【おすすめ書籍】えんとつ町のプぺル

話題になっている絵本、『えんとつ町のプぺル』

12月に映画化が予定されているキングコング西野さんの作品です。予想以上の感動でした。

 

絵もとっても素敵なのですが、物語に深みがあって子ども達だけでなく中学生・高校生・大学生そして大人の心に響く1冊だと思います。

 

私は何度読んでもラストシーンで涙があふれます。そして何度も読み返したくなる1冊です。

 

私が一番ジンとしたのは

「かまわないよ。きみがはじめてボクにはなしかけてくれたとき、ボクはなにがあってもキミの味方でいようと決めたんだ」という言葉です。

 

きっとみなさんにもそれぞれ心に残る素敵なシーンがあると思います。それが本の素晴らしさです。

 

このプぺルの絵本は上段に日本語で、そして下段には英語でストーリーが織りなされています。

 

英語もわかりやすく理解しやすい表現でしたので、ぜひ中学生の英語の授業で紹介したいと思います。

 

また10/20スタートの中学準備講座の国語・英語の第1回目の授業をこの『えんとつ町のプぺル』を題材にして行いたいと思っています。

 

学びの一番の原動力は心が動くことだと思います。『感動』なくして本当の意味での『学び』はないと思うのです。

 

この素敵な1冊を皆さんと日本語で、そして英語でも共有できたら素晴らしい学びのスタートになる!と心から楽しみにしています。

 

みなさんが自分の大好きな1冊、宝物の1冊が見つけられるように『道しるべになる国語』の授業をしたいと思います。

 

【広陵・真美ヶ丘・香芝の小学6年生対象】 中学準備講座のページはこちら

お問い合わせ

0745-54-0141
友だち追加

アクセス

〒635-0831

奈良県北葛城郡広陵町

     馬見北1丁目5-10

■ 2階に市川道場さん
■ 白色の3階建て
■ 先端がオレンジ色の建物

最新情報・ブログ

ブログ一覧はサイトマップをご覧ください。 こちらへ

ご紹介記事

「奈良県女性起業家支援事業」

第1回としてインタビュー記事が掲載されました。

ご覧ください。

こちらからご覧いただけます。