年生・3年生の皆さんは今までで一番頑張っていたと思います。

 

今日は塾の授業もお休みにしていますので頑張ってきた分、ひと休みしてくださいね。 

 

また保護者の皆さまにもテスト対策で日々の送迎でご負担をおかけいたしました。

お忙しい中、連日の対策授業や演習日でご協力頂きまして誠にありがとうございました。

 

広陵中学校真美ヶ丘中学校の皆さんは今週月曜日から中間テスト1週間前に入っています。

 

たまき塾では写真のように各学校・各学年テスト範囲を掲示し、講師がそれぞれの科目での対策に活かしています。
何度も各中学校のテスト範囲を確認して不備がないように対策や教材を準備しています。

広陵中学・真美ヶ丘中学(たまき塾の定期テスト対策)

テストが終わってこの範囲表をはがすとき「終わった~っ!」と達成感と解放感を味わいます。

皆さんと同じかもしれませんね。

 

ところでテスト前になると、授業中になんだか眠たそうな子がチラホラ見受けられます。
テスト勉強を頑張っているのかもしれませんが、学習効果としてはどうでしょうか…心配です。

 

私も中学生時代に経験があるのですが、夜遅くまで勉強できると思うとダラダラしてしまう傾向にあります。『遅くまで勉強したという満足感』は残ると思いますが、次の日は疲れてぼ~っとしてしまい、学習効率が非常に悪いのです。

 

たまき塾ではしっかりと寝て食べて水分補給して、集中して効果的に勉強することをすすめています。

長期的に伸びる子を見ていると、テスト前でもしっかり寝て元気に塾の授業に来ている子ばかりです。

 

科学的にも質の高い睡眠と学習効果の因果関係が示されています

 

1時間にコップ1杯程度の水分補給を意識的に行うことも学習効果を高めるそうですし、もちろん食事で栄養をしっかりとらないとパワーもでません。

 

『勉強』は学習時間や内容だけでなく、どのような状態でどのような戦略でするかがとても大切です。
せっかくがんばっても、集中力がない状態やダラダラとした時間が多くては、成果につながらずにもったいないと思っています。

 

たくさんの生徒さんを見ていて、成果がなかなか出ないお子さんはけっして勉強が苦手なのではなく、勉強の仕方が不十分な場合が多いと思います。

 

たまき塾ではテスト勉強のスケジュールを自分でするための学習計画表『合格への道』2年生・3年生に配布し、計画的に総合的に勉強する術を身につけるように声掛けしてます。

 

1年生は初めてのテストですので、講師が付きっきりでどんな勉強をどれだけしたらよいのかを説明しながら、テスト対策しています。

 

せっかくの皆さんの努力を最大限の学習効果につなげて頂きたいと思っています。
がんばっている皆さんをもっともっとサポートできるように講師も力を合わせて精一杯、テスト対策に励みます。

 

「努力してよかった」という勉強での成功体験をこの中間テストでして頂ければ嬉しいです

2021年

5月

20日

【たまき塾の伝統】オリジナル手書きプリント

奈良 広陵町の学習塾『たまき塾』のオリジナル教材 英語プリント(定期テスト対策)

オリジナルプリント『たま単シート』

写真はたまき塾の英語の中間テスト対策プリントです。今年から教科書が改訂され、学習内容が大きく変更されていますし、覚える必要がある英単語もグンと増ていますので、出来るだけ早くに内容が頭に入るように工夫して作成しています。

 

手書きのプリントたまき塾伝統のものです。
『わかって欲しいこと』
『間違えやすい問題』
『入試問題』も含めています。

 

ありがたいことこの手書きプリントが大人気です。
手書きの字は温かみがあり、なんだかほっと和むそうです。講師それぞれが心を込めて書いているからかもしれません。

 

「先生、たま単シートを下さい」
英語が得意な女の子が一番早く言いに来ます。

もうサポートプリントなど要らないレベルだと思うのですが、テスト前にはお決まりのルーティーンのようです。

 

『たま単シート』は手書きで単語が覚えやすいように作ったプリントですが、初めて『たま単シート』を使って覚えた中学1年生の時からずっと、テスト勉強のお供になっているようです。

  

うちの講師はたまき塾の卒業生が多いのですが、やはりこの手書きプリントが嬉しかったと話してくれ自分たちも、それぞれ工夫を凝らして授業やテスト対策のプリントを作っています。

その姿を見て、嬉しいなと思っています。

 

 『数学の神』と呼ばれるたまき塾の数学を引っ張ってくれているベテラン講師は全問、解説を書き込んだフル解説プリント】をたくさん作ってきちんとファイルに管理しその時々にそれぞれに合わせて必要な問題&解説をどんどん渡しています。

 

「大切な学習時間に無駄のないように適切に必要なプリントを…」と心がけてくれているのがありがたいです。

 

塾生それぞれのお顔を思い出しながら、

「きっとここでつまるはず…」

「こんな質問をするだろうな…」

などと考えながらプリントを作成します。

そしてちょっとしたイラストやコメントも書き添えます。

せっかくの勉強を楽しんで欲しいからです。

 

さあ、今日も定期テスト対策授業です!

パソコンで作ったプリント手書きプリントも、すべて『講師の思い』が詰まっています。

皆さんがしっかり勉強して、出来ることを増やし、得点をグンと伸ばせるように!

 

テストが終わった時に「がんばってよかった!」と喜べるように今日も頑張りましょうね。

2021年

5月

13日

【中学校別】定期テスト対策と自習サポート

【中学校別】時間割・カリキュラム・自習サポート

今年度のたまき塾は、

  • 広陵中学校
  • 真美ケ丘中学校
  • 上牧中学校
  • 上牧第二中学校

の4つの中学校の生徒さんが通塾して下さっています。

 

こちらの写真は6月度の時間割で各学年、各学校別に時間割を作成しています。

 

それぞれの学校で中間テスト範囲が違いますし、日程も5/24(月)~6/1(火)と各学校で異なっていますので、それぞれの学校に合わせた時間割を作成しています。

 

年間のカリキュラムに沿って一斉授業をしている大手の塾と一番違うのは手厚い【定期テスト対策】だと自負しています。

 

一斉の授業を一旦ストップして

  • 範囲別・学校別の授業に切り替え
  • 講師も総動員して『一人一人の理解度や仕上がりに合わせたテスト対策

を行っています。

ある講師は初めてのテスト対策演習に入り「全員の集中している様子がすごかったです!」と驚いていました。その彼女も今や生徒を引っ張ってガンガン対策演習を行っています。

 

学校の提出物の進み具合をチェックし『自主トレ』と呼ばれる習時間には提出物のワークに取り組んでいる子もいます。
講師たちは学校のワークの質問も喜んで受けます。

定期テスト学校のワークからの出題が多い』ので、提出物のワークは進められ、テスト対策にもなって『一石二鳥』だからです。

 

ただテスト前でも毎日塾で勉強でなくお家での学習も重要視しています。

『塾での学習』と『自宅学習』で『熟成させる学習』

塾で説明されたり質問してわかったつもり・出来たつもりになっていても繰り返したり覚えたりする『熟成させる学習を自分でしっかりと時間をとって行わないと決して身につかないからです。

 

定期テストは、スポーツの試合のようなものです。
自分では出来ているつもりでも実際の試合で力が出せない、これではいけませんし試合があるからこそ日々の練習にも力が入ります。

「勉強したつもり…」「わかったつもり…」の学習から『実践力をつける学習』に切り替える良い機会だととらえています。

 

塾生皆さんがどれだけ本気で「点数をとりたい!」という思いで努力を重ねるかが一番大切です。
塾ではどれだけ頑張っていてもお家での学習がいいかげんになっていては効果は望めません

 

ですから「出来るようになりたい、点数を取りたい!」という思いをしっかりと持てるように授業だけでなく各学年各教科で宿題チェックを日々行っています。


各教科の宿題はすべてのページに講師が目を通します。出来ているところ・出来ていないところの把握をし、やり直しも出来ているか確認しコメントを書いて返却します。

 

たまき塾の定期テスト対策

  • 一人一人の学習状況に的確に対応できる講師の力量
  • しっかりポイントをとらえた少人数徹底指導

この両輪で成果を上げたいと思います。

 

塾では手厚く一人一人に必要な指導して、各教科の課題をしっかりと伝え、お家で分の課題をしっかりと自分でトレーニングし克服することバランスがとても大切です

 

『勉強は究極の団体戦』

皆で良い刺激を与えあって成長していってほしいと思っています。

2021年

5月

08日

【たまき塾で精神的成長】部活動での躍進!

【たまき塾でポジティブに】保護者の方から嬉しいお言葉

先日、塾生の保護者の方から、

「部活動の春期大会の個人戦でベスト8に入賞した」との嬉しいご報告を頂きました。
そしてその結果はたまき塾に変わったことが大きく影響していると仰って頂きました。

 彼女は他塾からうちの塾に転塾されたですが、

 

たまき塾に変わってからポジティブ思考に変わり、難しい試合でも粘り強く戦えるようになりました。精神的にも成長させていただいています。塾の在り方の概念が変わりました。本当に大切なことを先生方から教えていただいています。」

 

このようなお言葉を頂くと本当に嬉しくて励みにもなります。

 

個人戦のベスト8のみならず、団体戦では優勝したそうです。授業の際に報告しますと「おお~っ!」とクラスの全員が拍手していました。

うちの塾ではこのように塾外の活動の成果も授業で報告して、皆で喜びます。
嬉しいことですし仲間の頑張りは他の皆のモチベーションアップにつながるからです。

 

『勉強は究極の団体戦』がモットーのたまき塾では、皆それぞれが一人一人を尊重しているところが自慢です。
皆がベタベタとした感じでは全くなく、それぞれがお互いに認め合っている感じがします。

たまき塾では講師・塾生の仲間と『目標達成意欲』をアップさせます

ところで、勉強が出来るようになるためには・・・

 

まず第一に本人の意識を変えていく必要があると思っています。

 

勉強することの意義や目的を伝え明確な目標を設定して出来るようになりたいという強い気持ちをかき立てることが大切だからです。

 

どんなにわかりやすく説明しても、本人に受け止めるガッツがないと吸収できません。特に今、中学1年生は塾長の玉森が担当してそのことを伝えています。

 

そのうえで、解いただけで終わらず、出来ていないところをやり直して、その問題が自分でスラスラ出来るまで反復トレーニングする『勉強の仕方』を徹底しています。

 

その成果が、ゴールデンウィークの宿題でした。
例年に比べて多くの宿題を出したのですが、なんと!
全員がちゃんとその宿題を真剣に取り組んで提出できていました!とっても素晴らしいことです。

 

勉強が出来る環境にあることや、ご家族のサポートへの感謝の気持ち、そして先生や仲間とのかかわりなど、話します。これはたまき塾の共通認識です。皆、真剣にとても良い目をして聞いてくれます。

 

この言葉の一つ一つの積み重ねや頑張ったことが成果に出来た喜びの成功体験が『精神的成長』につながっているのかもしれません。

 

私だけでなく、講師がそれぞれ自分の体験を踏まえて、生徒たちの気持ちを奮い立たせる話を授業の中でしてくれます。
皆で良いことはシェアして、苦しいことも分かち合える存在こそが『真の仲間』ではないでしょうか。

 

学校の友達とはまた違う『塾友』、『仲間』の存在がとても大きいと思っています。これからもたくさんの喜びをシェアしていきましょうね。

2021年

4月

29日

【真美ヶ丘で15年目の学習塾】努力を実らせた教え子が講師デビュー

【真美ヶ丘で15年】たまき塾が続く秘訣は卒業生が講師として大活躍するから

【講師になった教え子】彼も初めは数学が苦手だった

こちらは先日行った中学3年生の『欠席振替授業』の様子です。

 

思わずカメラを向けたのはとても嬉しかったから。

 

実は前で教えている講師は、この3月に、現役で国公立大学の経済学部に合格したたまき塾の卒業生
4月はベテラン講師(数学の神)について授業のアシスタントをしてくれていて、この日が初めての本格的授業デビューでした。

 

受験学年になって頑張りだした中3生を、たまき塾で頑張った先輩が教えてる姿が嬉しくて…。

 

彼を教えてくれた講師にラインで報告したら、

「やっぱり嬉しいです。彼なら安心して任せられます。」

と太鼓判を押してくれました。

 

中学1年生の5月に入塾してくれた彼は、最初、数学ができなくて…。

入塾懇談でお母さまが「グループ授業は無理だと思うので少人数授業にして下さい。」とおっしゃったと記憶しています。

 

その彼が努力を重ねて、近畿大学附属高校の中でもレベルの高いSuper文理コースで合格し、高校3年間常に上位の成績をキープし続けるのにどれだけ大変だったか、はかりしれません。
そして中学校から6年間の努力を実らせて志望大学に合格し、たまき塾に帰ってきてくれました。

本当に嬉しいことです!

 

たまき塾の自慢は、 

『塾生が努力してよくなっていってくれること』
そしてそれがリレーのようにどんどん続いていくことです。

 

教育熱心で有名で色々な塾が多くあるこの真美ヶ丘地区の中で15年間やってこられたのは、この塾生たちの努力の結果に対する揺るぎない自信です。 

 

今年で15年目を迎えるたまき塾、そして私が講師デビューをしてから早いものでもう30年です。 

 

節目の年を新しく移転した教室で、

  • たまき塾を信頼して下さる塾生皆さんや保護者の皆さま
  • 心優しい建物(テナント)のオーナーさん
  • いつも熱心なご指導で敬服する『市川道場』の市川先生
  • 数多くの高校の先生方や塾長先生の皆さん
  • 常により良いテキストを紹介し提供して下さる教材会社の方々
  • たまき塾を全力で支えてくれる講師たち

このようにたくさんの方々のお力添えで、たまき塾の今があることを心から感謝しています。

 

たまき塾の自慢の教え子が、自慢の講師になって皆さんのご期待に応える授業や指導を行えるように、厳しく熱くしっかりとたまき塾イズムを指導してまいります。

 

これから、皆さんの輝かしい未来を皆さんと一緒に目指す、新たなたまき塾と講師一同を今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

2021年

4月

28日

【中学教科書改定】この春から学習内容ボリュームアップ!

【真美ヶ丘・広陵町の学習塾】たまき塾のテキスト・問題集

たまき塾も教科書改定にしっかりと対応!

今年4月から中学校の教科書が全面に改訂されています。
以前にもこのブログでお伝えしたように特に英語大きな変化がありました。

※過去の記事はこちら

 

具体的には今まで高校生で習っていた内容の

  • 原型不定詞
  • 現在完了進行形
  • 仮定法過去

 

の3単元が中学3年生の学習内容に変更されました。

 

それに伴い今までは3年生で習うはず単元が2年生に、2年生で習う範囲は1年生にスライド式におりてきています。

 

また覚えなければならない英単語の数がぐんと増えています

 

中学1年生では

  • 今まで2学期に学習していた『一般動詞』
  • 3学期に学習していた『助動詞 can』

これらが早くも1学期の Unit1で登場します。

 

 

英語楽しさや学びたいという意欲をかきたてつつ、学習単元をスピーディーにマスター出来るように、問題集以外にもこのようなプリント教材を使用し、工夫しながら授業のスピードと質を上げていきたいと思います。
たまき塾お得意の手書きプリントも目下作成中です。ご期待くださいね。

【明日からGW】休日は『リフレッシュ』と『本気の15分の勉強』

さて、明日からゴールデンウィークです。

 

ちょっと一息、新学期の疲れをとることも大切です。
皆さんそれぞれのベストな方法で思いきりリフレッシュしてくださいね。

 

ただ塾生にいつも言っています。

 

今日はお休みだから歯磨きしない!とか今日は部活でへとへとだから歯磨きしない!なんてないよね。
歯磨きは習慣だからどんな時もして当たり前。
しないと虫歯になっちゃう…
勉強も習慣にしてしまえば、どんな時もして当たり前!じゃない?」

呼吸をするように勉強するのが当たり前、習慣にしておくとこれからの皆さんの伸び率が劇的にアップします。

 

どんなときにも思いきり本気で15分真剣に勉強してみましょう

それで皆さんの『やる気スイッチ』が入ります。

心理学的に言うと『作業興奮』
…しているうちに楽しくなってくる、のってくるということにつながります。

 

ゴールデンウィークはカレンダー通りのお休みをいただきますが、それぞれの学年でミッション(宿題!)とその取り組み方をお伝えしています。

 

今、上手に時間の使い方を工夫して【できる自分】になってみると素敵ですね。 

2021年

4月

27日

【睡眠の質向上】リフレッシュ方法を共有して皆で元気に!

【塾生達を元気に】講師が『元気になる秘訣』を提案

最近、塾生皆さん、特に中学3年生の授業で『いつもより疲れている様子』が気になっていました。

 

4月になって以前よりずっと頑張っている様子は伝わっていて、けっしてやる気がないわけではなさそうなのに...なんだか眠そうでぼーっとしていると感じていて『皆が元気になる秘策』はないかと講師に相談したら、こんな可愛いプリントをサッと書いてくれました。

たまき塾 皆が元気になる秘訣

皆、少なからず同じことを感じてしっかり眠れていないのかもしれません。

実は私も夜中2時と4時に必ず目が覚める日が続き、朝起きても「なんかダルい、こんなのは自分だけかな」と思っていました。

 

そこで聞いてみますと、わりと皆

  • 「眠るまで時間がかかる」
  • 「朝起きてもなんか疲れている」

とか話してくれました。

 

春は疲れが出やすい季節です。
環境が変わったり昼と夜の温度差が大きかったりで自律神経が乱れやすい上に、毎日のように報道される新型コロナウイルスの感染拡大…。

 

大人でも疲れてしまうこの状況、小学生中学生の皆さんも日々、少しずつほこりが積もっていくかのように心に溜めてしまっているのかもしれません。

 

だからこのプリントに書いてくれたように

  • 自分を癒すために何かして良いんだよ
  • 決してダラダラさぼっているのではなく、意識的に自分のリフレッシュ方法を実践してみると、また元気に頑張れるよ

というメッセージは私もなんだか嬉しくほっとしました。

 

 

十分過ぎるほど大人である私自身も、

  • 「もっと頑張らないといけない」
  • 「自分は甘いのではないか」
  • 「まだ出来るはずなのに、さぼってしまっているのではないか」

とどこか自分を責めていたような気がします。

 

塾生の皆さんにも、リフレッシュするためにしていることを書いてもらいました。

すると絵や言葉で自分がしていることを伝えてくれました。
わあー、それ良さそう、真似しちゃおうと思いましたし、何より 書いているときの皆さんの表情がとても嬉しそうでイキイキしていました

 

図らずも4/24放送の『世界一受けたい授業』でスタンフォード大学で睡眠を30年以上研究され『スタンフォード式 最高の睡眠』の著者、西野 精治先生が『今夜からよく眠れる9つの睡眠ルーティン』についての授業をされていました。

 

良い睡眠をとらないと感染症にかかりやすくもなってしまうそうです。
さらに疲れやすく集中力を下げてしまう、大変な問題です。
睡眠不足だけでなく、睡眠の質が悪い『睡眠負債』を防ぐ方法をここでシェアさせて頂きます。
簡単に取り入れらるものばかりですので、ぜひ皆で睡眠の質を上げて元気になりましょう!

今夜からよく眠れる9つの睡眠ルーティン

① 寝る90分前40度のお風呂に15分浸かる 

② パジャマに着替える

③ を冷やす

④ 眠る前に大さじ1杯のはちみつをなめる

⑤ を向いて寝る。

⑥ 寝る前に次の日にすることをイメージする

⑦ 朝ごはんをよく噛んで食べる

⑧ 寝る30分前耳をマッサージ

⑨ どうしても眠れないときには睡眠を分割!(日中20分のお昼寝をする)

続きを読む

2021年

4月

16日

【体験授業・入塾】多数のお問い合わせに感謝|新しい仲間と共に!

【広陵町の学習塾】たまき塾 授業風景|奈良県北葛城郡

【体験授業・お問い合わせ】たくさんありがとうございます!

今年はおかげさまで、入塾お問い合わせを例年より多くいただいております。

 

先日、新中学3年生お問い合わせを頂き、体験授業にお越しいただきました。 

 

他塾からの転塾をご検討とのことでしたので、今まで通っていらっしゃった塾のことも伺いました。「ええ~っ。」と驚くことがたくさんありましたし、購入教材の多さに驚きました。

実際にそんなに使うのだろうか…

そんなに出来るのだろうか…

というくらいの冊数と金額でした。

 

たまき塾で当たり前だと思っていることがそうでないこともたくさんでした。

 

【他の塾との違い】たまき塾はこんな学習塾

うちの塾では授業でも懇談でもその子のプライドを傷つけるような叱責をしたり、言葉を投げかけることは絶対に致しません。

『マイナスの言葉』は心に強く残ってしまうからです。

 

できるだけ嬉しくなって「もっと頑張ってみよう」と思えるような言葉かけを意識的にしています。

 

私自身、中学生の時とても気にするタイプでした。

キツい言葉を投げかけられると平気なふりをしてはいても、本当は傷つきずっと心に残ってしまいます。残念ながらプラスの言葉よりマイナスの言葉の方が影響力が大きいのです。

 

体験授業では真剣に取り組んでいる様子がとても素晴らしくてそれを褒めるととても嬉しそうな表情がマスクをしていても伝わってきました。

数学の担当講師もニコニコしながら「よくできていて計算のスピードもすごいね。」とほめていました。

 

たまき塾真美ケ丘中学校の校区にあるのですが、真美ケ丘中学校だけでなく、広陵中学校上牧中校上牧第二中学校と今は4つの中学校の生徒さんに塾に通って頂いています。

 

塾生の皆が塾は『勉強するところだ』と思っているので、休み時間も仲良しでかたまって話すことはほとんどありません。
どの学年も皆自分の席で、水分補給したり次の授業の準備をしたりしています。

 

そして講師を中心に皆で学校のことや部活のことなどを話していることもあります。
全員がたまき塾の教室で『自分の居場所』をちゃんと持っていてリラックスして過ごしてくれています。

 

今までも他の塾から転塾された生徒さん

「今まで塾に行く前にしんどくなってお腹が痛くなっていた。」
とのお話を聞くことがありました。

「クラスを落とされるのが嫌で仕方なくて勉強していた。」
とお聞きすることもありました。

それで点数が上がるかもしれませんが勉強の本来の目的からは逸れてしまっています。

 

今回、体験授業を受けて頂いた生徒さん今週からたまき塾の仲間になってくれました。

お母さまが

「塾から帰ってあんなに機嫌の良いあの子を初めてみたと家族が驚いています。」
とおっしゃってくださいました。嬉しいことです。

 

中学1年生が可愛くて…皆とっても張り切っています。授業前の質問が一番多いのも1年生です。
中学2年生は、1年間でずいぶん成長され、落ちついて勉強に取り組んでいます。

中学3年生は、宿題の取り組みや演習時間での解くスピードが格段に上がっています。
今までと別人のような子もいて嬉しい驚きです。

 

もし今通っていらっしゃる塾でしんどい思いをしているなら、お友達でそんな様子をしている子がいたら…たまき塾のホームページを見るように一声かけて頂けたらと思います。

『たまき塾』のホームページ 検索方法

  • たまき塾のホームページアドレス https://tamakijuku.jp/
  • Google検索で「広陵 学習塾」で検索結果上位に出てきます
続きを読む

2021年

4月

08日

【2021年4月 教科書改訂】ボリュームも難易度もアップ!

日差しいっぱいのたまき塾の教室です。

お昼はブラインドを下ろしておかないと暑いくらいの陽気です。春って本当に良い季節ですね。

このような陽気の中、たまき塾では月曜日から新年度授業がスタートしています。

 

おかげさまで新入塾のご希望を例年より多数いただき、各学年活気があるので教室もイキイキとしているように感じます。

【教科書改定にも対応】新年度初日の授業で行なったこと・話したこと

小学6年生  ( 春期講習での内容)

小学6年生の授業は5年生で学習した、

  • 分数足し算・引き算・掛け算・割り算
  • 割合の単元

を徹底して総復習しました。これらは中学校でもとても大切で必要な単元です。

 

※6年生の新年度初回の授業は明日4/9(金)に行います。

中学1年生

中学1年生の授業は、まず、

  • 中学生としての勉強方法

をオリエンテーションしました。

小学生とは勉強の量も仕方も変わりますので、定期テストに備えて日ごろしておく勉強の大切さを説明しました。

 

そしてこれから一番大切なこと、

  • 間違えた問題や出来なかった問題をやり直すためのたまき塾『パワーアップノート』の使い方

を説明しました。

 

春期講習では午後5:10~7:00の早めの時間帯だったので、新年度授業の午後7:15~9:40の授業は疲れなかったか初日の授業で聞いてみますと 

「大丈夫です!楽しかったから、もっと授業を受けたかったです!」

と嬉しい感想を聞かせてくれました。

 

続きを読む

2021年

3月

30日

【たまき塾卒業生の今】

【兄妹の3人が元たまき塾生】元講師の訪問と嬉しい報告

今日、たまき塾卒業生講師としても長年頑張ってくれた女の子が塾に遊びに来てくれました。

 

連絡があった時、何か良いことがあったのかしらと思っていたのですが…大正解!

 

転職して4月1日から新しい職に就くという報告でした。

ずっと以前から希望していた大学職員に採用されたとのことです。

「おめでとう!よかったね。結婚の報告かと思ったわ。」

と言うと、実は…と彼女のお兄さんが結婚したのだとさらに嬉しい報告をしてくれました。

 

お兄さんたまき塾の卒業生なのです。

立ち上げたばかりのたまき塾に通ってくれていた2期生でした。

真美ケ丘中学校に通い、クラブチームで活躍する野球少年だったのですが、見せてもらった写真には美しい花嫁さんの横で満面の笑顔の、大人になった立派で晴れやかな彼の姿がありました。

 

もう一人の妹さんもたまき塾生で(ありがたいことにごきょうだい3人がたまき塾の卒業生なのです…)この春、希望していた保育士として社会人生活をスタートさせるそうです。

 

ごきょうだい3人がこの春に希望に満ちた新生活をスタートさせること、そしてその嬉しい報告に顔を見せに来てくれたことに胸が熱くなりました。

 

講師を務めてくれた彼女も転職を前にたまき塾に久しぶりに来て自分の原点』を振り返ることができたと喜んでくれていました。

 

実は彼女は決して最初から優秀だったわけでなく、初回の授業ではいつも戸惑い、何でもスッと一度に理解は出来ないタイプの生徒でした。

 

けれども、真面目で素直な彼女はその後しっかりと復習して練習してくるので次の週の授業ではだれよりも速く解けるようになっている…その繰り返しでつかんだ畝傍高校合格でした。さらに努力を継続し国立の大阪教育大学に見事に合格し、たまき塾の講師として戻ってきてくれました。

 

大学では沖縄舞踊のエイサーのサークルに入り、その隊長を務めながら膨大な時間とエネルギーを費やして予習をし、どの教科も見事に担当して塾生たちに力をつけてくれました。

そして自分の経験も踏まえてやればできるのだと塾生たちを励まし続けてくれました。

 

4回生の学園祭に彼女のエイサーの演技を見に行かせてもらったのですが、堂々と自信に満ちてイキイキと舞っていた姿に感動したことを昨日のことのように覚えています。

何事も手を抜かず真剣に、情熱をもって取り組んだ4年間がその演技から伝わってきました。

 

たまき塾生の時から、10年以上も私が書いた手紙を全て大切にとってくれているそうで驚きました。

講師を卒業する時に彼女から頂いた思いのこもった手紙は私の宝物です。

 

ごきょうだい3人ともがどんな時にも言い訳をしない潔さを持っていました。それぞれの性格で差はありましたが、とても明るく前向きで努力ができる子たちでした。

だからこそ『今』があると思います。

 

「努力したことは、その時、直ぐには結果にはつながらなくても、必ずいつか自分の力として活かせ、チャンスをつかみ前に進める力になるのだ」と彼女と話していて改めて感じました。

 

彼女が帰るときに、新中学1年生の可愛い女の子が教室に入ってきたので「たまき塾の先輩なのよ」と紹介しました。

 

今日来てくれた『夢を叶え新たな道に進む彼女』も、中学1年生になる春にたまき塾に入塾されました。そのころをとても懐かしく思い出しました。

未来からの手紙、未来からの嬉しいメッセージのような気がした嬉しいひと時でした。

 

明日から4月、今年も一緒に頑張りましょう。

未来のあなたへと続く道を一緒に歩きたいと思っています。

2021年

3月

25日

【たまき塾14期生卒塾】志望校全員合格

志望校全員合格|この経験はこれからの人生の宝物

奈良県公立高校入試合格発表がありました。

 

たまき塾の14期生全員がそれぞれの志望校合格してくれました。

コロナ禍の1年でしたが、本当に皆、よく頑張ってくれました。

 

たまき塾で最良の合格実績もですが、何より全員が全力で志望校に向かって努力して本番挑んでくれたことが嬉しかったです。

この思いと経験は皆さんのこれからの人生の宝物になってくれると思います。

 

毎年行っている合格&卒業パーティーには全員が参加してくれました。

 

短い時間で飲食もせずに、全員が全員に色紙にメッセージを書くという昨年からの『コロナ禍スタイル』ですが、皆とっても嬉しそうに楽しそうに過ごしてくれていました。

卒塾生たちへ講師からのメッセージ

最後に講師全員が、卒業する14期生にメッセージを伝えてくれました。

 

  • 皆さん、おめでとうございます。よく頑張りましたね。
    私は授業で皆さんを担当はしていませんでしたが、皆さんが必死で勉強を頑張っている姿をみていて「すごいな」と思っていました。
    私も、たまき塾の卒業生です。
    高校ではたまき塾で身につけた勉強法やつけた力で塾にも行かずに、第一志望の国立大学に合格できました。
    皆さんも、たまき塾でしっかりと勉強の仕方や実力を身につけているはずですから、これからも頑張ってください。

 

  • 皆さん、ご卒業・合格、おめでとうございます。高校生活は楽しいこともあると思いますが、苦しいことやしんどいこともあると思います。
    そんな時にはつぶれてしまう前に必ず誰かに助けを求めてください。
    絶対一人で抱え込まないこと!
    つぶれてしまう前にちゃんと助けを求めて乗り越えていってくださいね。
  • 「あ、世知辛いことを言いますが、高校の宿題は必ず早めに手を付けて終わらせておいてね。高校の勉強って思っているより大変ですから、良いスタートを切ってくださいね。」

 

  • 皆さん、おめでとうございます。高校に行っても十分に余裕がある力をつけて卒業してくれると思うから、絶対頑張ってください。皆が必死で頑張っていたから自分の時よりずっと緊張しました。全員が一番行きたい高校に行ってくれて本当に嬉しいです。また、塾に顔を見せに来てくださいね。」

 

  • 長い間講師をしていてたくさんの思い出があります。いっぱい楽しいことがありましたが、自分が教えた生徒が講師で戻ってきてくれることが一番、嬉しかったです。これからも卒業した皆が講師のバトンをつないでくれることを楽しみにしています。先生も4月から新しい環境で皆に負けないようにがんばります! 皆も頑張って、たまき塾に戻ってきてくださいね。」

卒塾生たちへ塾長からのメッセージ

横でその話を聞きながら、涙があふれそうでした。

 

『14期生の皆さんの未来の姿が、卒業してからも努力し続け成長し、今、皆さんの前で堂々と自信を持って話してくれている講師たちなのだ』

 

と思ったからです。

 

  • 毎日、毎日を思いきり充実させて下さい。
    目の前のことに真剣に取り組み、そして楽しんで下さい。
    皆さんの未来努力を続けに幸多かれと祈っています。
    たまき塾に通って下さって本当にありがとうございました。
    一緒にたくさんの時間を過ごせて本当に楽しかったです。

 

シンプルですが塾長の私からのメッセージです。

 

撮影の瞬間だけマスクを外して無言で、でも全員が最高の笑顔ので撮った写真は私の宝物です。

 

これからも後輩塾生の皆さんや、未来のたまき塾生の皆さんにこのバトンをしっかりとつないでいきますね。

2021年

3月

11日

【奈良県公立高校】入試終了!おつかれさまでした!

今日は奈良県公立高校一般選抜学力試験が行われました。

 

塾生全員が元気に無時に入試会場に入れること、そして実力を十分出しきれることをひたすら願い続けた長い一日でした。

 

先ほど保護者の方からご連絡を頂きました。

試験が無事に終わったことや3年間の感謝を伝えてくださいました。

その後でご本人ともお話したのですが、とても元気な声で安心しました。

 

上牧中学校から最初はたった一人で通ってくれていたのですが、彼女の頑張りで仲の良いお友達も増え『上牧ガールズ』と呼んでいました。

真面目で素直で華やかな女の子たちです。

 

今年の中3生は

  • 真美ケ丘中学校
  • 広陵中学校
  • 上牧中学校
  • 香芝北中学校
  • 香芝東中学校

 

と5つの中学校から通塾してくれています。

 

それぞれ個性が豊かなメンバーですがお互いのことを認め合い、励まし合える『チームたまき』です。

 

過去問などで上位3位やがんばって伸びた塾生を発表すると必ず全員が手して仲間の健闘を称えていました。

 

皆さんと一緒に過ごした時間は本当にかけがえのないものです。

コロナ禍で色々な制約もありましたが、だからこそ一緒にたくさん話しましたし、たくさん笑いましたね。

本当に楽しかったです

 

授業の最後に

 

「皆が今日の日を迎えられるように、どれだけの方々が力を尽くして下さったかに感謝をして本番に臨んで下さい!」

 

と伝えました。

 

ちゃんと『感謝の気持ちを持っている』ことが『最後の力を振り絞るエネルギーになる』からです。

 

今週は月曜日に数学英語、そして火曜日に国語・理科・社会と5教科の最終確認を行いました。

 

最後の授業日には国語の採点と添削をし終えて、理科の授業を一番後ろで聞きながら「今日で本当に最後だな」と思って集中している邪魔にならないように写真を撮りました。

 

たまき塾|高校入試前の最後の授業の様子

塾生皆さんは初めて会った時からそれぞれに賢く・強く・たくましく成長してくれました。

たくさんの時間、そして気持ちも共有してきましたで感慨もひとしおです

 

実は授業している講師もたまき塾の卒業生なのです。

初めて会ったのは彼が小学6年生の時。

大きなくりくりとした目の元気な野球少年でした。

「一緒に頑張りましょうね。」と挨拶したのがつい昨日のような気がします。

 

第一志望だった奈良高専に見事に合格し、国公立大学大学院まで進んだ彼はたまき塾で6年も講師として数学・理科を担当してくれました。

 

今年の春、新たな夢と目標に向かって奈良を離れる彼もたまき塾をいよいよ本当に卒業です。

出会ってもう12年、早いものです。

 

今年の入試はたまき塾で担当する最後の入試で例年にも増して力を注いでくれました。

 

塾生の伸びていく姿もなのですが塾生が卒業して講師として戻ってきてさらに成長してくれる姿を傍で見られるのは本当に幸せなことです。

 

最終授業で今年の問題の予想をして対策をしてくれた単元が今日ほとんど出題されていたそうです。

 

今まで積み上げた経験と塾生を思う気持ちとの賜物です。

 

皆で力を合わせてここまで来られましたことに感謝し、たくさんのお励ましや応援・サポートを頂きましたことをこの場を借りまして心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

たまき塾の講師も今日のこの日まで、それぞれ全力で塾生の合格のために自分ができるベストを尽くしてくれました。本当に感謝しています。

 

受験生の皆さん、本当によく頑張りました!

中学校生活の最後の時間を思う存分楽しんでくださいね。

2021年

3月

07日

【広陵・香芝・上牧の皆さん】たまき塾で桜を咲かそう!

たまき塾 授業風景|奈良県北葛城郡広陵町
※こちらの写真は昨年1月に撮影したものです。

春はもうすぐです。

写真の元気なメンバーがたまき塾(新)中学3年生です。

 

3学期の期末テストが終わってすぐに中学2年生の女の子から

 

「実力をつける勉強したいので何から取り組んだら良いのか教えて下さい」

 

と質問されました。

とっても嬉しいことではりきって応えました。

 

3学期の期末テストはいつも難易度が上がりますが、自己ベストを更新してきたメンバーがたくさんいました。

「頑張ったね。嬉しい結果で良かった!」と講師と皆で喜びます。

 

せっかくがんばったのに思ったように点数が伸びなかった子もいます。

そんな少し落ち込んだ様子の1年生・2年生の子には私はこんな風に話しました。

 

「この結果が今で本当によかったね。

もし入試本番でこの結果だと志望校に合格することはできないかもしれない。

でも今から出来ていなかったところを出来るに変えていこう!と頑張ればどんどんパワーアップしていけるよ。」

 

勉強はかけた時間や労力が比例のグラフのよう右上がりにとはいかないのです。

頑張ったのにそれが結果に表れないこともありますし、勉強の仕方や間違っていたり量が足りていなければ、結果にはつながりません。

けれども、ここであきらめてしまい苦手だと思い込んだりで努力することをやめてしまったら…本当にもったいない』のです。

 

勉強もスポーツも同じでずっと良い結果で出し続けることはありません。

だからこそ結果が出せた時の喜びがありますし、だからこそ面白いのです。

皆さんが好きなアニメにもゲームにも難関があるはずです。

でもだからこそ、それをクリアするのが楽しくてハマってしまうのでしょう。

 

たまき塾はただ勉強を教える場だけでなく、塾生の皆さんに前に進もう!と勇気が持てるメッセージを伝えられる塾でありたいと思っています。

講師皆が自分の体験も踏まえてたくさんのメッセージを伝えてくれています。

 

「公立入試の1時間目、外のカラスの鳴き声がおじさんの声みたいだな~と思っていたら集中出来ずに国語のテスト失敗してしまった。」

「午前の部は失敗して『終わったな…落ちた…。』と思ったけど午後の部で挽回できた。」

「電車に乗り間違えて走ってギリギリで会場にすべりこんだ。」

 

皆そんな話を楽しそうに聞いています。

そして今、失敗したと思うことも後で笑い話になると気づいてくれるのです。

一緒に皆さんと過ごせる時間に、どれだけ皆さんにプラスの影響を与えられるかが講師の価値かもしれません。

まさに『影響力の武器』なのです。

【広陵・香芝・上牧の学生たちと】おかげさまでたまき塾は15年目

たまき塾はおかげさまで今年15年目の春を迎えます。

広陵町だけでなく、香芝市上牧町と広くたくさんのエリアの生徒さんに通っていただいています。もうお母さんになった卒業生もいて早いものだと歴史を感じます。

 

そして今も変わらず皆さんがより良い方向に進めるサポーができることが本当に幸せだと思っています。

今年も満開の桜を見るのが心から楽しみです!

2021年

3月

04日

【奈良県公立高校】一般選抜入試まで1週間

奈良県公立高校一般選抜入試まで1週間をきり、昨日は出願【1日目】で夕方には出願人数倍率が発表されました。

上位高校の出願人数が多くなっていますが、どこの高校でも激戦が予想されます。

 

公立高校の入試では、

  • 内申点135点満点
  • 当日の試験250点(1教科50点×5教科)

これらの合算で合否が決まります。

 

内申点が高いとたしかに有利なのですが当日の試験の結果も内申点の1.8倍の割合で、実力も似かよった受験生が集まりますので『うっかりミス』といった『気のゆるみ』が命取りになります。

 

今まで自分の目標・志望校に向かってたくさん努力をしてきたのです。

当日、入試会場で全力を発揮できるようにこの1週間を悔いなく充実させて過ごして頂きたいと思っています。

 

追い込みだから!と遅くまで勉強して疲れて集中できないことなどないように、体調を崩してしまわないようにしましょう。

いつも通りの生活パターンを守りきている時間を全て合格するために出来ること使ってほしいと思います。

 

特に奈良県の数学は全国的にも難しく読解力や思考力や試されることで有名です。

 

どれだけ自分の知識をフルに使って問題に向かえるか、そのための対策を授業で行い、国公立大学の共通テストの傾向をみて今年の出題傾向を予想し、その対策しています。

 

もちろん計算ミスをしないことは必須です。

取れる点数を確実に積み上げ、応用問題でどこまで点数をプラス出来るか…講師が全力でそのサポートをしています。【証明問題】も細部まで添削し完璧なものにし点数アップにつなげます。

 

教科別|たまき塾での対策

国語

漢字・語句の知識分野の強化、読解問題での選択肢の選び方、そして作文も徹底的に添削しています。さらに毎回作文を添削し、書きたい内容が確実に表現できるようにトレーニングを重ねています。全員が最近ほぼパーフェクトに書けるようになっています。

英語

 リスニング対策をし、長文問題の読み方、ブロックごとに内容を把握して早く正確に読むことや解答作成のポイントを徹底。英作文の添削を毎日行い英文がスラスラと書けるように各自使える文型をストック。「迷ったら書かない」が鉄則で確実に書ける表現・英単語にして勝負するのがベストです

理科

続きを読む

2021年

2月

16日

【合格率100%】奈良・大阪|私立受験 たまき塾生全員合格!

【奈良・大阪】私立高校入試 全員合格!|奈良県 広陵町の学習塾『たまき塾』

【奈良・大阪の私立高校入試】たまき塾生全員合格!特待生も!

2月6日の奈良県内私立高校入試、2月10日の大阪府内私立高校入試が終わりました。

 

おかげさまで『たまき塾全員合格することが出来ました。

 

全員合格だけでなく成績優秀特待生』での合格者も2名出ました!皆、よく頑張ってくれました。

本当におめでとうございます。

 

コロナ禍の入試で例年以上に緊張感があり、塾生やご家族、講師が心を合わせて万全の準備で臨んだ入試です。「みんな無事に入試会場に入れますように…」とずっと祈る思いでした。

 

例年行っていた駅での見送りも今年はなしです。前日も教室でいつものように授業して塾で皆さんを送り出しました。

 

入試前の最後の授業では、いつも担当講師が一人ずつ順に塾生に話します。

 

「今までしてきたことを信じて落ち着いてね」

「必ず名前と受験番号から書くんだよ。」

「終わった教科は過去!決して引きずらないこと」

「出来る問題からどんどん解いていく」

「時計を見て、時間配分を忘れずに…」

 

講師一人一人が塾生のためを思って話してくれる姿、またその話を真剣に聞いている塾生皆さんの姿が嬉しくて…。

 

4月の休校措置からスタートしたこの今年の3年生。一時は今年の高校入試はどうなるのかとの不安もありましたが、塾生皆が元気で無事に入試までこられて本当に良かったと万感の思いで、最後に私が話しました。

 

このコロナ禍で学校が休校になり塾では2ケ月オンライン授業でした。夏期講習も冬期講習も例年より日程も時間も短くなりました。その中で皆さんは本当によく頑張ってくれました。その頑張りを結果につなげよう。全員で合格を勝ち取りましょう!

 

その通り皆が最後まで頑張れた証の合格です

嬉しい嬉しい合格です。

 

1年生・2年生にも「先輩頑張ったよ、皆も今から頑張って後に続こうね。」と報告しました。

 

たまき塾では3学期の期末テストで1年生・2年生が自己ベストを更新することが多いのですが、それは3年生の先輩の入試結果やその努力していたエピソードを聞いて、

「自分たちもがんばろう!」「やってみよう!」

という気持ちになって勉強のエンジンがかかるからだと思います。

 

『努力』-本気のがんばりーは伝染すると思うです。講師から塾生へ、仲間から仲間へ、先輩から後輩へ、さらにご家族ごきょうだいへ。

 

たまき塾で皆さんが積み重ねてきた『努力』の数々が皆さんの人生の大きな原動力になること、そしてさらに努力の輪が広がっていくのは本当に嬉しくて幸せなことです。

 

私立高校が第一志望であった何名かの皆さんは、めでたく塾を卒業なさいました。

誠におめでとうございます。心からお慶び申し上げます。たまき塾に大切なお子さまをお預け頂きましたことを本当に感謝しております。

 

公立高校が第一志望の皆さんが入試本番に全力で臨めるように講師もONE TEAMになってパワー全開で入試対策を行います。

もう一度全員で合格しましょうね!

嬉しい春はもうすぐです。

 

一人では出来ないことが皆でなら出来る

その意味で勉強は究極の団体戦です。

全員で全員の合格を勝ち取りに行きましょうね!

2021年

2月

06日

【奈良県内私立高校入試対策】さくら咲かそう

【奈良県】広陵町の学習塾 『たまき塾』

【奈良県】私立高校 入学試験に向けて

今日は奈良県内の私立高校 入学試験の日です。

 

一昨日の木曜日に対策授業を終え昨日は希望者のみでの『入試対策演習』でしたが、いつも通りのにぎやかな教室、そして明るい笑顔でした。

 

この元気さ・この明るさなら大丈夫だと確信しています。

今頃、皆さんは真剣に自分の問題に向き合って実力を出せていることでしょう。

皆で一緒に合格を喜べるのを楽しみにしていますね。

 

今回中学3年生入試対策授業のため、本来であれば2/8(月)授業の2年生の皆さんに、授業日を変更して頂いております。

塾生皆さんも保護者の皆さまも気持ちよく応じて下さり、心より感謝しています。

 

教室をいっぱいに使い一人一人に合わせた対策を存分に行って阪私立高校の入試日に備えることができます。

本当にありがとうございます。

 

講師も授業日以外にも駆けつけてくれて

「自分の時よりずっと緊張している…」と話していました。

 

初めて受験学年まで担当してきた学年が入試を迎える時の思いは何とも言えないものです。

この思いは格別で、塾講師にとって宝物かもしれません。

 

「きっと一生忘れられない思いだから大事にしてね」と話しました。

私たちたまき塾の講師は大切なその思いを胸に、毎年この時期塾生皆さんと共に入試に挑んでいます。

 

中学3年生だけでなく1年生2年生、いえ小学生の皆さんと授業をしていてもその先の皆さんの未来を想像しながら関わらせて頂きます。

ですから3年生になって入試を迎える時には胸にグッとくる思いがあります。

 

皆さんの大切な時間を共に過ごすことが出来、皆さんの成長を間近に見せて頂けるのはとても光栄なことです。ですから私は塾の講師という仕事が本当に大好きで、たまき塾の講師であることに誇りを持って務めさせて頂いています。

 

受験に向かいそのためのハードルを乗り越えていく皆さんと時間と経験を共有させて頂くこと、一緒に喜べることを心から幸せに思っています。

 

これからもたまき塾たくさんの笑顔が溢れることと皆がたくさん格もできるようにと、優しい絵とあたたかい言葉で人気がある『絵描きサリーさん』に描いて頂いたのが写真の絵です。

 

今年も全員合格を願って、教室にこの絵を飾っています。

さくら咲かせましょうね

2021年

2月

04日

【漫画で学ぶ歴史】たまき塾に設置『日本の歴史』

小学館の漫画『日本の歴史』

【中学生にも好評】絵もストーリーも◎|漫画『日本の歴史』

私が小学生の頃、小学館の漫画日本の歴史』を揃えて貰い、楽しみに読んでいました。

歴史って面白いな」と思ったのでそれからずっと、そして今でも日本史が大好きです。

 

今回、小学館のものより今風の絵の日本の歴史』を全巻、たまき塾の教室に揃えました

 

反応は・・・

早速、中学1年生の皆さんが自主トレの時間にこんな感じ(ものスゴイ集中力!)で読んでいました。

たまき塾|休憩時間に漫画で歴史を学ぶ中学1年生たち

絵が可愛いかったりイケメンだったりするとテンションが上がります

 

古典でも歴史でも漫画で読んでみると面白さが伝わります。

日本漫画の批評は海外、特にフランスで非常に高いそうですが納得ですね。

絵は素晴らしいですしストーリーも面白くて引きこまれます。

 

【きっかけは何でも良い】興味や関心が『もっと勉強をしたい』になる

続きを読む

2021年

2月

02日

【奈良県桜井市】合格祈願|久延彦神社

お守り|久延彦神社(大神神社)

【合格祈願・学業成就祈願】知恵の神様『久延彦神社』参拝

令和3年2月1日知恵の神様久延彦神社』に参拝して参りました。

 

奈良県桜井市にある『久延彦神社』は奈良時代の書物である『古事記』に

『世の中のことをことごとく知っている知恵の神様』

と記されているそうです。

なんと素晴らしい!

しかも桜井市とはいえ、たまき塾のある広陵町から車で30分くらいの近さなのです。

 

中2の女の子から面白いですよと貸して頂いた本に

「毎月、一日に神社をお参りして神様に新しい月を迎えられた感謝を伝えるのが良い」

とあったので、早速はりきって実践させて頂きました。

 

神社ではお願いごとをするのではなく日頃の感謝をお伝えするのが良いそうですので、たまき塾で皆さんと一緒に学べている感謝をお伝えしてきました。

 

そしてたまき塾生皆さんの合格学業成就を願い(結局、願っていますね…)可愛いフクロウの絵馬をご神木に結ばせて頂きました。

皆さんの努力と神様のご加護が揃ったら向かうところ敵なし!これで完璧です。

 

たまき塾開校時にも大神神社久延彦神社によく参拝させて頂いておりましたし、自分たちを守って下さる地の神様にご挨拶をさせて頂くことが大切だと改めて感じています。

また神社の澄み切った空気の中を歩くと、身体も軽く心も晴れやかになります。

 

たくさんのご加護や塾生皆さんや保護者の皆さま、関係して下さる皆様のおかげさまでここまで歩んでこられ、15年目の春を迎えられる感謝を心を込めてご報告させて頂きました。

 

今年は124年ぶりに節分が2月2日なのだそうです。そして2月3日が春。

これからどんどん春になっていく心が躍る嬉しい時期です。

 

歴史豊かな奈良広陵のこの地でこれからも皆さんと一緒に晴れやかな日をたくさん重ねていけますように…と祈念しています。

2021年

1月

31日

【広陵町】たまき塾から見る夕日|まほろばの地で

奈良県 広陵町から見る夕日|たまき塾

夕日が差し込むたまき塾の教室【広陵町・香芝・上牧】

写真はたまき塾の教室から見える夕日です。

日が沈むまで空一面がオレンジに染まるので毎日楽しみに見ています。

美しい夕日が見られる教室でとても幸せだと日々感じています。

 

たまき塾広陵町にあるのですが香芝市とも上牧町とも隣接しています。

そして教室の窓からは奈良県と大阪府の境に位置する二上山が見えます。

奈良の地には遺跡や文献がたくさん

二上山の山頂には天武天皇を父に天智天皇の皇女大田皇女(おおたのひめみこ)を母に持つ大津皇子(おおつのみこ)のお墓とされる場所があります。

 

「あしひきの 山のしづくに 妹(いも)待つと

 我れ立ち濡れむ 山のしづくに」

 

こちらは『万葉集』に収められた有名な大津皇子の歌。

 

「想いを寄せる石川郎女(いしかわのいらつめ)を待つために立ちつづけて山のしづくにすっかり濡れてしまった」

 

身分の高さをいとわず山の雫に濡れながら愛しい人をずっと待ったというロマンティックな歌です。

 

その大津皇子が眠る二上山はいにしえより、その美しい山容へ日が沈んでいく様子から神聖な山としてあがめられてきたそうです。

 

その神聖な二条山のふもとで学習塾を営み、

「皆さんとたくさんの学びが出来るなんて本当に有難く幸せなことだ」

と毎日夕日を見ながら感じています。

 

万葉集、歴史も、この奈良の地は非常にゆかりが深く遺跡や文献がたくさん身近にあります。

 

『大和は国のまほろば』と奈良時代の『古事記』にもうたわれています。

まほろばとは素晴らしい場所を意味する日本の古語です。

素敵な言葉で、私たちは奈良に暮らす者としてもっと誇りを持って良いと思います。

 

このまほろばの地でこれからも皆さんと豊かな学びをし続けていきたいと思っています。

 

そして長い歴史の中で今よりずっと過酷な環境でたくさんの困難を乗り越えて生き抜かれた先人の知恵やたくましさをお手本に、これからもより強くより良く豊かに生きていきたいですね。

2021年

1月

29日

たまき塾の信念|幸せな未来のための勉強

たまき塾 ホームページ(トップページ)

たまき塾 創業当初からの信念

画像はたまき塾ホームページのトップ画面です。

 

色鉛筆の上の言葉幸せな未来のための勉強

この言葉はたまき塾を立ち上げた時から変わらぬ私の信念です。

 

先日このブログでお伝えした、齋藤孝先生の『ほんとうの「頭のよさ」ってなんだろう?』の最後に

 

頭は幸せになるために使おう

「頭のよさ」とは

人間を幸せにするために活かされるべきものだと

ぼくは思います。

「頭は幸せになるためにつかわなくちゃ」ということです

 

述べられています。

 

本当の頭のよさとは何か。

これは「本当に大事なことは何か」を考えることでもあるんです

 

と結ばれていました。

 

昨日、授業前に講師と

 「どうしたら塾生の皆がもっと勉強を真剣にするようになるのだろうか。」

 

と話していて「講師をはじめてから30年ずっとそのことを考えているな」と思いました。

その問いの答えはその時々によって違うのですが「まだ完璧な答えは見つかっていない」というのが今の私の結論です。

 

勉強をもっと真剣にするために生徒たちの責任よりも私たち講師が「勉強って面白いかも。」と思えるようなもっと面白い授業やアプローチをすることが必要だと常に思っています。

その気持ちを忘れたら講師として失格だとも思っています。

 

そして生徒たちのわくわくや嬉しい気持ちに火をつけられる授業や声掛けを目指し続けています。

そのために講師として日々進化し、成長し続けることが必要で終わりはないと思っています。

 

先ほど話していた講師が「大学の授業で学んだ」とこんなことを教えてくれました。

 

【1.01の法則】

1.01の365乗=37.8

コツコツと努力をすればやがて大きな力となります。

 

【0.99の法則】

0.99の365乗=0.03

逆に少しずつサボれば、やがて力がなくなります

  

失敗者は「自分には才能がなかった」という。

成功者は「成功するまで情熱をもって行動し続けた」という。

 

たまき塾でも塾生全員が勉強に前向きで、やる気満々です!というわけにはいきませんが、私も講師も常に「どうしたら皆がやる気になって勉強が楽しくなるのか」「私たちに何が出来るのか」常に考え続け良いと思ったことを直ぐに取り入れる行動力はあると自信を持っています。

 

『勉強は究極の団体戦』

塾生同士も講師同士も、そして塾生と講師と全員が力を心を合わせる団体戦で皆さんの幸せな未来のための勉強を形にしていきたいと思います。

2021年

1月

26日

【おすすめ書籍】本当の「頭のよさ」ってなんだろう|齋藤孝先生

こちらの本は『世界一受けたい授業』などテレビでもご活躍の齋藤 孝先生の著書です。

 

論理的でわかりやすく親しみやすい文章は高校入試の国語で『論説文』の問題にも数多く採用されています。

 

私も塾講師になって間もない頃、

小学4年生の男の子に

「先生、なんで勉強しなあかんの?」

と聞かれてどう答えたらよいか真剣に悩んたことがあります。 

 

私なりに誠意を込めて精一杯考えて答えましたが、その時の彼にぜひ読ませてあげたいなと思う『な勉強するかの答えが詰まった1冊』です。

 

「頭のよさ」とは、人間を幸せにするために活かされべきもの、頭は幸せになるためにつかわなくちゃ」というところに一番共感しました。

斎藤先生が説く『勉強と向き合う理由』

皆さんもきっと「なんで勉強なんかしなあかんの。」思ったことがあると思います。そして親御さんもその問いをお子さんに一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。

 

齋藤先生は

 

頭をよくする」というのは、生きるために必要な力をつけることなんです。

そのために勉強をするんです。

頭のよくならない人間はいません。

だれにでも努力できる力は備わっています。

どういうやり方をすれば自分の力を伸ばしやすいのかそのことにどこで気づけるかがポイントです。  

 

と述べられています。

『頭を良くしたい』なら『本を読む』

さらに齋藤先生は『本とどう付き合うか』について

 

本を読むことは人間のもつ『さまざまな感情』に出会うこと。

なんとなく読むのではなく、本気を出して読む、

どんな本でもいいから、その世界に自分をグーッと潜り込ませる。

本と向き合うことは人と心を通わせること。

 

「頭をよくしたいけれど何をしたらいいのかわからない」

という人は、とりあえず本を読みましょう

 

読むスピードが速くなると頭の回転が速くなる。

好きだから熱中するというより、

やっていたら面白くなって夢中になっていく。

 

 また、本当に頭がいい人は「不機嫌をまき散らさない」

「機嫌とは自分でコントロールするもの」とも述べられています。

  

 たまき塾でも皆さんに「自分の機嫌くらいは自分でとろう!」と話しています。

不機嫌をあらわにしているタイプは、たとえ小学生・中学生でも周りの人に気を遣わせて迷惑です。人からも好かれません。たとえ多少、勉強が出来ても周りの人に嫌われてしまっては本末転倒です。

 

齋藤先生のご説明はとてもわかりやすく、色々なタイプの子どもたちにメッセージが伝わるように、響くように書かれています。私もいつか様々な経験や思いをもとにこんな素敵な本が書けたらなという夢を』持っています。そのためにもさらに精進したいと思います。

 

こんなに大切なことをこれだけわかりやすく伝わるように書かれるなんて…齋藤先生は本当に素晴らしいと心から敬服します。

皆さんも興味を持たれましたら、ぜひご一読くださいませ。

2021年

1月

24日

元塾生の講師がつなぐ『努力のバトン』

たまき塾|講師が丁寧に添削

卒業生たちが今『たまき塾講師』に!

写真の添削はたまき塾若手講師がしてくれたものです。

返した時に見たらわかってくれるように…と説明をたくさん書いて付箋をいっぱいつけています。

 

彼女も実はたまき塾卒業生、中学1年生の時に入塾してくれました。

素直で真面目なピアノが上手で音楽が大好きな女の子でした。

吹奏楽部に入っていて毎日 部活動も頑張っていました。

 

入塾してしばらくした時、お母さまから

「宿題が全部できなくて、泣きそうになりながら毎日頑張っている。」

とのお話を伺いました。

 

「無理のない範囲で良いですよ」

とお伝えしたのですが、頑張り屋さんの彼女はだんだんそのペースに慣れ、3年生になるころには実力を充分をつけて第一志望の高校に見事合格しました。

 

3年後に国立大阪教育大学合格したと連絡してくれた時は大喜びしたと同時に感慨深かったです。そして中学1年生の時のあどけなかった様子からすっかりお姉さんになって、たまき塾講師として力を尽くしてくれています。

 

現在中学1年生の数学・理科を担当してくれていますが、自分が塾生だった経験も活かして

「どうしたら宿題をやる気になるのか

どうしたらもっとできるようになるのか

いつも考え、私に相談もしてくれます。

今、先輩講師と共に堂々と授業に入り、自分が担当する生徒を親身になって教えています。

 

『努力のバトン』という言葉が浮かびました。

自分が努力してきた子は、自然にそのバトンを自分の周りの大切な人に渡してくれているのです。

 

たまき塾講師の多くは私の教え子たまき塾生です。

 

そのことをお話しすると保護者の皆さんから「ええ~っ、すごいですね!!」と驚かれます。

そう、自慢の教え子なのです。

でも決して皆優秀でお勉強が出来た優等生タイプではありません。

 

授業中、ずっとシャーペンで遊んでいて「やる気がないのなら帰りなさい!」と注意したら本当に帰ってしまった男の子、数学が苦手でいつも最初の授業では一番できなかった女の子、泣きながら宿題していた女の子…。

みんな立派な講師として活躍し、塾生や保護者の皆さんから「わかりやすい」とお褒め頂くことが出来ています。

元塾生の講師たちの共通点『努力』

講師として活躍する彼らの共通点は

努力が出来ること」

努力を継続できること」

 

これは大人になって生きていくうえでも、仕事をしていくうえでもとても大切です。

だからこそ大人への第一歩である中学生の時に学力と共にこの努力をする」「努力を継続すること」を身につけて欲しいのです。

 

頭が良い、理解力がある、このことも長所だと思いますが、そのように褒められているタイプはわりと努力することをおろそかにしてしまう…、そんな子もたくさん見てきました。

結果的に伸び悩んだり、練習不足で出来なくなって失速してしまうことが多かったです。

 

反対に「出来ない」「理解力がない」と思ってひたむきに努力をし出来るようになって嬉しくて頑張り続けた子もたくさんいます。

「ええ~っ。」と驚くぐらいの成果を上げられています。

 

そういう私も圧倒的に『努力タイプ』です。

キレる方ではないし、何でも直ぐには出来ないから人より時間をかけ努力するのが当たり前でした。

だからこそ努力することの大切さを皆さんにお伝えできるのだと思います。

 

たまき塾の卒業生、教え子の講師達に今は教えてもらうこともたくさんありそんな彼らと一緒に今、塾生の為に頑張れるのはとても幸せなことです♡

 

塾生皆さんもぜひたまき塾の努力のバトンを受け継いで頂きたいと思っています。

皆で「自分」を輝かせ「毎日」を楽しみましょうね。

2021年

1月

19日

【暗記の秘訣】記憶を定着させるコツ|パワーナップ

たまき塾【暗記の秘訣】記憶を定着させるコツ パワーナップ

記憶を定着させるために10分間〇〇する

新しいことを覚えた後にしてはいけないことは何だかご存じでしょうか?

 

ゲーム?スマホ?テレビ??と色々上がると思いますが、実は・・・「全部!」なのです。

 

脳科学的に新しいことを入れた直後に色々なことをすることで記憶は混同して定着しづらくなってしまいます。

新しいことを覚えた後は『10分程度ぼ~っと何もしないこと』で暗記したいことの記憶の定着が出来るそうです。

 

また勉強の疲れのほとんどは脳ではなく目の酷使による疲れだと言われています。

ですからこの間の中3生の英語の授業で大切な内容をガンガン説明した後、3年生全員で10分間のパワーナップ(お昼寝)タイムをとりました。

 

後ろから見ていて、本気で寝ている姿を見て「本当に頑張っているのだな」と感心しつつ可愛かったのでパチリと1枚!

 

この後国語の難易度の高い長文読解をしたのですが、皆とても集中して取り組めていました。

 

【暗記力・集中力向上】たまき塾で取り組む『パワーナップ』

たまき塾では毎年、受験学年は長時間授業の際や集中力を高めたい時にパワーナップをとっています。

身体をほぐす簡単な体操を全員ですることもあります。

 

入試問題を解くときには全員で「3秒で鼻から思いきり吸って、6秒で口からゆっくり吐く」深呼吸を3回行います。

自律神経を整え、集中力を高めるためです。

この深呼吸は順天堂大学の小林弘幸先生の著書を読み、5年前からずっと実践。

 

パワーナップ30分以内がおすすめです。

それ以上寝てしまうと今度は脳が寝てしまうのでぼんやりしてしまい次の作業に支障が出ますが、30分以内だとスッと次の作業に集中できます。

 

勉強も取り組み方次第で上手に効果的に学習効率をアップさせられます。

皆さんが最小限の力で最大限の学習効果につながるようにアンテナを張って新しい学習方法を常にアップデートしています。

 

やみくもにがんばるのではなく、的確な努力で効果的に学習出来たら楽しみながら早くに結果が出せてうれしいですよね。

どの方法も効果は抜群です。

簡単なことですからお家でもぜひ実践してみて下さいね。

2021年

1月

18日

【おすすめ書籍】一瞬の風になれ

おすすめ書籍 『一瞬の風になれ』

高校入試問題国語で取り上げられる作品は名作ぞろいです。

こちらの『一瞬の風になれ』はたくさんの学校で様々なシーンを出題されている小説です。

 

サッカーで実力もあり有名選手の兄、健ちゃんがいる新二がサッカーの選手として挫折し、幼なじみで天才スプリンターと注目されている蓮と一緒に公立高校で陸上競技に挑戦するというストーリーです。

 

高校1年生の新二の気持ちの揺れ動き、成長がダイナミックに描かれています。

 

うちの塾生の正答率はとても高く、皆もひきこまれ文章をすっと理解してくれたことがわかり大変嬉しかったです。

 

入試問題を解いていると続きが読みたくなることがたくさんあります。

この小説もその一つで手に取りました。

 

自分の高校生の時の感覚が呼びさまされ、キュンと切なさがこみ上げました。小説には時空を超える楽しさがあります。

 

私が一番心に残ったのは、主人公 新二が、自分もそんな風に走りたいと思っている幼なじみ 蓮。

その蓮が練習がきつく指導が厳しすぎて合宿から逃げ出した時のシーン。

 

「俺は、おまえがみっともないのはイヤなんだっ!」

「そういうのは絶対イヤなんだ。俺がみっともないより、もっとイヤなんだっ」

こんな泣き声でしゃべりたくない。

「逃げるな。一番みっともねえ」

蓮は何も言わなかった。

 

 

 

天才と呼ばれる兄、

健ちゃんや幼なじみの蓮にコンプレックスを感じながらも二人にあこがれ

大切に思っている高校生1年生の新二、

皆さんにもきっと共感できるところや心に響くところがあると思います。

 

ぜひ中学生の皆さんにも大人になった保護者の皆さまにも読んで頂きたい1冊です。

 

論説文と違って小説ははっきりと作者の意見が述べられることはありません。

けれどもストーリーを通して読者に伝えたいメッセージがかくされていて、そこに気づけた時まるで自分だけの宝物をみつけたような喜びを感じます。

 

入試問題にはそんな本が大好きな国語の先生方が、受験生のみなさんに読み解いて欲しいメッセージの隠された小説が使われています。

ちょっと視点を変えて挑戦してみてはいかがでしょうか。

2021年

1月

17日

【申込受付開始】参加無料|体験授業 Special Week!!

たまき塾 無料 体験授業 中学生・小学生対象

なぜたまき塾の新年度生募集は他より遅いの?

学習塾の新年度生募集は一般的に2月から3月初旬に行われることが一般的です。

 

けれでも実はたまき塾は今まで一度もこの時期に『新年度生募集』をしたことがないのです。

 

3学期末テスト公立高校の一般入試が終わるまで今、お預かりている塾生に全力で関わっていたい出来る限りの時間とエネルギーをそこにに注ぎたいと思ってきたからです。

 

塾として新学年度生の募集はとても大切なことは承知しています。ですがそれより、塾生たちの学年最後の授業を充実させること、入試直前の中3生たちに全力で寄り添うことを14年間ずっと『最優先』にしてきました。

 

春期講習や新年度生徒募集のスタートが出遅れてしまうのは否めませんが、今年もやはり3/11に行われる中3生の奈良県公立高校【一般選抜入試】は終わるまでは全力で入試に集中しようと決めています。

 

特に今年はコロナ禍で異例の入試です。

その中で受験生たちは小さな胸を痛めながら、なんとか平常心を保ち必死に努力を続けてきてくれました。

私たちの言葉に耳を傾け不平や不満もこぼさず、明るく元気に本当によく頑張ってきてくれました。

 

塾生にとって塾講師が一番必要とされるこの時期に、彼らの傍にいて思いきり情熱と持ちうるエネルギーを注ぎ、全力で励まし最高の授業をして一緒に乗り越え一緒に喜びたいのです。

 

無事に公立高校の入試が終わったら、講師一同で精一杯、誠意を込めて私たちたまき塾の授業や取り組みをたくさんの方に知って頂きたいと思っています!

【無料で何度でも】体験授業イベント開催決定!

そこで3/12(金)~3/19(金)までを体験授業 Special week!と銘打ち、
たまき塾を体験して頂き、講師全員が対応させて頂きたいと思っております。

  • 参加無料
  • 期間中、何度でも受講OK 
  • 対象学年
    (新)小学5年生・6年生
    (新)中学1年生・2年生・3年生

日頃の感謝を込めまして塾生の皆さんも【いつでも参加OK!にさせて頂こうと思います。
講師が各教科それぞれの最高のパフォーマンスでご対応させて頂きます。

 

たまき塾はチラシや広告を一切出しておりません。

今まで14年間ずっとありがたいことに塾生や保護者の皆さんの口コミホームページだけでたくさんのご入塾を頂いてきました。

 

今年は例年よりお問い合わせが少ない?と思っていましたら、講師の一人が「今コロナ禍で保護者の皆さんもそんなにお話できませんものね…。」と言ってくれ「なるほど!たしかに。」と思いました。

 

そんな中、塾での取り組みや授業の様子・塾生たちの頑張りや講師の頑張りをこのブログや最近始めたインスタグラムでお伝えしていこうと、私の思いを込めて発信しています。

 

「もっと早くたまき塾を知りたかった!」

「たまき塾に出会えて本当によかった!」

「塾がこんなに楽しいと思わなかった!」

 

塾生や保護者の皆さまの有難いお言葉を励みに今年の4月で15周年を迎えます。

 

今までたくさんの方々のご尽力やお力添えを頂いてここまで来られました。

たまき塾は幸せな塾で本当に有難いと感謝しております。

 

これからもっともっと進化していき、皆さんのご期待に添える唯一無二の塾として存在感を増していきたいと思いますので皆さまの応援・お力添えを頂けましたら幸いです。

今後とも私たちたまき塾をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

たまき塾のInstagram

2021年

1月

11日

感染予防対策|たまき塾の取り組み

新型コロナウイルスのさらなる感染拡大が懸念されています。

塾生皆さんや保護者の皆さま、特に受験生の皆さんやご家族の皆さまはご心配が尽きないと思います。

【強化しました】塾内での感染予防対策

たまき塾では教室内での『感染予防対策』として

 

①入室時に全員の手指のアルコール消毒

②生徒の机を1m以上の間隔をあけての座席配置

③教室の入れ替えの際、机・椅子のアルコール消毒

④各教室に空気清浄器2台の設置

⑤1時間ごとにドア開放し換気

 

これらを徹底して参りましたが

最新式のAIR MEGA150という空気清浄器をさらに3台追加しました。

0.01㎛の超微細な粒子を99.99パーセント除去

ウイルスや害菌を99.9%以上不活性化してくれる

という抗菌フィルターを採用した優れものです。

 

 教室内でも出来る限りの対策をとり感染予防に努め、塾生皆さんやご家族皆さまが安心して塾に来て頂けるように日々、塾としても精一杯取り組みたいと思います。

 

「体調不良の際には無理をせずに欠席して頂く」

というお願いにも皆さまに快く徹底して応じて頂いておりますこと、心より感謝しております。

本当にありがとうございます。

 

きっと塾生皆さんも気持ちの面でも不安や閉塞感を感じていると思いますので、授業は出来だけ明るく楽しい雰囲気かつ短い時間で学習効果を上げられるように工夫しております。

 

講師とともに全力で皆さんの学習環境を整え出来るだけ細やかに塾生皆さんの気持ちのサポートも行い、全員が心から喜べるさくら満開の春を迎えたいと思います。

 

皆で力と心を合わせてこの難局をのりきっていきましょう!

2021年

1月

10日

【冬期講習2020】ご参加ありがとうございました!

たまき塾 冬期講習 テキスト

冬期講習 終了!

12/21から始まった冬期講習も1/7を持ちまして無事に終了することが出来ました。

 

年末・年始のお忙しい中、また新型コロナウイルス感染拡大が心配される中、予定通り全日程が行えましたことに心から安堵と感謝をしております。

皆さまのあたたかいご理解とご協力のおかげさまです。本当にありがとうございました!

 

このように力いっぱい頑張った冬期テキストが完成しています。

皆さんの頑張ったエネルギーと気持に応えられるよう講師も提出された冬期テキストは全ページをしっかりと見て心を込めたコメントを書いてお返ししています。

 

今回の冬期講習では『先取り学習』をしないで今までの習ってきた範囲を丁寧にやり直し、その範囲の入試問題に挑戦して頂きました。3年生になって入試問題を解くときに一番困るのが習った範囲や解き方を完全に忘れてしまっていることだからです。

【中学3年生】県立高校入試問題 解いてみると…

昨日の入試問題実践演習の時間に中3は奈良県公立高校【数学】の入試問題を解いてみました。

 

結果はと言うと全体的に点数が伸びていない…。

 

では今から公立の入試対策を行えば良いかというとそんな単純な問題でなく、私立高校の入試問題に数多くあたることであらゆる範囲を総ざらえし、数学の『知識と使えるテクニック』を思いきり増やしておかないと奈良県の公立高校の数学には太刀打ちできないのです。

 

ちなみに公立高校入試問題『数学』は奈良県は全国都道府県の中で1、2を争う難しさなのです。

 

この現実を1年生・2年生にも伝え、うちの講師が公立高校入試問題の中から1・2年生の学習範囲で解ける問題をピックアップしたオリジナル問題を解いてみました。

高校入試対策で大切な5つのこと

高校入試はまだまだ先のことでなく、

 

①今勉強してる範囲での積み残し』をそのままにしておかない。

②『基本』で満足せずに応用力』までつけておく

③習った範囲を反復して忘れないようにしておく

④問題をたくさん解きアウトプットできるようにしておく

⑤毎日勉強して集中できる学習体力をつけておく

 

この5つがとても大切で必要なことでたまき塾では1年生・2年生の間に身につけて欲しいと思っています。

 

もちろん本当の意味で3年生のように緊迫感を持って受験勉強をするというのでなく、楽しみながら興味を持ちながらこの5つをしっかりと実践出来るように講師が様々な工夫して授業での見せ方や取り組む宿題を構成しております。

 

冬期講習や普段の授業の目的や様子を保護者の皆さまにぜひお伝えしたくこのブログを書かせて頂きました。

 

感染対策を充分に行って、子どもたちの心と身体の健康維持を大切に授業を行っております。

たまき塾での授業にご興味を持たれましたら、LINEやメールにてお問い合わせ下さいませ。

続きを読む

2021年

1月

05日

謹賀新年 | たまき塾 授業スタート!

謹んで新春のお慶びを申し上げます

皆さまのご健康とご多幸をお祈りいたします。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

たまき塾の年賀状はこのようなご挨拶にさせて頂きました。

 

今年ほどこの『ご健康とご多幸を』と強く思ったことはなかった気がします。

日本は言霊(ことだま)の国ですから言葉に力が宿ることを切に願います。

 

新しい年を迎えるとわくわくした気持ちになります。

自分がより良く変われるのではないかといくつになっても子どものような気持ちになれます。

 

【授業スタート】まずは中学3年生の冬期講習再開!

たまき塾では昨日から冬期講習再開で中学3年生の授業がありました。

 

2021年の初授業ということで国語の授業で橿原学院の入試問題を選びました。

論説文として出題されていた茂木健一郎さんの文章をぜひ一緒に読みたかったからです。

 

文章の中には『ガラスの天井』という言葉が出てきます。

 

『ガラスの天井』とは自分が勝手に無理だと思い込み、「自分の限界を決めてしまっていること」であり、AIが活躍していく社会の中で一人一人がその『ガラスの天井』を自分で打ち破ることが必要である。そうすれば今までより自由に生きられ、人生がさらに楽しめるのだ。

 

という文章でした。

 

皆さんも自分で『ガラスの天井』を作ってしまっているのではないでしょうか…?

『ガラスの天井』を自分の手で打ち破る勇気を持とうとこの文章を通して受験を控えて少し不安な思いを抱えているであろう中3生に伝えたかったのです。

 

国語の入試問題の文章には論説文でも小説でもとても素晴らしいものがたくさんあります。

英語の文章でも解説しながら涙がこぼれるような素敵なお話がたくさんあります。

 

入試問題は各高校の先生方が心血を注いで選ばれた素晴らしい文章の宝庫です。

入試問題に挑戦しながらその文章を皆さんと読み解くのは講師として最高の喜びです。

 

今年、卒業生から頂いた年賀状に高校で頑張っている様子とともに

これからも勉強の楽しさを伝えていって下さい!!と力強い字で書き添えてくれていました。

とても嬉しい言葉で背筋が伸びる気がします。

 

無味乾燥の『お勉強』でなく血の通った文章を皆で感じることが出来るように心が奮える熱い授業を今年も力いっぱい行いたいと思います。

2020年

12月

20日

【2020年の振り返り】新たな取り組み

たまき塾の移転 | 新たなスタート!

いよいよ年の瀬です。今年1年は本当に色々なことがありました。

 

私たちたまき塾は1月に以前の教室からの移転することを決め、中学3年生の入試が無事に終えた後、4月に引っ越そうと考えていました。高校入試は塾にとって最重要事項。たくさんの塾生さん達をお預かりしていますので、全員が無事に高校入試を終えるまでとても重い責任があるからです。

 

そんな中での新型コロナウイルスの感染拡大により、公立高校入試直前に『休講』を決めました。

最後の授業を入試直前でなく前倒しで行うことは非常に悩んだ末の苦渋の決断でしたが、全員が安全に安心して無事に入試会場に入ることを最優先に考えました。

 

中3生達全員が無事に公立高校の一般選抜入試を終えられた時には本当にホッとしました。

毎年恒例の合格&卒業パーティー3期生の最後の大切な時間にしようと全員マスクを一時も外さず飲食も一切なしで行い、その代わりに全員が全員に色紙でメッセージを書きました。

 

毎年撮っている卒業記念の写真も(全員マスク姿で給食当番の大集合のようでしたが)皆が笑顔で忘れらない記念になったと思います。

オンライン授業 スタート

4月14日からはオンライン授業に切り替え、6月18日に新教室での対面授業を再開するまで塾生・保護者の皆さん、そして講師が力と心とを合わせてより良い授業を模索しながら、レターパックでのプリント教材添削もプラスして、たまき塾らしいライブ感溢れるオンライン授業を続けることが出来ました。

 

対面授業が再開してからも各学校のバラバラの定期テスト対策・短い夏休み・3年生の模擬テストをどうするかなど課題がたくさんありました。

オンライン私立高校説明会

今年は学習サークルさんと共催で10校もの高校のご参加を頂き、オンライン私立高校説明会を開催しました。

沢山の私立高校の先生方にご協力を頂き、Zoomのブレイクアウトルームを使って一人一人が各先生方に高校の様子を伺ったり受験に対するアドバイスを頂いたりすることが出来ました。

 

初めての試みで打ち合わせも何度も行い、講師達も各学校の先生との面談の進行役でサポートに入ってくれました。

 

高校の先生方に塾生も講師も両方お褒めの言葉を頂き大変光栄でした。終了した時には「皆で力を合わせて新しいことが出来たのだ!」誇らしかったです。

 

新しいことを導入していく際にはその都度たくさんの先生方にご相談したり、講師で話し合ったりしながら沢山のお力添えを頂きました。塾生や保護者の皆さんにもご協力頂き本当に有難かったです。

 

【明日からスタート】冬期講習もコロナ対策を万全に

続きを読む

2020年

12月

19日

たまき塾で身につける『真の学力』

中学1年生・2年生 合同授業実施【先輩の背中を見て学ぶ】

先日中学1年生2年生合同で『数学』の授業を行いました。

 

これは講師からの発案で

 

「2年生が最後まで真剣に考え集中して取り組んでいる姿勢をぜひ1年生にも身につけて欲しい」

「2年生は1年生のお手本になろうとさらに意識を高く持って欲しい」

 

という思いからです。

 

授業の題材は『方程式・方程式の応用

1年生は最近習った単元ですし、2年生は高校入試対策として役立つからです。

 

一番広い教室の前方に2年生、後方に1年生が座って、まさに「背中をみて学ぶ!」

実際に同じ中学校の部活の先輩・後輩もいて微笑ましい感じもしました。

中学2年生になって『大躍進した秘訣』

2年生は今でこそ、ほとんどの塾生が定期テスト【数学】で90点以上をとってきていますが、1年生の時は苦戦していたものです。大躍進した秘訣を1年生にも伝えたかったのです。 

 

①応用問題で直ぐには解法を教えない

②自分で今知っている知識を総動員して考える

③解けるまで必死で手を動かし思考を続ける

 

最初は「こんなん解けない…」と直ぐにあきらめてしまう子もいたのですが、周りの子が真剣に考えている様子を見て自分も再びトライしてみる!という感じでした。

 

直ぐにあきらめて説明を待っていた。

講師が説明しようとしても、

「もうちょっと考えさせて下さい!」

と全員がねばって考えるようになった。

 

この変化で本当に力がついているのが点数でも表れるようになりました。

今回の期末テストでは数学が苦手科目と言っていた女の子が2年生の最高点 97点をとりました!

学力が伸びる子・伸びない子の違い【粘り強さ】

今年の3年生も1年生の時には誰一人とびぬけて出来る子がいない『おっとりとしたタイプ』が多かったのですが現在、25%畝傍高校・郡山高校を志望している学年に育ってくれています。その他の志望校を目指している子達もそれぞれ本当によく伸びてくれています。

 

反対に1年生の時とてもよく出来たのに3年生ではそんなに伸びなかった学年もありました。

いったい何が違うのでしょうか?

 

それは勉強に対するねばり強さだと思います。

 

  • 難問でも諦めないで最後まで「解いてみせる!」と思っているか。
  • 諦めないで授業の解説を真剣に聞いているか。
  • その後に自分で出来るまで繰り返し解いているか。

 

その積み重ねと日々のトレーニングの差です。

 

このホームページの卒業生からのメッセージに書いてくれたように、得意教科より苦手教科の方が伸び逆転現象』が起きることがあります。

 

  • 『定期テストで点数を取りに行くのを目的』とした小手先の勉強
  • 真の学力勉強体力をつける方法

これは全く違います。

 

真の学力をつけるには長い道のりで、遠回りしているように感じることもあると思います。

『効率重視』でその努力を怠っているといざというときに馬力の出ない子になります。

 

もちろん本人の取り組みも大切ですが、

  • 『ちょっと出来る』が良いのか
  • 一生モノの力を身につける』のほうが良いか

真の学力』をつけるとを意識して塾生たちに声をかけ、本当に一人一人を伸ばそうとしてくれる講師たちの日頃の取り組みの積み重ねでもあります。心から感謝しています。

 

そんなに人数が多くない中学1年生・2年生も冬期講習では『数学』は完全に2クラス編成!

 

真の学をつける授業したいと考えています。

一人一人の今後の躍進を期待しているからです。

 

この冬、まだ間に合います。苦手なことから目をそらさずグッとねばってみませんか?

『自分をもっとあがこう!』ではありませんか。

【学力が伸びない子を伸ばす!】たまき塾で身につく『真の学力』
続きを読む

2020年

12月

13日

【健康に勉強する】免疫力を高めよう!

『免疫力が10割』順天堂大学医学部教授 小林弘幸著
『免疫力が10割』順天堂大学医学部教授 小林弘幸著

【読んでみました】免疫力が10割

メンタリスト DaiGoさんが動画で『最新のデータ・わかりやすい』と紹介されていたので早速読んでみました。

 

「自律神経を整えて健康に生きること」をテーマにたくさんベストセラーのある小林先生のご著書は今まで何冊も読んでおり、勉強に役立つことは授業の中でも、塾生皆さんにどんどん紹介しています。

 

この免疫力が10割では

  • 【前半】
    新型コロナウイルスについて最新論文からの説明
  • 【後半】
    免疫力が高ければ新型コロナウィルスはほぼ抑えられるとの観点から、免疫力を強化するメソッドについて

が書かれていました。

 

塾生の皆さん、そして受験生をお預かりするたまき塾でもどのように感染を予防し、安全に安心に塾を運営していくかについて日々講師と話し合ったり情報のアップデートをして続け、出来る限りの感染予防対策をしています。

 

でも同じくらい大切なのが「免疫力を高め感染しない身体にしておくこと」だと改めて思いました。簡単にとりいれられる方法をいくつかご紹介したいと思います。

【免疫力を高める】朝の習慣

①カーテンを開けて、朝日を浴びる

朝日を浴びることで体内時計リセット睡眠の質の改善やメンタルの安定にもつながる。 

②コップ1杯の水で腸を目覚めさせる

グイッと一気に飲むことがポイント。

朝だけでなく1日 1.5リットルをこまめに飲むことが健康の秘訣!

続きを読む

2020年

12月

09日

【テスト終了後】やる気が出るルーティンとおすすめ勉強法

たまき塾で使っているテスト対策用問題集

【たまき塾恒例】テスト後の『やる気が出る工夫』

ようやく2学期の期末テストと3年生の学力診断テストが終了し、塾もピリピリとした戦闘モードから少しクールダウンしています。

 

たまき塾では定期テストが終わると【〇〇テスト報告書】

点数(前回比アップ・ダウン/平均点)だけでなく

  

①今回テストでの反省点

②今回のテストに向けて頑張ったこと

③これからの目標

 

この3つを必ず書いてもらいます。この順番もやる気が出るように考えています。

 

最後に反省を持ってくると暗くなってしまいますからね。

書いているうちにだんだん気持ちが上がるように工夫しています。

 

皆、いろいろ考えながらしっかり書いてくれます。

特にとっても頑張った子は色々な思いを書いてくれます。

 

「本当は出来たのに慌ててミスしてしまった!」

「頑張って覚えたことが全部書けて嬉しかった」

「時間が足りなかった、もっと練習しておけばよかった…」

 

テスト受けて『感じたこと』『学べた教訓』を文章にしてしっかりと認識することが大切です。この【テスト報告書】は塾を立ち上げたからずっと続けているたまき塾の『儀式のようなもの…皆、いつもよりちょっと神妙なのです。

 

1年生や2年生は、

「450点以上」とか、「次こそ400点を取りたい!」

という具体的な数値目標でしたが、

3年生は

「受験の直前に絶対後悔しないようにがんばる!」

「毎日疲れきるまで頑張って取り組む」

などのこれからの決意を書いた子が目立ちました。

 

次の授業で提出された宿題では決意したことが実行されていて私も添削に力が入ります。

【おすすめの勉強法】逆回し勉強法

テストが終わった直後行動その後【学力の伸び】に大きく影響します。

 

せっかくテスト勉強で頑張って詰め込んだことも暫く放っておくとどんどん抜けていってしまいます。

 またテストはその単元の重要な事柄ばかりなので受けっぱなしでなくやり直しをして出来ていないところをちゃんと出来るようにしておくことが【真の学力】をつけるために不可欠です。

 

たまき塾では定期テスト後

逆まわし勉強法』をおすすめしています。

 

今のテスト範囲もう一度しっかりと勉強し直す

  • そこから一単元ずつ順に戻って復習していく

という方法です。

  • 記憶が新しい分、出来ることが増える
  • 忘れてしまう前ですから学習時間も短く定着まで持っていける

からです。

 

テスト前は勉強して当たり前。
つまり皆が時速80キロ~100キロの高速で走っている状態。
頑張っていても他の子たちとたいした差はつきません。

 

『テスト後も継続』して勉強を続けることで差をつける!

テストが終わると一気に時速20キロに減速してしまう子が多いので、この時期にしっかりとたとえ時速40キロの勉強でも続けることでしっかりと他の子たちと差がつけられます。
自分の頑張った学力も落とさないので一石二鳥です。

 

頑張って集中して取り組んだことは宿題からヒシヒシと伝わってきます。

私はよく宿題はよくしゃべってくれる」と塾生に話すのですが

「ハァー、めんどくさいな~」

「怒られるからやっとこー」という宿題もあれば

「もっと出来るようになりたい!」

「わかってきて嬉しい!もっとがんばろう!」と聞こえてくるような宿題もあります。

 

たまき塾での冬期講習のクラス分けはテストでなく宿題の取り組みだと伝えています。

  • 宿題の頑張りや解き方で理解度を見て、クラス分け
  • 今までの学習の基礎固めから応用力までつける授業を行う

それが今年のたまき塾の冬期講習す。

 

皆さんにとって勉強が楽しくなるように、いつも宿題に添えるコメントは出来るだけ前向きなメッセージにしたいと思っています。

今日も元気に楽しく頑張りましょう!

 

2020年

12月

05日

【パワーフード】ご褒美で勉強のやる気アップ!

『パワーフード』ってご存知ですか?

皆さん、パワーフードってご存知でしょうか。

チアシードアサイなど、一時とても話題になっていましたよね。

 

そもそもパワーフードって何かと言うと、

  • 身体やメンタルに良くて私たちのエネルギーチャージしてくれる
  • 効果的に身体能力高める食べ物

といったところでしょうか。

 

勉強に役立つ食べ物というと

  • 暗記に役立つカレーライス
  • 集中力を上げる
  • 午前中に飲むと神経活性化してサッと勉強に取り掛かれるオレンジジュース
  • 緊張を和らげ精神を安定させるにはグレープフルーツ

などは以前にもお伝えしたのですが、一番のパワーフードって分の好きな食べ物かもしれません。

 

『ご褒美(好きな食べ物)』で子供のやる気がアップ!

頑張るにはご褒美が必要です。

 

昔は「物で釣って勉強をさせるなんてとんでもない…。」

と眉をひそめられたものですが、最近の研究では

 

子どもにもご褒美やる気アップすることは有効』

 

と言われています。

頑張るためのモチベーションとしては大人も子供もご褒美が一番効果的だということです。

 

それなら勉強を頑張ったご褒美自分の好きな食べ物にしてみるいかがでしょうか?

やる気もでますし、パワーフードになりますので一挙両得です。

 

うちの講師も昨年の冬期講習で受験生の中3生たちに

「今日1日めちゃめちゃ頑張った人は帰りにお家の方にコンビニでアイスを買って頂いたら?」

なんて言っていました。

朝から晩まで一心不乱に勉強していた塾生たちがとても嬉しそうにしていました。

 

『今日の学習ノルマをこなせたら、大好物のチョコレートを食べても良い。』

『1週間ちゃんと計画通りに頑張れたら大好物のハンバーグをお家の方に作って頂く。』

といったプチ贅沢を頑張る自分のご褒美にすると楽しくないでしょうか?

 

【ご褒美がゲームでもOK】勉強も楽しくないと続かない!

謎解きで人気の東大生、松丸亮吾くんも

 

英単語100個覚えたらゲームをしても良い、というルールを作って

勉強自体もゲームのようにして楽しんでいた。」

 

と言っていました。

 

楽しくないと続かない!

皆さんもぜひ自分で勉強が楽しくなるような工夫をしてみてはいかがでしょう。

【子供の脳の成長】朝食を取ることの大切さ

続きを読む

2020年

12月

04日

【11月の模試】E判定でも諦めるのはまだ早い

たまき塾生達の期末テストが終了 | 嬉しいひと時

ようやく期末テスト終了しました。

全力で頑張った後は結果が楽しみです。

 

今日は3年生が授業でやってきました。

「どうだった?」「 …。」

黙って解答用紙を見せてくれます。

 

「すごい!やるやん!」と声をかけます。めちゃくちゃ嬉しいです。

 

特に3年生は今まで何度も悔しい思いをしてきたので、今回は『自己ベストを更新しよう』をスローガンに頑張ってきたのです。まさに自己ベスト更新!

 

すると「○○ちゃんのほうがすごい。」と友達の結果を伝えてくれます。○○ちゃんは恥ずかしそうに、でもとっても嬉しそうにモソモソと解答用紙を出して見せてくれます。

そして「すごい、やるやん‼」喜びリレーです😊

 

2年前、今の3年生が1年生の時にクリスマスをした写真を見ていたのですがあどけない可愛い笑顔1年生だったみなさんが、こんなに頑張って成長していく姿を間近で見られるのは何にも勝る喜びです。

 

 

先日お伝えした葉一先生はたくさんの子たちに勉強を楽しくわかりやすく伝えられてとても素晴らしいと思います。
でも私はやっぱり塾講師って本当に幸せだと改めて思いますなぜなら皆さんと緒の時間を過ごし、同じ空気感を味わえるから。そして皆さんの本当に嬉しい瞬間に立ち会え、笑顔がそばで見られるからです。

【受験校の決定に直結】11月の模試の結果を踏まえて

『範囲の広い学力診断テスト模擬テスト』を受けてきたからこそ『テスト範囲が狭い定期テスト「勉強しやすい!」と感じてくれたようで、3年生は今までで一番、真剣に勉強していたと思います。

 

五ツ木模試の結果も返ってきてこちらは全員が満足とはいかなかったのですが、

 

「良かった子は気を抜かずそれを励みにしよう」

「悪かった子は本番でなくて良かったと思おう」

 

と話しました。

 

毎年、11月度の学力診断テストや模擬テストの結果が返ってくると、塾生の中には目に涙をいっぱいためて私たちの話を聞く子がいます。

 

受験校の決定に直結するこの11月の模試はとても重要で、11月にちゃんと結果を出せるように照準を合わせて夏期講習からずっと準備してきています。ですから11月に思い通りの結果が出ていないと本人が一番こたえているはすです。特に努力してきた子ならなおさら精神的にかなりキツイと思います。

【E判定でも諦めない】志望校を変えなかった塾生の話

私はこの11月でE判定だった先輩たちの話をしました。

 

E判定の結果を握りしめて目を真っ赤にして、それでも『頑張る』と志望校を変えなかった先輩はちゃんと合格したよ。その後の勉強が誰よりもシビアに出来たからじゃないかな。自分に厳しくなれたからじゃないかな。」

時に、励ましより事実の方が人を勇気づけると思うのです

 

私たちたまき塾は勉強だけを教えていると思っていません。

一人一人の思いや成長をサポートし、夢を持って勇気を出して前に進めるように道先案内人をしていると思っています。

 

勉強を教える人でなく勉強を通して一緒に頑張る同志という存在でしょうか。私たち講師がどんな時にも受験生の皆さんの足元を照ら灯りになれたらと思っています。

 

受験を通して自分の将来を真剣に考えたり、悩んだり、不安になったりしてもそれを自分で乗りこえなくてはなりません。きっと高校入試は初めてのことばかりで色々な面でしんどい思いをしていることでしょう。

 

でもその経験こそが『成長』です。皆さんを強くたくましく鍛えてくれます。そして精神を磨き上げてくれます。そう、たまき塾のたくさんの先輩たちのように!

 

これからも皆で力と心を合わせて一緒にに進みましょう!

2020年

12月

02日

【手書きのチカラ】葉一先生

たまき塾で使用する『手書きテキスト』

チャンネル登録者数100万人超えの先生

先日の『情熱大陸』で葉一先生が取り上げられていました。

 

葉一先生はYouTubeの動画『とある男が授業をしてみた』で小学生から高校生までの授業をわかりやすく配信されていて、私も自分や講師の授業の参考に拝見していました。

最初から葉一先生の熱い思いのこもった授業に魅了されました。

 

葉一先生はご自身が塾の先生をしていた時に、塾に通えない・また塾に来ていても講習を受けられないご家庭がたくさんあることに気づき、なんとか勉強が出来る方法をと一念発起して8年前からYouTube動画を配信されました。

 

現在なんとチャンネル登録者数114万人以上、総再生回数3億5千万回以上です。

 

「わからない子に向けて、楽しい言葉を使うと難しくないんじゃないかと思ってもらえるかと思って。」と作成された動画はとても親しみやすい授業です。たしかにその通りで私たちたまき塾も難しいことをどれだけ簡単そうに楽しそう伝えられるかが大切だと思っています。

葉一先生の言葉『手書きの力を大事にしている・信じている』

「勉強嫌いな子たちがやる気になるにはやっぱり人の心
先生の熱く語ることや頑張っている姿だ。
だからせめて動画でも機械的にならないように編集は一切行わない。」
とノンストップで授業動画を撮り続けていらっしゃいます。

 

「成績を上げることでなく学ぶ楽しさを伝えることが目的だ。」という言葉には心を打たれました。

 

私も『勉強って楽しい』と思ってくれる子ども達を増やしたいとたまき塾を立ち上げたのですが、たくさんの塾の中で、何とか塾生や保護者の皆さんの期待に応えなければ…と成績を上げること躍起になってしまい反省することが今まで何度かありました。やはり初心を忘れてはいけませんね。

 

動画で葉一先生の板書の綺麗さ・丁寧さに感心していたのですが、

 

手書きの力を大事にしているというか信じている」

 という言葉にハッとしました。

 

 

【たまき塾生にも好評】先生の想いをたくさん込めた手書きプリント

たまき塾で使用する講師たちの手書きのテキスト
続きを読む

2020年

11月

29日

【テストの最大の敵】睡眠不足 | 子供への大きな影響

睡眠不足は『子供の脳の成長』を妨げる

たまき塾でも実践!「早く寝なさい」は成績を上げるキーワード|『賢い子に育てる究極のコツ』 瀧 靖之著(東北大学加齢医学研究所教授)

明日が期末テストの1日目です。

 

テストの最大の敵は…睡眠不足!

 

最近の研究で、記憶を司る司令塔である脳の「海馬」の成長が睡眠の量にはっきりと影響を受けることがわかっているそうです。

さらに十分な睡眠時間をとっている子どもは慢性的な睡眠不足の子どもよりその海馬の体積が大きく、基本的な記憶力も優れているということが脳画像の解析から判明されたそうです。

 

【引用】『賢い子に育てる究極のコツ』 瀧 靖之著(東北大学加齢医学研究所教授)

睡眠不足は脳の大敵!『早く寝なさい』は成績を上げるキーワード

「寝る時間を削って勉強して、少しでも良い成績を摂ってほしい。」

と望むお母さんが増えているそうですが、睡眠不足大敵

 

子どもの成績向上受験合格を願うのであれば、しっかりと睡眠時間を確保するように努力する方が賢明だと述べられています。

 

記憶を司る海馬にとって睡眠は欠かせず「勉強した内容は、寝ている間に脳に定着する!」

 

このように考えると一夜漬けがいかに効率の悪い方法かがわかるはずです。

せっかく覚えても記憶に留まることなく、どんどん忘れていってしまうからです。

 

また睡眠不足による注意力・集中力の低下も大きなマイナスです。

 

勉強はグっと集中して出来るだけ短時間で行い、テスト前日だけでなく勉強を定着させるためにも、日々の集中力を養うためにも十分な睡眠時間をとることはとても大切です。

 

筆者は早く寝なさい」が子どもの成績を上げるキーワードになるのではないかと述べられていますが、たまき塾でもよく寝ている子の方は勉強の成果が出やすいことを授業で繰り返し伝えています。

 

皆さん、明日のテストのために今日は早く寝ましょう。

そして明日の朝すっきりした頭で勉強のウォーミングアップですよ。

2020年

11月

28日

【期末テスト対策演習】勉強は究極の団体戦!

真美ヶ丘中学の問題から始める『期末テスト対策』の作戦実行

昨日は終日『期末テスト対策演習』でした。

 

各学年 時間をずらして出来るだけ教室を広く使えるように、また出来るだけ塾生の勉強の仕上がりに合った時間割を組み、いざ対策!

 

中3の数学は今回『二次関数相似』という入試頻出単元がテスト範囲。

 

今回はまず

 

① 難問の多い真美ヶ丘中学校の問題を使って応用問題まで勉強する意識を高める

② 後半は各中学校の問題にシフトして仕上がりを確かめる

 

という作戦です。

 

解答だけでなくこのように講師が丁寧に書いてくれた解説を二色刷りにして解答と一緒に渡します。

【時間を無駄にさせない】生徒に合わせて『個別対応』

解説を片手にまず自分でしっかりと考えてみて、それでもわからない所は個々に質問し、講師が説明します。

 

テストが迫ってくるとそれぞれに出来ない問題が違うので『全体解説』では出来ている問題も解説を聞くことになりテスト直前の大切な時間をロスしてしまうからです。

勉強は究極の団体戦!

質問対応で講師が横にしゃがみこんで真剣に解説していると生徒が先生に申し訳ないと思ったのでしょう、自分も椅子から離れてしゃがみこんで聞いていました。その姿に笑いながら椅子を持っていきました。

 

うちの子たちは皆、本当に良い子。優しい人間としてとても賢い子ばかりで素晴らしい!と授業後に講師皆が口をそろえて褒めてくれ、私も嬉しくて「そうね、褒めてくれてありがとう。」とお礼を言いました。朝からの対策の準備や長時間のテスト対策の疲れが吹き飛びました。

 

男の子達もとっても優しくて何かあれば先に女の子に譲ってくれます。

誰かが良い結果を出すと全員拍手して一緒に喜んでくれます。

私は皆がそれぞれ周りの仲間のことを思い気遣ってくれる姿を素敵で嬉しいことだと思っています。

 

『勉強は究極の団体戦』です。

皆が心を合わせて互いを思いやり、互いに相手をリスペクトしている雰囲気なら実力以上の結果が出せます。

科学的にも集中している人の隣に座ると1.25倍に作業効率が上がるそうですよ。

 

「勉強も大切。でも一番大切な『としての優しさや思いやり、気遣い』が身についている皆さんならどこに行っても仲間と楽しくやっていける。」毎年塾生に話しています。

 

たまき塾は『素晴らしい塾生』がとっても自慢です!

続きを読む

2020年

11月

27日

【苦手科目も効率的に】サンドイッチ勉強法

どの順番で勉強するかはとても大切です。

たまき塾では効率的な学習法について最新のデータをご紹介しています。

 

今回ご紹介するのは『サンドイッチ勉強法』です! 

たまき塾がおすすめする『サンドイッチ勉強法』

サンドイッチ勉強法

ポイント① 一番最初に取り掛かるべき教科は?

一番最初に取り掛かると良いのは、

 

得意科目? 苦手科目? また

基礎内容』か『中級から応用問題』のどちらだと思われますか?

 

実は、得意科目でさらに少し難しい目の『中級から応用問題なのですって。

 

意外かもしれませんがスタート時に少し難し目の問題を解くと脳が刺激されて勉強のエンジンがかかりやすいそうです。

ポイント② 得意科目・好きな教科は『休憩時間』

さらに同じことをずっと続けるのではなく設定した時間で科目を変えていくことが飽きずに勉強できる秘訣です。

そして得意科目好きな教科の勉強を『休憩時間にする。

 

『数学』をがんばったら得意な『社会』、また次に『理科』をがんばったら好きな『国語』という風にチェンジしていくといった具合に苦手な科目得意な科目サンドイッチにして勉強を進めていく方法が総学習時間を増やし集中力をキープするための必殺技です。

 

いったん休憩を入れてしまうとそのままダラダラしてまうので好きな科目の勉強時間を休憩時間にしておくと良い。勉強の休憩を得意な科目の勉強でという発想です。

続きを読む

2020年

11月

26日

【簡単セルフチェック】うっかりミスは〇〇の悪さが原因!

ご存知ですか?『姿勢の悪さ』と『ミス』の関係

授業中、私がよく塾生の皆さんに注意することがあります。

それは勉強する時の『姿勢です。

 

①足を組むのがくせになっている。

②身体がどちらかに傾いている。

③前かがみになり過ぎている。

(問題と顔の距離が近すぎる)

 

思い当たりませんか?

このように勉強する際に姿勢が悪い子はミスをしやすいという特徴があります。

 

特に前かがみになっていると肺がつぶれた状態になり酸素が十分に脳に行きわたりませんので、集中することが出来ずその結果ミスを誘発してしまいます。

 

左右対称の姿勢にした方が集中力・思考力ともに高まるそうです。

 

また姿勢の悪い子の方が肩や首がこって疲れやすかったり頭痛がしたりと、学習面だけでなく身体面でも良いことがないのです。

『うっかりミス』は重大な問題

ここで《ミスについて》のお話!

 

「学力的には問題ないのに、テストでうっかりミスをしてしまう…。」 実はこれが一番問題です。

 

本人がこのように軽くとらえている限りミスは減らせません。ですから私たち講師は「ミスを含めてそれが実力!」と言い続けています。

 

たまき塾では『うっかりミス』というポップなものではなく、恐怖の『デスミス』と呼びます。

 

「うっかりした」「本当はわかっていたから大丈夫。」

なんて思っているかもしれないけれど、

 

とれるはずの問題を落としているところが一番問題!

 

と講師が各教科注意し続けています。

 

本番でミスなく解けるためには普段から常に意識して自分で気を付けていないといけませんし、ミスくらい何とかなるという感覚ではいつまでたってもそのミスを減らせません。

簡単に学習効果を高められる『ある行動』

さらに勉強する時に水分をしっかりと摂っておくことも効果的です。

『1時間にコップ1杯程度のお水を飲む』と学習効果が高まるとのデータが出ています。

 

塾生たちにもテストの日もコップ1杯のお水を飲んでいくように話しています。

 

その他にはテストの開始3時間前には起床すること。脳が完全に機能するには起床後3時間が必要で、その意味でも夜遅くまで勉強して朝ギリギリまで寝ているのは[最悪]です。疲れてフラフラで脳がフル稼働していない状態では解ける問題も解けません。

 

ですから早めに寝る、そしてテスト開始時間の3時間前には起きて勉強のウォーミングアップ》をして[脳がフル稼働できる状態]でテストに臨もうとも話しています。

 

せっかく勉強するのなら《効果的に効率良く!いこうではありませんか。〔身体の姿勢〕と〔勉強に臨む姿勢〕両方をしっかりと正して学習効果を高めましょう 

2020年

11月

23日

【期末テスト対策】学校別作戦会議・時間配分の練習

作戦会議|各学校&習得度別

たまき塾では各学校のテスト範囲を一面に掲示し、テスト対策を行います。

 

塾生たちの6校中学校で各学年・どの教科もテスト範囲がバラバラですのでテスト対策授業はまず講師作戦を練ることから始まります。

 

塾生の通う全中学校のテスト対策

  • 香芝北中学校
  • 香芝東中学校
  • 上牧中学校
  • 上牧第二中学校
  • 広陵中学校
  • 真美ヶ丘中学校

「この単元が一番弱いから、ここからスタートして…」

塾生皆さんの学習の仕上がり具合を見ながら対策授業の時間配分を決めていきます。

 

学校別で少人数の教室や移動式ホワイトボードも使用して教室を細分化し、講師もあちらこちら移動しながら全力での対策授業。

 

最初にこの様子を見た新人講師は「すごい…戦いみたいですね。」と驚いていました。

 

たまき塾ではテストスポーツの試合のようなものだと話しています。だから勝てるように作戦を練り、弱点は徹底的に繰り返して練習して出来るようにするのです!

続きを読む

2020年

11月

22日

『根拠のない自信』

本番でしっかり実力を出す子の特長

塾生によく話すのですが本番でしっかり実力を出す子の一番の特長根拠のない自信を持っていることです。

 

『自信』と『根拠のない自信』の違いは?と思われるかも知れません。

結果が出せた時や人から評価されて持てるものが『自信』、そうでなくても「自分は出来るのだ。」と思い続けられるのが根拠のない自信です。

 

塾講師としてたくさんの生徒たちと関わってきてこの根拠のない自信を持てている子たちは本当に強い!と心から思います。

 

多少結果が出なくてもひるみませんし落ち込みません。

「おかしいな…」くらいにしか思わず明るくチャレンジし続けます。

 

最近話題になっている『自己肯定感』が非常に高いのです。

自信があるから本番でもリラックス出来て実力も出しやすい、というメリットも大きいと思います。

自分の機嫌は『自分でとろう』

たまき塾では根拠ない自信』を持つことをおススメしています。

 

勉強を始める前には「こんなの簡単!」問題が解けたらさすが、私!」「最高に賢いな、オレ!」と自分褒めをするのです。自分で自分の気持ちを盛り上げる、そう自分の機嫌は自分でとるのです。

 

《自分の力を本番で発揮できるタイプ》と《本番では力を出せないタイプ》では実力が同じでも結果は全く違います何より自分に自信を持ち、自分を好きでいられると毎日楽しいではありませんか!

 

教室で最初は自信がなくてうつむきがちな子が、講師が褒めたりすることで表情が変わる瞬間あります。その瞬間を共有できるのは講師として本当に幸せで、私は子ども達がるい表情になって背筋がピンと伸びていくのを見るのが大好きです。

 

勉強では何か一つでも自信がついてきたら他もやってみようと思えます。次の行動につながり、チャレンジして出来ることが増え努力を続けるような良いサイクルが回り始めます。

 

「私は自分が賢くなくて良かったと思っている、だって精一杯努力しなくちゃいけないと思えたから。勉強が出来ることより、ちゃんと努力が出来る方がこれからの人生ずっと幸せだと思うよ。」と昨日、中3たちに話しました。

 

中学3年生の皆さんは高校入試に向けて受験勉強というステージ精一杯の努力を続けるという貴重な経験を積んでいるのです。

 

せっかくの一度きりの人生です。一番大切な《自分》に自信を持てないなんてもったいないではありませんか。

 

勉強だけでなく皆さんの毎日がもっと豊かになる、そんなお手伝いが出来れば嬉しいです

そんな思いでたまき塾では塾生一人一人が自信を持てるような声掛けと指導を心がけています。

 

2020年

11月

20日

【3連休も授業】塾生の成長!

11/21(土)~11/23(月)は世間は3連休なのですが、期末テスト1週間前でたまき塾授業です。

 

塾生の6つの中学校の期末テストの日程がやっと11/30~12/1と今回やっと揃いましたがテスト範囲は各学校でバラバラですので講師はその対応に全力を尽くしています。

 

昨日の中3生は社会の授業でしたが、先にそれぞれの学校のテスト範囲の問題を解く時間を取りました。その時の中3生の様子を見ていたら嬉しくて嬉しくて…

 

全員が集中して必死でものすごいスピードで問題を解いているのです。

 

1年生の時にはテスト前でもワチャワチャと楽しそうで集中できていなかったり、1週間前でも全然問題が解けていなくて、講師たちと「どうしよう…。」と気を揉んだものでした。

 

あの子たちがこの姿に…本当に凄い成長!嬉しい~っ!

と質問を待ちながら見続けていました。

 

そして少人数の教室で可愛らしい様子で頑張っている中1生達もこのように成長していくのがとっても楽しみです。

 

子ども達の成長目の当たりにできる幸せな場所だと思います

 

特に中3生達は今回のテストが内申点に関わる最後の定期テストです。

 

今までの習の積み上げや努力・思いを集結して最高の結果を出そう!と塾生・講師一同はりきっています。

 

中1生・中2生には来年・再来年の自分のためにも全力を尽くそうと話しています。

 

この3連休はたまき塾全員で《猛勉強》です! 

 

2020年

11月

20日

「勉強は最高の贅沢」

授業時間外の『講師と塾生』の過ごし方

たまき塾で授業の間に休憩時間に講師が教室不在で生徒だけになることはほとんどありません

 

授業の間の時間はテキストやプリントを準備したりしながら講師も生徒もリラックスして教室で雑談していることが多いです。

その休憩時間や授業の合間のブレイクタイムに講師と生徒たちとがいろんな話をしています。

 

先日、中3の保護者の方とのラインのやり取りで、

 

「塾長には勉強以外の人として大切なことを教えて頂いてとても感謝しています。娘からいつも授業でして頂いている話を聞きます。勉強はハードでもたまき塾だから塾に行くのが全然嫌でないと家で言っていいます。」

 

との嬉しいお言葉を頂きました。

『勉強ができる』ことへの感謝

勉強することはとても大切ですが、私は勉強が出来ることへの感謝が大切と思っています。

 

たまき塾通信などを通してもお伝えしているのですが、授業でも発展途上国では勉強したくても出来ない子たちが本当にたくさんいる中で日本で勉強出来ている私たちはとても恵まれているのだ話します。

 

「勉強したくなかったらしなくてもよい、

 勉強は最高の贅沢なのだから…。」

 

テレビで活躍されている林修先生東大時代の恩師に言われた忘れられない言葉だそうです。私も大切な言葉として心に留めています。

 

点数や偏差値をあげるためや志望校に合格するためだけの勉強なんて『もったいない』です。

 

「思考力をつけ、知識をどんどん吸収し、出来ること増やして社会で人の役に立って活躍できるようになって欲しいと自分にも言い聞かせるつもりで話しています。勉強が出来ることへの感謝が出来てモチベーションが上がると自然と行動も変わります。

 

私だけでなく講師達もそれぞれ自分の経験や思いを話してくれます。

結果が出なくて落ち込んでいる子に気づいた時には、その子が元気になれるような話をさりげなくしてくれています。

 

ちょっと無理をしている子がいたり、いつもと様子が違う子がいたらそっと寄り添って色々な思いを聞いてくれていることもあります。

 

その思いを塾生たちも受け止めてくれていて真剣な目で私たちの言葉に耳と心とを傾けてくれます。

 

『お互いに高め合っていけるような場所』

学力のみなら『心のパワーもチャージ出来る場所』

 

たまき塾はそんな場所でありたいと思っています。

 

2020年

11月

19日

【冬期講習】日程・新型コロナウィルス感染予防対策について

冬期講習 日程についてのご案内

2020年度 冬期講習の日程表をホームページ内の〔冬期講習概要ページ〕に掲載致しました。

 

塾生皆さんや保護者の皆さま、たまき塾の冬期講習をご検討して下さっている皆様に参考にして頂ければと思います。

 

冬期講習 概要ページはこちらから

冬期講習での新型コロナウィルス感染予防対策

今年の冬期講習感染予防徹底のため、例年と違って食事休憩の時間を設けず、全学年とも自習時間や問題演習の時間をカットしております。

 

教室での滞在時間を出来るだけ短くして、教室滞在時には全員がマスクを外さないことを徹底することで感染リスクを極力下げたいと思います。

また、それぞれの学年でゆったりとソーシャルディスタンスをとれるような教室での授業時間割にしております。

 

他塾から転塾下さった方々は、たまき塾の教室での生徒間のスペースの広さに驚かれます。たまき塾では4月~6月中旬までオンライン授業を実施し、その後 対面授業に戻してからずっと教室での生徒間1m以上のソーシャルディスタンスをとり続けております。

 

感染拡大の懸念がされていますが日々粛々と出来ることを徹底し、皆さんが安心して学習出来る環境を維持しつつ学力向上をはかれる塾でありたいと講師一同、熱い思いで真摯にお待ちしております。

2020年

11月

13日

【たまき塾の強み】国語|記述力(記述問題対策)

11/15(日)に第6回五ツ木模試を控えています。

たまき塾では11月は公立高校の基準となる藤井模試も、私立高校の基準となる五ツ木模試中3生全員受験します。

 

こちらは対策として昨日、平成30年の国語の問題を解いたものです。解答用紙を回収し一人一人採点と添削をし、次の授業でその解説を行います。

 

(6)は抜き出しでなく自分でまとめる問題(65字以上の70字以内で本文の内容を使って自分でまとめるもの)でなんと7割以上の生徒が正解出来ていました!

たまき塾での『記述問題』対策!

記述問題で自分で解答を作れるように

授業では解答の下になる部分の本文を板書し、

 

①「ここは不必要だから削る

    ↓

②「ここをつなげて一文にする」

    ↓

③「解答文末を問いに合わせてアレンジ

    ↓

④「指定字数8割を超えているか確認」

    ↓

⑤「自分で読んで文章の不備チェックで完成!」

 

今まで国語で点数が伸びていなかった子たちも条件に合った正解を書けていました。

 

国語の授業で何度もこの作業を説明しながら実際にして見せて自分で書いてもらい続けてきたことの成果で嬉しくて採点しながら「すごいやん!」と声を上げてしまいました。

 

「やってみせ 言ってきかせて させてみて 

 ほめてやらねば 人は動かじ」

 

という有名な言葉がありますが、まさにその通り!

出来るようになるためには指導者の持っていき方が大切だと思います。

 

講師がどれだけ思いを持って粘り強く指導し生徒たちが自分で出来るようになるのを待てるかで小手先のテクニックだけに走らず本当の力をつけられるのだと思います。

 

本番でもこの《記述力》を発揮して下さいね。

2020年

11月

10日

【たまき塾の強み】宿題チェック力!

たまき塾ではテキストの宿題もありますが、問題へのアプローチの仕方や理解の状態を知るためにプリントを宿題にして全ページを講師がチェックすることもよく行います。

 

こちらは中2の文法事項《接続詞》の宿題です。

それぞれが何が出来ていて、どこで間違えているかをしっかり見て、本人のに返却する際に説明したり授業で説明するなど、必ずフィードバックするようにしています。

 

そして講師のコメントには次もやってみようと思ってくれるような前向きになれる言葉を選んでいます。プラスの言葉でプラスの感情を引き出したいと思っているからです。
これはたまき塾を立ち上げた当初から14年間ずっと続けていることです。

 

宿題を1ページ1ページ見てコメントを書きながら、「がんばれ、がんばれ、この調子!」と思っています。このコメントがとても嬉しかった、と卒業生も言ってくれます。ただ宿題プリントを提出してくれないことにはチェックも説明も励ましようもありません。

 

ですから宿題を徹底するように各学年伝えています。たまき塾は各教科必ず宿題を出しますが、それはおうちでトレーニングして理解を深め・出来るを増やし・スピードアップを図るためです。

人は『反復しない』と新しく覚えた事柄を『次の日には約80%忘れる』

宿題習ってから出来るだけ早めにすることがおすすめです。

 

心理学の『エビングハウスの忘却曲線』で有名ですが、人は反復しないと新しく覚えた事柄を次の日には約80%を忘れてしまいますその80%を限りなく少なくするためには、少しの時間で良いので忘れる前に反復することです。

 

例えば実験によると

  • テスト前に《一夜漬けで勉強した子》
  • きちんと《計画的に勉強した子

その時のテストの点数には、さほど点数の差は見られないですのですが、

1ヶ月後に確認すると・・・

  • 計画的グループ記憶が定着していた
  • 一夜漬けのグループほとんど覚えていなかった

という結果に。 

この結果からも、本当の実力をつけるいう意味では

 

計画的に学習し、何度も反復していく 

 

ということが必須です。

 

たまき塾の宿題はその定着のためで、各教科必ず宿題を出しています。「なるほど!」と意味が分かると宿題も苦にならなず、がんばろうと思って頂けると思います。

 

暗記が苦手だとよくお聞きしますが、暗記力でなく定着させる方法を実践していないことが大きな要因だと思います。

忘れる前に反復はとても【お得な勉強法】ですのでお試しください。

塾生皆さん、宿題の提出お待ちしていますね。

2020年

11月

05日

【勉強の極意】やる気スイッチ?

うちの塾生のなかにも塾では集中して真剣に勉強できるのに、家ではなかな勉強が出来ない…というタイプのお子さんがいます。すると「やらない できない わからない…」という負のループに陥ってしまします。

 

そこで今日はそんな家で勉強できない症候群の皆さんの解決法はあるのか?

またテレビCMでよく聞く《やる気スイッチ》はあるのか?

問題についてお話ししたいと思います。

 

やる気スイッチ残念ながらありません。

 

ただここでいう《やる気スイッチ》とは『他の誰かが押してくれる』という感覚のスイッチのことです。

 

でも自分でやる気を作る方法は・・・あるのです。

『やる気スイッチ』の入れ方

とりあえず15分だけ真剣に全力で勉強してみる!というもの。

 

15分してみるとなんかノッてくる…

そして、ちょっと面白くなってくる

 

これは心理学的にいう《作業興奮》で、部活などのスポーツやお家の方の家事でもそうだと思いますが最初はイヤイヤやっていたのにそのうちノッてくる、真剣に集中している感じです。

この方法で自分で自分のやる気スイッチをオンにするのです。

 

15分全力で頑張ってみるのにおススメなのは

 

① 計算問題などのちょっと軽めの勉強や得意教科の勉強

② 気持ちがノッてきて、エンジンがかかったら

  集中しないと解けない応用問題じっくり上げたい教科に移行します。

③ 休憩は10分間何もせずぼ~っとがおすすめ。

  新しいことをインプットした後は10分間、頭を空っぽにすると定着率が上がります。

 

うちの中学2・3年生の勉強上級者成績上位者皆取り入れているこの方法、皆さんもぜひお試し下さい!やる気スイッチは自分でオンにしましょうね。

 

塾でも勉強してみたいという皆さん、たまき塾の冬期講習で一緒にがんばりましょう!

お待ちしてますね。

冬期講習のお申し込み・お問合せはコチラ

■メール・LINEでのお問い合わせ(24時間受付)

https://www.tamakijuku.jp/contact/

 

■お電話でのお問い合わせ

☎ 0745-54-0141(受付時間 14時~19時)

※受付時間以降は教室全体が授業に集中しております。
 受付時間内にお電話下さるとありがたいです。 

2020年

11月

02日

冬期講習での『徹底力』|難関高校合格者の共通点

たまき塾の冬期講習はこちら

たまき塾の『冬期講習』は なぜ『中学1年生・2年生 限定』?

たまき塾では【冬期講習】の募集は中学1年生・2年生限定させて頂いております。

受験学年の3年生は、塾生のみでの【冬期特別授業】を行います。中学3年生は塾生一人一人の志望校合格に向けて、今まで積み重ねてきた学習の総仕上げと最後の追い上げに集中するためです。

 

中学1年生・2年生の冬期講習では各教科学習の積み残し解消』を徹底したいと思います。

3年生になって学校生活を送りながら新しい内容を学習し、1・2年生の内容の復習をしつつ入試問題に挑戦する…、これだけの時間はなかなか確保出来ません。

 

たまき塾でも3年生で結果を出せている子そうでない子を考えると、この学習の積み残しの有無が大きく影響しています。「受験生になったから」と3年生で頑張っても、なかなか結果に表れないのは、この1・2年生の内容がきちんと習得出来ずに進んできてしまったからです。

難関高校の合格者の共通点

たまき塾の先輩でも『夏期講習』『冬期講習』『春期講習』で、忘れてしまう前に徹底して重要単元を学習し、学力・応用力までつけた子たちは3年生になった時の実力の伸びが顕著です。

 

奈良高校畝傍高校西大和高校・近畿大学附属高校Super文理コースなどの難関高校合格者は、冬期講習で徹底して学力の補充応用力を付けていました。またこの時期にグッと学力を上げた子たちは志望校校を入塾当初よりかなり上げられています。

 

冬期テキストは完璧に仕上げてきて書き込みとやり直しがいっぱい、こちらが感動するくらいに仕上がっていて毎年コメントを書くのも力が入ります。

続きを読む

2020年

10月

28日

【たまき塾の強み】継続力|ひたむきに

こちらは【たまき塾通信】です。14年前たまき塾を立ち上げた時からほとんど毎月、手書きで塾生や保護者の皆さまに私がお伝えしたい思いを書いてお届けし続けています。たまき塾通信はファイルに入れて全て保存して下さっている仰って下さるそうで、とても嬉しいです。

 

中学3年間たまき塾に通ってくれ大学生になってうちで講師として活躍してくれた女の子に「【たまき塾通信】も先生から頂いた、たくさんのお手紙も全部大事に残しています。」と言って貰った時、驚きましたしちょと涙が出そうでした。

 

メールやラインと便利な世の中になったからこそ、余計に手書きがあたたかく感じることがあるのかもしれません。実はうちの塾生たちは講師の書きのプリントが大好きです。「なんか…嬉しい!」と大切に【永久保存版】にしてくれています。

 

オンライン授業や公式LINEアカウント導入始めとして新しいことを素早く取り入れ、塾としてより良くなるためにどんどん変化していきたいと思います。でも長年わらぬ事があるのが《たまき塾の強み》です。

 

2020年

10月

25日

【たまき塾の強み】添削力|一人一人丁寧に!

たまき塾の強みって何?

たまき塾の強みとは何だろう?と講師に問いかけてみました。出るわ、出るわ…。

 「え、それって特別なことなの…?」長年ずっと続けている数々のことを全て当たり前だと思っていたのです。

せっかくなのでホームページでお伝えしましょう!との提案。今後このブログでどんどん発信していきたいと思います。

たまき塾の強み① 「添削力」

まずは【添削力】です。この板書は[数学の図形の証明]の授業です。証明は苦手な子が多いのですが、たまき塾では《数学の神》と呼ばれる講師が生徒の答案を集め一人一人丁寧に添削してくれます。ここまで2点、これが書けていないからマイナス1点、いらないことを書いてマイナス1点。

 

足りない部分や誤っている部分を赤でガッツリ書き込みます。

頑張っている子には〔はなマル〕〔スタンプ〕〔講師からのコメント〕で一人一人を見ていくので授業と同じくらい、いえ、それ以上の時間がかかります。

とても頑張って完璧に証明が出来た子は皆の前で褒めまくり拍手喝采です!

 

証明って苦手な子が多いのですが講師のその努力や思いに応えてくれ、中3は模擬テストで全員証明を書き上げていました!《数学の神》にならって他の講師も添削を実践しています。

 

これがたまき塾の強み!繰り返し繰り返し出来るまで一緒に。

だから塾生も決してくじけることなく頑張れます。

 

〔証明〕は論理的に考える《思考力》を身に付けられますし模擬テストや入試での配点も非常に高いのです。

数学でこの〔証明〕の範囲を得意にしておくとかなり有利!塾生のチカラを引き上げる講師の影の努力に感謝しています。

2020年

10月

24日

【新型コロナ感染対策】自動消毒装置を設置!

たまき塾では教室の入り口ドアを開けると直ぐに自動アルコール消毒装置を置いています。

このおかげで教室に入る全員が容器に触れることなく消毒出来ます。

 

センサーに反応してアルコールが噴射されるのですが、授業中など横を通って不意にシューッと消毒されてしまうのは塾長の私だけのようです…。

 

たまき塾には予防医学をしっかり勉強している講師が在籍してくれているため、塾として出来得る最善の感染予防対策 をとっています。

 

塾生皆さんも感染予防対策を全員がしっかりと実践してくれていて有難いです。

これから風邪やインフルエンザなども流行する季節です。

引き続き徹底して感染予防対策を行ってまいります。

2020年

10月

22日

【中間テスト終了】塾生の成長|嬉しい瞬間!

10/5にスタートした上牧中上牧台第二中、さらに香芝東中香芝北中、そして広陵中真美中と長かった《中間テストのリレー》が昨日ようやく終了しました。

 

たまき塾は今、有難いことに6つの中学校から塾生が通ってくれています。

今年は異例の授業の進度そして各中学校のテストの日程が異なり、定期テスト対策はいつも以上に少人数での学校別・範囲別に行いました。皆さんの頑張りと講師の熱のある授業での嬉しい結果を期待していますね。

 

とても嬉しいひと時があります。それは今の時期に塾生が「先生~っ」て声をかけてくれる時

 

「何、何、どうしたん?」たいてい声のトーンと表情でわかります。「実力テストの結果が…。」「上がったん?」「上がりました!」この時の表情そして一緒に「やったあ!」「がんばったもんね。」という瞬間がたまりません。

 

勉強はかけた時間と成績が比例のグラフにはなりません。

ちょっと頑張ったら直ぐに結果が表れるものでもありません。

 

集中と努力との積み重ねと日々のトレーニングをひたすら続けて初めて少し成果が感じられ、ひたすら継続してようやく結果につながります。

 

特に受験学年の中3生は【学力診断テスト】【模擬テスト】は出題範囲が広く、一足飛びに結果があらわれないこともあります。

 

それでも日々の成長を発見し出来るだけ一人一人に言葉にして伝え「もう少し!」「出来てきているから、あとひと頑張り!」と伴走するマラソンの監督のような立場が『塾講師』だと思っています。

 

努力をし続けて、ようやく結果が出た時の嬉しそうな表情・ぴんと伸びた背中・自信に満ちた目、塾生の成長の瞬間に立ち会える塾講師ってとても光栄な幸せな仕事思っています。

その成長の過程に関わらせて頂けるのが大好きで30年近く塾講師を続けているのかもしれません。今年もたまき塾生の皆さんがどんな成長をみせてくれるのか楽しみです!

2020年

10月

15日

【数学の神と呼ばれる講師の話】勉強の極意|学習体力をつけよう!

日頃、中学3年生を担当の『たまき塾の数学の神』と呼ばれる講師が中2の中間テスト対策〔数学〕に入りました。

 

中2は【一次関数】がテスト範囲で満を持して登場してもらいました。圧巻の授業でどんどん説明して欲しい問題のリクエストで手が上がります。「わかりやすい~!」と喜んでくれていました。

 

もちろん『数学の神』と呼ばれるだけの講師の力量もありますが、もう一つ!いつもと違う授業での《緊張感》も大きな要因だと授業後に話しました。この緊張感は学習においてとても大切な《集中力》を高めてくれるのです。

 

せっかくなので「数学の神から皆にメッセージを」とお願いしたら彼女はこんな話をしてくれました。

「数学の神」からのメッセージ

みんなさあ、長距離とか走る時に陸上部のことか、運動部の子たちって強いのわかる?
・・・なんでだろう?

 

それは普段から毎日トレーニングして体力がちゃんとついているからだよね 

 

普段、運動していない子は全然体力がないから走れないしすぐバテちゃうよね。

勉強も一緒でさ、まったく勉強して来なかった子が ”3年生になって「受験だから」って急に勉強しても勉強の体力がまったくついていないから、長い時間勉強できないし苦痛だよね。

 

でも1年生・2年生の時から毎日2時間でもちゃんと勉強しておいたら、勉強の体力があるから3年生になってもプラスあと少しだけ…そんなに大変じゃないよね。今、その〔勉強の体力)をつけておいたら来年、受験生になった時にすごく楽なのわかる?

  

それから、皆ゲームするよね。ゲームの時に攻略法って考えるよね。どれから倒したらよいかとか、どうしたら強くなっていけるかとか。
定期テストとか受験勉強も一緒だよ?
その攻略法を講師が今、皆に授業で伝えているんだけど皆さんちゃんと受け取ってくれているかな?

皆、とっても良い表情になって帰っていきました。

うん、だいじょうぶ!

皆まだまだ強くなれます! 

 

2020年

10月

10日

【奈良 広陵町の美味しいパン屋さん】ご近所のサポート|スペイン石窯パン GRECO さん

移転前、

『スペイン石窯パン GRECO(グレコ)』さんはたまき塾のご近所で、夏期講習や冬期講習の際には長時間の授業の軽食に中3生はGRECOさんのパンを買いに行くのを楽しみにしていました。塾生にはベーグルやメロンパンが大人気でした!

 

焼き立てのパン、そして季節に合わせた新作のパンがたくさんの大人気のお店です。スタッフ皆さん、いつも笑顔が素敵で明るくて感じが良い方ばかりでつい色々お話させて頂きます。

 

 

新教室はGRECOさんから少し離れてしまいましたが、オーナー様のご厚意でたまき塾のリーフレットを入り口に置いて下さっています。とても目立つところに置いて下さっていて本当に有難いです。

 

私のお気に入りは『栗コロ』と『葡萄ホイップ』!

焼き立ての美味しいパンのお供にたまき塾のご案内も手に取って頂けましたら嬉しいです!

 

ご紹介したパン屋さん

スペイン石窯パン GRECO(グレコ) 


2020年

10月

08日

【講師紹介】チカラと心を合わせて

たまき塾には現在8人の講師がいます.

うちの講師の特長を一言で言うと…「あったかい」だと思います。

 

 講師の一人は奈良を離れていたのですがコロナ禍でオンライン授業を導入する時に直ぐにかけつけてくれ、授業がスムーズに運ぶようにサポートしてくれました。現在もオンライン授業で数学・理科を担当してくれており、わかりやすさには定評があります。

 受験学年3年生の数学を担当してくれているのは、学生時代模試で数学の偏差値80をたたき出していた数学が大好きな女性講師毎年、塾生の理解度に合わせて、模擬テストや入試問題の解説を丁寧にわかりやすく作り直してくれる実力派!

やわらかい物腰と真心ある言葉で皆の心も元気にしてくれています。

 

 塾生にいつ勉強の面白さを伝え、受け身でなく自分で考えることを促してくれる数学・理科に加えて社会が得意な講師もいます。説明しすぎず生徒達が応用力をつけられるように思考のプロセスを重視する「生徒の成長を信じて待つ」ことが出来る講師です。

 

どうしたら皆もっとやる気になるだろう?』

『どうしたら皆もっと出来る様になるだろう?』

 

たまき塾の講師は日々、考え続けています!

 そしてけっして優しいだけではありません。

成長を期待して指導者としての厳しさとあたたかさを合わせ持ってくれています。

 

「チカラと心を合わせてがんばろう!

これが私たち講師の合言葉。

 ー塾生全員が出来るように!ー

 一番大切なこの思いを共有して、より良い授業にアップデートしてきたいと思います。

 

   

 

2020年

10月

06日

【おすすめ書籍】えんとつ町のプぺル

話題になっている絵本、『えんとつ町のプぺル』

12月に映画化が予定されているキングコング西野さんの作品です。予想以上の感動でした。

 

絵もとっても素敵なのですが、物語に深みがあって子ども達だけでなく中学生・高校生・大学生そして大人の心に響く1冊だと思います。

 

私は何度読んでもラストシーンで涙があふれます。そして何度も読み返したくなる1冊です。

 

私が一番ジンとしたのは

「かまわないよ。きみがはじめてボクにはなしかけてくれたとき、ボクはなにがあってもキミの味方でいようと決めたんだ」という言葉です。

 

きっとみなさんにもそれぞれ心に残る素敵なシーンがあると思います。それが本の素晴らしさです。

 

このプぺルの絵本は上段に日本語で、そして下段には英語でストーリーが織りなされています。

 

英語もわかりやすく理解しやすい表現でしたので、ぜひ中学生の英語の授業で紹介したいと思います。

 

また10/20スタートの中学準備講座の国語・英語の第1回目の授業をこの『えんとつ町のプぺル』を題材にして行いたいと思っています。

 

学びの一番の原動力は心が動くことだと思います。『感動』なくして本当の意味での『学び』はないと思うのです。

 

この素敵な1冊を皆さんと日本語で、そして英語でも共有できたら素晴らしい学びのスタートになる!と心から楽しみにしています。

 

みなさんが自分の大好きな1冊、宝物の1冊が見つけられるように『道しるべになる国語』の授業をしたいと思います。

 

【広陵・真美ヶ丘・香芝の小学6年生対象】 中学準備講座のページはこちら

2020年

10月

01日

【塾をお探しの方へ】LINEでお問い合わせができるようになりました

【広陵町・真美ヶ丘・香芝市で塾をお探しの方へ】

たまき塾のLINE公式アカウントができました!

塾についてのご質問、体験授業申し込みなど、お気軽にお問い合わせください。

たまき塾のLINEアカウントはこちら

友だち追加

「友だち登録ボタン」をタップしていただくとお友達に追加されます。

追加後、お問い合わせ内容をメッセージにてお送りくださいませ。

  • メッセージ欄にはお問い合わせ内容をご記載ください。
    (例:入塾説明希望、体験授業希望 など
  • 授業時間を除いた営業時間内(14時〜19時)のお問い合わせには当日中にご返信いたします。
  • 営業時間外、定休日にいただいたお問い合わせに関しましては翌営業日にご返信いたします。
  • お電話でのご連絡をご希望の場合は、その旨とお電話番号をメッセージ内にご記載ください。

下のURLをタップ、もしくはID検索・QRコード読み取りでもお友達追加が可能です。

URL https://lin.ee/Mpk1AGE

ID  @983arkmb

続きを読む

2020年

9月

23日

小学5・6年生が大切!

先日、講師と「勉強が出来ない」と思い込んでいる子の共通点は勉強の仕方が身についていない」・「何をすればよいのか」がわかっていないのではないかという話になりました。

 

「何を」「どのように」「どれくらい」学習すれば良いかを具体化し明確にすることで、ずいぶん改善できるのではないかと思います。

 

もちろんお家で勉強することは必要ですが、

 

【するべきことが明確化】

     ↓

【出来ているかチェック】

     ↓

【できなかった原因究明】

     ↓

【わかりやすく解説】

     ↓

【パターン練習でスピードアップ】

     ↓

【出来るを実感!】

 

これを一緒に行うコーチがいると『勉強』も楽しく進めていけるのではないでしょうか。

 

実はずっと小学5・6年の勉強がちゃんと身についている子は強い!』と感じていました。

 

小学5・6年生の学習がきちんと出来ていると、その後の勉強が楽に進められ大学入試や社会人になっても結果が出せる!ということです。

 

小学生の時の教えていた生徒たちが驚くべき難関大学に進めていたり、また社会人になっても活躍していたりということを目の当たりにしてきました。

 

「やんちゃだったあの子が…?」

「ニコニコ可愛かったあの子が…?」

という感じで小学生の時にとびぬけて勉強が出来ていた秀才たちではけっしてありません。

 

これが今年「中学準備講座を秋にスタートしよう」と思ったきっかけです。

 

『最小限の準備で最大限の学習効果を!』とは手を抜いて楽をしてもらおうということではありません。

 

皆さんが大人になった時に必要な力をつけられるように効果的に学習をスタートするきっかけにして頂きたいという思いです。

 

「勉強って楽しい!」

「わかると嬉しい!」

「自分には力がついている!」

と感じて学びに積極的になって欲しいと思います。

 

たまき塾は『真の学び』を提供できる塾でありたいと思っています。

 

 

▽ 【広陵・真美ヶ丘・香芝の小6対象】 中学準備講座のページはこちら ▽

https://www.tamakijuku.jp/tyugakujyunbi-class/

 

2020年

9月

18日

【真美ヶ丘 広陵 上牧】小学生対象:公立中学準備講座 

小学生の時お預かりしていた女の子が早稲田大学に進学したと伺いました。

 

算数が嫌いで勉強に自信がなかったけれど、くりくりした目の素直で笑顔の素敵な女の子でした。

 

お母様から「たまき塾で勉強が楽しいと思えてあの子はそれからずっと勉強が好きなんです。」とおっしゃって頂きました。

 

改めて「小学生の時の勉強って本当に大事なのだ」と思いました。小学生の時の勉強は学びの原点かもしれません。

 

また中学生の授業をしていてどの教科も小学生でのつまづきやトレーニング不足がかなり影響していると思うことがあります。

 

そこで公立中学準備講座を開講し勉強に対するイメージを変える、そして学習ピラミッドの土台作りをして、さらに新しい学びにしっかり対応も出来る『学習体力』をつけて頂きたいと思っています。

 

各教科しておきたいことは中学部からのフィードバックで、詳しいカリキュラムを決めません。

 

たまき塾の得意とする『一人一人にフォーカスする授業』生徒さんの状況で学習内容を変えていきたいと思っています。

 

私がこの講座で一番したいのは【国語力をつける】ことです。

 

学びの土台である言葉を理解する力はどの教科にも大きく影響します。

 

相手の話す言葉や文章の内容をしっかり読み取ることが必然的に全ての教科の学習には必要です。

 

ところが中学生のハードなスケジュールの中で、国語をじっくり勉強する時間を取ることがなかなか難しい・・・。この言葉の力不足が全ての教科の勉強の理解を妨げてしまう…

 

この負のループを準備講座で解消したいと思っています。

 

 皆さんにと一緒に『学びの秋』『実りの秋』にしていきましょう。

 

【広陵・真美ヶ丘・香芝の小6対象】 中学準備講座のページはこちら

2020年

9月

08日

【ピンクが目印!】たまき塾の入り口

移転してから4か月が経ちましたが初めてお越し下さるお客様に「どこから入ればよいですか?」とお尋ね頂くことがありましたので、たまき塾の看板を作成して頂いたプロアートさんにお願いして可愛くわかりやすい看板を付けて頂きました。

 

ピンクが可愛い!と講師と喜んでいます。

 

正面は自動ドアで南口は普通のドアと入り口が二か所ありますのでどちらからでもお入り下さいませ!

 

 

 

 

2020年

9月

03日

【親御さんとの繋がりも大切に】LINE公式アカウント導入!

奈良県 広陵町の学習塾 たまき塾 | LINE公式アカウント開設

9月からたまき塾LINE公式アカウントを作成し、早速全塾生の保護者の皆さまにご登録頂きました!

 

今後欠席のご連絡もこの公式アカウントを利用して今までの電話でのと連絡よりスムーズにして頂けます。

また塾からの保護者の皆さまへのご連絡やご案内も色々させて頂きやすくなりました。

 

新しいツールを利用し塾生皆さんにも保護者の皆さまにも喜んで頂けるよう進化し続けていきたいと思います。

「たまき塾への入塾」をお考えの方もお気軽にお問い合わせください!

2020年

9月

01日

【教室を公開】これがたまき塾!

今日から9月。たまき塾の教室も模様替えをしてみました。少人数授業も行いやすいように机の配置を変更!これで色々な授業やサポートが出来ます。

 

 

 

 

2020年

8月

25日

たまき塾の駐車場・駐輪場

看板を作成して頂いたプロアートさんに今度は駐車場の看板もお願いしました。

 

たまき塾のイメージで可愛く、わかりやすくとたくさんのプランをご提案頂きいろいろ検討してこのつ2つに決めました。大満足の仕上がりです。

 

新教室では1階部分が駐車場で雨にも濡れずに建物に入れてとても有難いですが、初めてご訪問下さる方に「どこに停めたらよいでしょうか?」と聞かれることが多かったのです。

 

2階の市川道場さんとの共有駐車場で、道路を背にして進行方向の右側がたまき塾の駐車場です。奥には駐輪スペースもあります。ご来訪の際にはぜひ看板もご覧下さいませ。

 

最近ホームページを見てと電話やメールでお問い合わせを頂くことが多くとても有難く喜んでおります。皆さまに気持ち良くたまき塾にお越し頂けるように、さらに色々工夫をしていきたいと思っております。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

2020年

8月

16日

【おすすめ書籍】みかづき|長編小説

以前に読んだ森 絵都さんの『みかづき』という長編小説をこのお盆休みにもう一度読んでみました。長い長い物語なのですが夢中になり一気に読み終えました。

 

終戦後に塾を立ち上げ生涯を自塾の発展に捧げ『学習塾』という場で子ども達の教育に情熱を傾けたパワフルな女性とそのむすめ達、そして孫の青年と3代にわたるストーリーです。

 

塾講師としての気づきや感動が多々あり読み終えて原点に帰れた気がします。以前に読んだ時とは違う発見もあって、とても良い刺激になりました。

 

中学生の皆さんには森 絵都さんの『カラフル』がおすすめです。森さんの小説は織りなすストーリーの中に元気が出る素晴らしいメッセージが散りばめられています。

 

皆さんがこれから色々な小説を楽しむ読解力を育めるように、また何にでも興味を持って意欲的に取り組んでくれるように…と切に願います。そしてその原動力になる授業が出来る塾でありたいとの決意を新たに明日からの授業に励みたいと思います。

 

 

 

 

2020年

8月

14日

【勉強も積み重ねが大事】学習体力

勉強にも運動でいうところの基礎体力のようなものがあります。たまき塾では『学習体力』と呼んでいるのですが、この『学習体力』は日頃の学習はもちろん、春期講習・夏期講習・冬期講習でも培ってきていると思います。学校がお休みの期間にどれだけ復習やトレーニングを重ねるかによると授業で話しました。

 

難しい苦手な範囲はテストが終わったらもういいや…と放っておきがちですが、各教科のこの積み残しが3年生の受験勉強の大きなマイナス要因になってしまいます。出来なかった問題は赤で答えを写して終わり…これでは力は決してつきません。

 

出来ない問題は授業で講師の解説を聞いたり問題集の解説を読んだりして人に説明できるくらいにしておかないと決して自分で解けるようになりません。

 

受験生の3年生も自分の学習の積み残しを痛感しているようで今度こそこの弱点をつぶすのだと真剣に取り組んでいます。3日間のお盆休み前に今年の夏期講習の感想を尋ねると「今までで一番勉強している!」と口をそろえてくれました。

 

思いきり勉強した感想は?と聞くと「わかることが増えて嬉しい」「前より授業が分かるようになってきている」「テストの点数が変わってきた」「自分の弱点がよくわかった」「毎日クタクタになるまで勉強したけれど、なんか気持ち良かった」

 

それぞれが話してくれたこの言葉を1年生や2年生にも伝えました。受験勉強はもう1年生からスタートしてるのです。自分たちの今の頑張りが『学習体力』として蓄えられます。これからどんどん成長していくために皆さんも今、自分が出来ることを精一杯しておいてほしいと思います。

 

せっかくつけた学力をさらに加速させていくために、お盆休みも返上で全力で頑張る3年生達に心からエールを送ります。私たちも皆さんが自律して努力出来るサポートとモチベーションが上がる授業をしたい思います。

 

ー皆でがんばった暑い夏ーきっと結果と自信につながります。記憶に残るくらい思いきり勉強をして『自分を変える夏』にしましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

0745-54-0141
友だち追加

アクセス

最新情報・ブログ

ブログ一覧はサイトマップをご覧ください。 こちらへ

ご紹介記事

「奈良県女性起業家支援事業」

第1回としてインタビュー記事が掲載されました。

ご覧ください。

こちらからご覧いただけます。