【手書きのチカラ】葉一先生

たまき塾で使用する『手書きテキスト』

チャンネル登録者数100万人超えの先生

先日の『情熱大陸』で葉一先生が取り上げられていました。

 

葉一先生はYouTubeの動画『とある男が授業をしてみた』で小学生から高校生までの授業をわかりやすく配信されていて、私も自分や講師の授業の参考に拝見していました。

最初から葉一先生の熱い思いのこもった授業に魅了されました。

 

葉一先生はご自身が塾の先生をしていた時に、塾に通えない・また塾に来ていても講習を受けられないご家庭がたくさんあることに気づき、なんとか勉強が出来る方法をと一念発起して8年前からYouTube動画を配信されました。

 

現在なんとチャンネル登録者数114万人以上、総再生回数3億5千万回以上です。

 

「わからない子に向けて、楽しい言葉を使うと難しくないんじゃないかと思ってもらえるかと思って。」と作成された動画はとても親しみやすい授業です。たしかにその通りで私たちたまき塾も難しいことをどれだけ簡単そうに楽しそう伝えられるかが大切だと思っています。

葉一先生の言葉『手書きの力を大事にしている・信じている』

「勉強嫌いな子たちがやる気になるにはやっぱり人の心
先生の熱く語ることや頑張っている姿だ。
だからせめて動画でも機械的にならないように編集は一切行わない。」
とノンストップで授業動画を撮り続けていらっしゃいます。

 

「成績を上げることでなく学ぶ楽しさを伝えることが目的だ。」という言葉には心を打たれました。

 

私も『勉強って楽しい』と思ってくれる子ども達を増やしたいとたまき塾を立ち上げたのですが、たくさんの塾の中で、何とか塾生や保護者の皆さんの期待に応えなければ…と成績を上げること躍起になってしまい反省することが今まで何度かありました。やはり初心を忘れてはいけませんね。

 

動画で葉一先生の板書の綺麗さ・丁寧さに感心していたのですが、

 

手書きの力を大事にしているというか信じている」

 という言葉にハッとしました。

 

 

【たまき塾生にも好評】先生の想いをたくさん込めた手書きプリント

たまき塾で使用する講師たちの手書きのテキスト

写真はたまき塾で実際に使用している『手書きテキスト』です。

 

私たちたまき塾でも講師が手書きのプリントを作り続けています。

 塾生は先生が想いを込めて作ってくれたプリントだと大切にしてくれますが、どんどん進化していく社会の中で、「手書きのプリントはちょっと時代遅れかも…」と思っていたのです。

 

ですが、たまき塾生も

「機械の字より手書きの方があったかい。」

「これ、完全保存版にする!」

と言ってくれます。

 

手書きは印刷された機械的な文字にはない人の心、チカラがあるのですね。

葉一先生の言葉でそれを再認識できました。

これからも塾生たちに思いを込めた手書きプリントを続けていきたい思います。

 

葉一先生が動画を配信し始めた当初、たくさんの批判や誹謗・中傷があったそうです。
「銭ゲバ」「偽善者」「教育を汚している」とまで言われたそうで、そんな心無い中傷の言葉にご本人がどれだけ傷つかれたかは想像に難くありません。
それでも誇りと信念を持ってご自身の道を貫かれた葉一先生を心から尊敬します。

 

子ども達のために日夜がんばっていらっしゃる葉一先生のように、私も皆さんに勉強を伝える講師の一人として胸を張ってたまき塾のやり方をしっかり貫き、新しさと変わらぬ良さをミックスし最高『塾でのライブ授業』をご提供していきたいと思っています。

 

YouTubeでも勉強ができる中、私たちたまき塾に通って下さる塾生や保護者の皆さんに心から感謝して学びの楽しさ出来る喜びを伝えることでそのご期待や思いに応え続けていきたいと思います。

お問い合わせ

0745-54-0141
友だち追加

アクセス

〒635-0831

奈良県北葛城郡広陵町

     馬見北1丁目5-10

■ 2階に市川道場さん
■ 白色の3階建て
■ 先端がオレンジ色の建物

最新情報・ブログ

ブログ一覧はサイトマップをご覧ください。 こちらへ

ご紹介記事

「奈良県女性起業家支援事業」

第1回としてインタビュー記事が掲載されました。

ご覧ください。

こちらからご覧いただけます。