【五ツ木模試】模擬テストを受ける意味・模試前に気をつけること

五ツ木模試(五ツ木の模擬テスト) 実施

五ツ木模試(五ツ木の模擬テスト) 実施!

9/12(日)第4回 五ツ木模試(五ツ木の模擬テスト)が行われました。

 

コロナ禍で気をつけなければならないことがたくさんありますし、五ツ木の模擬テストは難易度が高く、得点や偏差値を出すのにかなりのエネルギーが必要です。

五ツ木の模擬テストを受ける意味

① 自分の現状の学力を把握する

② アウトプットすることで記憶を定着させる

③ 違う環境でテストを受け経験値を高める

④ 自分の弱点を把握し、改善する

⑤ 受験生という意識を高め勉強を加速する

 

これらを説明し、お家で相談するようにと話しました。

 

例年「自信がないから受けない…」と9月は受験しない塾生が数名いるのですが、今年は全員が受験すると決め、写真のように本番に向けて努力を続けています。

 

直前に左手を骨折した男の子がいて心配したのですが、それでも熱心に勉強を続けている様子に胸を打たれました。

全員が「夏休み、頑張った成果を発揮してくるのだ!」と思っているようです。

 

コロナ禍でも、苦しい状況でも前に向かって進める力強さを感じています。

 

『中3生の初の対外試合』だと思うと当日、朝5時に前が覚め皆へのエールを込めてこのブログを書いています。

【模擬テスト・入試】で気をつけること

  • 準備は前日に全部しておき、たとえ忘れ物に気がついても会場に向かうこと
  • テストの3時間前には起きて脳も起こしておくこと!
  • 時間配分を考えて問題を解くこと 
  • 問題にサッと目を通して、出来る問題から手を付けること
  • 難しい問題を目にしても平常心を保つこと

 

前日の模試対策演習で話した注意事項は、入試本番でも全く同じです。

今からどんどん実践して、身につけておきたいものです。

 

皆さんが前に向かって努力し、自分を高めていく様子を頼もしく感じると同時に、私たち講師は、皆さんがもっともっと実力を上げていけるような授業やサポートをしていこうと思います。

 

中学3年生の模擬テストや入試対策を中学1年生・2年生・小学生の授業にフィードバックしてたまき塾全員に強く・賢く・たくましく成長して頂きたいと思っています。

お問い合わせ

0745-54-0141
友だち追加

アクセス

〒635-0831

奈良県北葛城郡広陵町

     馬見北1丁目5-10

■ 2階に市川道場さん
■ 白色の3階建て
■ 先端がオレンジ色の建物

最新情報・ブログ

ブログ一覧はサイトマップをご覧ください。 こちらへ

ご紹介記事

「奈良県女性起業家支援事業」

第1回としてインタビュー記事が掲載されました。

ご覧ください。

こちらからご覧いただけます。