【まずは姿勢を正して脳を活性化】習慣を変えたら成績が上がる!

【脳のパフォーマンス向上】勉強中も『姿勢』を正して

たまき塾では授業中、

姿勢!」

と声をかけることがあります。

 

集中して問題を解いていると、どうしても

『前かがみで問題に目を近づけすぎる』

机に突っ伏したような状態なりがちなのです。

 

この姿勢は、
パフォーマンスマイナスです。

 

背筋をピンと伸ばす

手元からある程度の距離を保つ

 

これが脳を活性化させ

  • 集中力アップ
  • ミスを減らす

とのこと。

 

テストでミスをたくさんしてしまう生徒は

脳に良くない姿勢の悪さ習慣になってしまい、

テストでもこの姿勢で解いてしまいます。

 

『もったいない!』

 

塾の授業中、気づいたらすぐに声をかけてます。

 

すると全員、ピンと背筋を伸ばしています。

成績が上がらない5つの習慣

成績が上がらない習慣は他にもあります。

①字が小さい、または薄い

【理由】

自分でも何を書いているかわかりにくく

テストでも✖になってしまうから。

②自分の『答えの上から赤で答えを書き写す』

【理由】

自分の間違えた答えも
正しい解答もわからない…から。

③間違えた問題を『すぐに赤で解答を書き込む』

【理由】

自分で考え直さないと、

次の正解につながらないから。

④すぐに「出来ない」と投げ出す

【理由】
出来ないと思うと思考を停止するから。

⑤わからない問題を考え続ける

【理由】
時間ばかりかかるので進まないから。

解説を読んで、練習する方が効果的!

【セルフチェック】皆さんはいかがでしょうか?

上記の5つ、

皆さんは心当たりがありませんか?

もし、「あ、している…」

と思ったら、すぐに改善してみましょう。

 

習慣が変わると行動が変わり、

行動が変わると結果が変わります。

結果が変わると次の目標が変わります。

 

たまき塾では

これからも皆さんが

勉強がしやすくなるようなさまざまな提案

どんどんしていきたいと思っています。

お問い合わせ

0745-54-0141
友だち追加

アクセス

最新情報・ブログ

ブログ一覧はサイトマップをご覧ください。 こちらへ

ご紹介記事

「奈良県女性起業家支援事業」

第1回としてインタビュー記事が掲載されました。

ご覧ください。

こちらからご覧いただけます。